ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

今日は、Tolkien Writing Dayの企画に参加させていただき、この記事を書いています。


今回の感想は、かいつまんで…。

自伝等も確認している時間がなかったので、その点ご容赦ください。間違ってるところがありましたらご指摘ください。


この映画を日本で上映してくれて、観ることができたことは本当にラッキーだったと思います。

(宣伝については、問題点もあったように聞いております…。が、上映、この一点に関しては、配給会社様に感謝いたします。)

ロード・オブ・ザ・リングが三部であると知った時、あと二年先、三部まで見れますようにと願い望みました。天災や、もろもろ、また体調などもありましたから、言葉にするのはおこがましいのですが、生きて見ることができるだろうかというのは、実感としてあったと思います。 時は流れ、やや気持ちは呑気になっておりましたが、やはりホビット三部作の時もそうです。あの感謝の心を忘れずにいたいと思います。

今回は、創作物の映画化ではなく、トールキンの生涯についてという、レアな企画。こんな映画が実現するとは、ロード・オブ・ザ・リングシリーズにはまっていたときには、夢にも思いませんでした。

やはり、トールキンは偉大。世界中にファンがいる。それを示してくれたのではないでしょうか。


さて、内容についてです。ここは、ポイントを押さえて自分なりの疑問点にしぼります。

ますひとつは、ワーグナーについて。トールキンは「ニーベルングの指輪」と「指輪物語」の関係を否定していると思っていたのですが…。

エディスがワーグナーに心酔しており、オペラを観に出かけるシーンがあるので、まったく無視はできないのかな。


あともう一つ焦点をあてたいのは、トールキンの信仰、カトリックについてはあまり語られなかったなということ。

神父にエディスとの交際を21歳になるまで禁じられたとき、「なにもない人生は嫌だ」というようなことを言っていましたが、そのあたり、トールキンにも感情があったんだなと思いましたが、あくまでも映画。本当のところ、どんな風に耐えたのか。

手紙も禁じられていたと思いますが、映画では、エディスからは婚約と結婚の通知、トールキンからは戦争に行くことの連絡はしていた。それくらいのやりとりは許されていたのだろうか。

私は、まったくやりとりはできなかった、しなかったと思い込んでいた。

だから、エディスはもうトールキンは自分のことは忘れていると思っていて婚約し、そこにいきなりトールキンが表れて結婚を申し込み、しかもカトリックでないエディスをカトリックにさせた ― どんなやりとりで ―? ということが不満でした。正直言って。

なんだか、映画のように待ったり嫉妬や諦めがあったり、苦しみもあまり感じず(ということはないだろうけど)乗り越えて、エディスの宗教を変えさせることはさも当然、みたいな印象を抱いていたので。

映画の神父さんは、交際を禁じるのは、今やるべきこと(オックスフォードの試験に身を入れること、将来のこと)などを考えてのことで、戦争の傷から回復したときには「見る目があったな」と言葉をかけていたし、物事のわかる神父さんだなと思いました。今までの印象は、厳しいなあ…だったし、本当の意図がよくわからなかった。

そんな、あったかくない神父さんに、唐突すぎるトールキン。みたいな印象。

実際のところ、エディス、カトリックに改宗することは、今現代の日本などよりずっと厳しい試練。時代もだし、ましてイギリス。誰も理解してくれないし村八分のようになったのではなかっただろうか?

当時、カトリックの人と結婚するにはカトリックになるしかなかった?(逆もそうだろうな)のかなと思うけど、もし私だったら…まして寄り添うこともなく言われたら…嫌だし、なにより困る…。

現代の日本なら、カトリックとプロテスタントの場合、混宗婚の手続きがあるから結婚出来るだろうし、相手を自分の宗派(という言い方をするのかわからないが)にさせることもないだろう。

その点エディスは、大変な決心をしたと思う。私なら人に改宗させたくないな。だけど道はそれしかなかったのかな。つらいことだと思う。

その点はトールキンはどう考えていたのかな。


また、エディスうんぬんはともかくとしても、トールキンのカトリック信仰は強い。

そういうことが、映画ではあまり掘り下げられてはいなかったなあ…というのが、やや心残りでもあります。


映像としては、くるくるまわる幻燈みたいなもの、にファンタジーの源泉を見ることもでき、戦争シーンの恐ろしさも含め、幻想のような描き方もあり、独特な映像美が現実の中に相まってトールキン世界をよく表していたと思います。

私の大切な映画、になりました。公開はまだ遅れてあるところもあるし、日本中の人がもっと観てくれたらと願います。

私のハンドルネームは「カルミア」というのですが、ご存じの通り私はトールキンが好きですので、エルフ語から取りました。綴りにすると、Calmir というところです。

意味は、cal は (kalやgalと同じく)「shine 輝く」を意味し、mir は「jewel 宝石」。 mirは、Boromirのmir と同じです。

今思えば、Boromirの名前の意味を調べたりしているところから、いろいろ調べていって思いついたんですね。そのころ調べたサイトはもう忘れてしまいましたが、Boroの部分は「忠実な」とか「誠実な」(「不変の」?)。mirは「宝石」なんだ、と分かったときの喜びは今でも覚えています。

余談ですが、現実世界には、カルミアという花があるんですよ。綴りは違いますけど。Kalmia 。それともかけているつもりなんです(笑) 輝く宝石でもあり、花でもある。素敵でしょ?(笑)

で、この花にはなんと「エルフ」という種類があるんですよ。

参考サイト「みんなの趣味の園芸」のサイトから、‘エルフ’ カルミアの種類(原種、品種) のページ

ますます関連づけが強まったようで、自分で言うのもなんですがこの名前を思いついた時は嬉しかったですねぇ

あ、でも、輝く宝石間違ってるよ!というならば、教えてくださいね~


さて、本題です。

Calmirが、カルミルやカルミールじゃなくて、なんでカルミアになるか、ということですが。

単純に考えるとボロミアと同じだから同じ発音という発想なんですけど

しかしそこにはまた理由があるわけです。つまり、トールキンの物語の世界には言葉の発音にも規則があり、例えば、ガンダルフはギャンダルフではない。(映画のイライジャ・ウッドさんはギャンダルフと発音しているようにも聞こえますが…。)

(発音記号などは書けないし、便宜上カタカナで表記します。以下同じ)

ただ、「mir」に関しては、「ミール」と読むという話も聞きます。「mîr」 と長母音記号がついているから?  長母音などの記号はどういう時につくの? たぶん「ミール」が正しいんだろうなあ。けれどBoromirと名前につくと記号はなぜ無くなるの? などなど私はその点についてはわからない。ぜひご教示くださいね!

(それに、シンダリンではなくクウェンヤ形では「mírë 」となるようで、そこまでいくともうボロミールのほうが正しいのか、という気にもなる…。)

ただ、なぜ一般に邦訳ではボロミルではなくてボロミア、イシルドゥルではなくてイシルドゥアと表記されるのかという点においては、『シルマリルの物語・下巻』「発音上の諸注意」に書かれているからだ、と思っている。

ER,IR,UR 子音の前(例えば Nerdanel, Cirdan, Gurthang)或いは語の終り(例 Ainur)に来た時は、英語の fern, fir ,fur の場合のようには発音せず、air, eer, oor のように発音する。


なのに、である。

『ロード・オブ・ザ・リング』の映画では、エルロンドがイシルドゥアに向かって叫ぶ場面で「イシルドゥール!」と発音しているように思えてならない。それがずっと不思議だった。
(いや、それを言うならギャンダルフだってそうじゃないかと言われればそうなんですが、ギャンダルフは間違い、イライジャさんは言い違えている、ということはよく聞いたんですね。)

ところがここにきて、
「中つ国Wiki」のサイト、エルフ語(コメント)のページ
に、私と同じ疑問が議論されていることに気づきました。

引用して良いのかしら…? 要約しますと、
「邦訳では「eア iア uア」の法則がなされているのに、Tolkien Gateway のサイトの音声ではボロミル、イシルドゥルと言っている。なぜか?」
といったようなことについての議論。

問題提起に対して回答にあたるコメントそれぞれに、ふむふむと興味をひかれながら読んでいます。

へえと思ったのは、トールキンの肉声でさえ、(ボロミアのところはちょっとわかりませんが)発音が法則と違う? といったこととか、ER,IR,URの法則はあくまでも「母音」に関してのことで「r」についてではないのでは? といったこと。

後者については、あっ、そうなんだ! と改めて気づかされた。

けれど、それならなぜ邦訳ではボロミ「ア」になってるんだ?という疑問にまた舞い戻らされてしまう…うーん…。


と、疑問のまま締めようとしたのだけれど、また調べている間に気づいてしまった。灯台下暗し。「中つ国Wiki」に、答えになりそうなことを発見!

ER, IR, UR の説明のところで、

補足:ここで問題にされているのはrの前の母音の発音である。※※

邦訳:エア、イア、ウア
rは基本的に巻き舌の音だが、語末または子音の前にある場合は従来通りrを半母音のように表記する。※※

とある。

そうだったのか、巻き舌…。だけど邦訳では「従来通り」半母音、ということは「ア」と表記ということ?

ということは…結果的に、邦訳が<間違って>おったんかい!!


いやぁ…<間違い>ではないのかもしれないけど。ただいまショックを隠せません。ずっと「ア」であることに愛着を覚えていたので。そうなんだぁ…ボロミ(ー)ルだったんだ…

というところで、そろそろ終わりとします。ここまで読んでくださってありがとうございました。


参考文献

『シルマリルの物語(下巻)』. トールキン, J.R.R. 田中明子訳. 2002年2月20日第1刷発行. 評論社.

『新版 指輪物語 追補編』. トールキン, J.R.R. 瀬田貞二、田中明子訳. 2003年12月20日初版発行. 評論社(評論社文庫).

参考サイト

「中つ国Wiki」のサイト(管理人:教官様)から Comments/エルフ語のページ
単語及び固有名詞の発音と邦訳 のページ

「Tolkien Gateway」のサイトから Boromir のページ

引用

※ 上記参考文献『シルマリルの物語(下巻)』 113ページ

※※上記参考サイト「中つ国Wiki」単語及び固有名詞の発音と邦訳 のページ、その他母音について の項目
(2017-02-18 (土) 04:29:07 時点)


今日は、Tolkien Writing Dayの企画に参加させていただき、この記事を書いています。

今日は、Tolkien Writing Dayの企画に参加させていただき、この記事を書いています。

トールキンアドベントカレンダー2017 バナー この記事は、トールキン Advent Calendar 2017の23日目の記事です。


今回は、トールキンそのものについてのテーマは書くことができませんでした。

主催者様のご厚意により、直接トールキンと関係なくても、トールキンの世界を知りたい深めたいという趣旨であれば可能というお言葉をいただき、今期自分なりに気づいたことを記したいと思います。

そもそもの発端は、ツイッターでゴラムの絵を描いたこと。

「バキンズ」の題目にそって絵を考えていた時、ふと【ビルボの情け】の場面の叫ぶゴラムの絵にしようとしました。あの場面のセリフはどうだったか。本を確かめてみます。

「どろぼう、どろぼう、どろぼうう! バギンズめ!にくむ、にくむ、いつまでも、にくむう!」

原書も見てみます。

「Thief, thief, thief! Baggins! We hates it, we hates it, we hates it forever!」※※

原書の記述で最初に思ったことは、

【「どろぼうう」「にくむう」といったような書き方はされていないんだな。シンプル。】

といったことでした。

ところがふと、気づきます。

疑問点について

【ん? We hates って、何か変じゃない…?
 Weだから、sはつかないはずでは…。
 We hate じゃないのかな…?】

【sがつくということは、もしかしたら、「my preciouss」とかよく言うのと同じように、sss…と、なまってるのかな…?】

それにもう一つ。

I ではなくて、We なのは、 「わしら」だから、わかる。ゴラムはよく「わしら」という。 だからWeになるのだろう。だが、hate you ではなくて、hate it なのは…?
「おまえ」がにくい、んじゃなくて、 “Baggins”というもの、がにくいのだろうか…?】

そういえばゴラムはよく「my precious」といいますね? I ではなくてWeなのに、「わしら」なのに、「our precious」ではないのだろうか? その言い方はあまり聞かないような…。 いつも「my preciouss」と聞くような気がする。 なぜだろう?

今まで深くゴラムの言葉づかいを英語で考えたことはありませんでした。「いとしいしと」「my preciouss」と言うのだろうな、程度は分かっていましたが、それ以上は必要な時必要な個所を考えてみる程度です。

私たちの、はourだったよな?とか、 He She Weの場合の活用形は…など、とても久しぶりで思い出しました。

その時、ツイッターで相互フォローしていただいている
Koheluin (@Koheluin) さんが、ツイートしてくださいました。

さっそく答えをだしてくださりありがとうございます

やはり、ゴラム(ゴクリ)独自の言葉づかいからという意味みたいです。

改めて英文を見てみますと、「sss」 と言ったり、「is」を「iss」と言ったりしているもよう。

そこで、ひらめきました

【そうか! もしhateなら、瀬田さんは「にくむう」とはしなかったのかも…!】

【そうだ、きっと、だから、 「どろぼうう」「にくむう」なんだ!】

(と、その時、感じました!)

ゴクリの言葉づかいがああだから、それが訳に反映されてるんだ!。「thief」は単語として間違ったり言いよどんだりしていないにもかかわらず、「どろぼうう」としているのは、ゴラム独特の言葉づかいがあったから。この文章のみならずゴラムの人物描写を反映した今までのセリフも全部集約してのことなのだろうな、と感じました。

また、「it」についても、詳しく他の部分の英文を見れていませんが、他の部分でもゴラム独特の語法と見ることができそうです。

なので、先に書いた、
【「おまえ」がにくい、んじゃなくて、 “Baggins”というもの、がにくいのだろうか…?】
というのは考えすぎかもしれない、と思っていると…。

Koheluinさんの 「it 」についての考察をこちらに…

お、ゴラムの人格を裏付ける独特語法、というのみならず、ビルボを「it」として「食料」として見ているかもというご意見から、なんだか賛同して下さったかのように感じてしまいました 嬉しかったです。

さて、つらつら書きましたが、未熟ながらここに英語の原書のゴラムの言葉づかいを少し見ることができ、そこには彼の人物像が表れているのだな、ということを発見した次第です。そしてそれを的確に翻訳した瀬田貞二さんの技量に唸らされたことをここに記して、この記事を締めくくりたいと思います。

(最後にひとつ気づいたのは、『The Hobbit』 では何度か使われている「preciouss」 とsが2度続く言い方は、『The Lord of the Rings』ではあまり使われていないようですね? 少し不思議に思いました)


トールキン, J.R.R.『ホビットの冒険』. 瀬田貞二訳. 1979年10月23日第1刷発行 2000年8月18日新版第1刷 2012年11月15日新版第20刷. (p.177). 岩波書店(岩波少年文庫・上巻).

※※ Tolkien, J.R.R. The Hobbit or There and back again. 1999. (p.83). HarperCollins Publishers. Paperback edition.


謝辞

今回の投稿に際し、ご助言ご協力を賜り、また、転載・ツイート埋め込みの許可をくださいました
Koheluin様に、深く御礼申し上げます。この投稿はご協力があってはじめてできたものです。

また、Tolkien Writing Dayとトールキンアドベントカレンダーの主催者である
Sayawen様に、この機会を与えてくださったこと、投稿に関してご助言賜りましたこと、深く御礼申し上げます。

↑このページのトップヘ