今日は、Tolkien Writing Dayの企画に参加させていただき、この記事を書いています。

トールキンアドベントカレンダー2017 バナー この記事は、トールキン Advent Calendar 2017の23日目の記事です。


今回は、トールキンそのものについてのテーマは書くことができませんでした。

主催者様のご厚意により、直接トールキンと関係なくても、トールキンの世界を知りたい深めたいという趣旨であれば可能というお言葉をいただき、今期自分なりに気づいたことを記したいと思います。

そもそもの発端は、ツイッターでゴラムの絵を描いたこと。

「バキンズ」の題目にそって絵を考えていた時、ふと【ビルボの情け】の場面の叫ぶゴラムの絵にしようとしました。あの場面のセリフはどうだったか。本を確かめてみます。

「どろぼう、どろぼう、どろぼうう! バギンズめ!にくむ、にくむ、いつまでも、にくむう!」

原書も見てみます。

「Thief, thief, thief! Baggins! We hates it, we hates it, we hates it forever!」※※

原書の記述で最初に思ったことは、

【「どろぼうう」「にくむう」といったような書き方はされていないんだな。シンプル。】

といったことでした。

ところがふと、気づきます。

疑問点について

【ん? We hates って、何か変じゃない…?
 Weだから、sはつかないはずでは…。
 We hate じゃないのかな…?】

【sがつくということは、もしかしたら、「my preciouss」とかよく言うのと同じように、sss…と、なまってるのかな…?】

それにもう一つ。

I ではなくて、We なのは、 「わしら」だから、わかる。ゴラムはよく「わしら」という。 だからWeになるのだろう。だが、hate you ではなくて、hate it なのは…?
「おまえ」がにくい、んじゃなくて、 “Baggins”というもの、がにくいのだろうか…?】

そういえばゴラムはよく「my precious」といいますね? I ではなくてWeなのに、「わしら」なのに、「our precious」ではないのだろうか? その言い方はあまり聞かないような…。 いつも「my preciouss」と聞くような気がする。 なぜだろう?

今まで深くゴラムの言葉づかいを英語で考えたことはありませんでした。「いとしいしと」「my preciouss」と言うのだろうな、程度は分かっていましたが、それ以上は必要な時必要な個所を考えてみる程度です。

私たちの、はourだったよな?とか、 He She Weの場合の活用形は…など、とても久しぶりで思い出しました。

その時、ツイッターで相互フォローしていただいている
Koheluin (@Koheluin) さんが、ツイートしてくださいました。

さっそく答えをだしてくださりありがとうございます

やはり、ゴラム(ゴクリ)独自の言葉づかいからという意味みたいです。

改めて英文を見てみますと、「sss」 と言ったり、「is」を「iss」と言ったりしているもよう。

そこで、ひらめきました

【そうか! もしhateなら、瀬田さんは「にくむう」とはしなかったのかも…!】

【そうだ、きっと、だから、 「どろぼうう」「にくむう」なんだ!】

(と、その時、感じました!)

ゴクリの言葉づかいがああだから、それが訳に反映されてるんだ!。「thief」は単語として間違ったり言いよどんだりしていないにもかかわらず、「どろぼうう」としているのは、ゴラム独特の言葉づかいがあったから。この文章のみならずゴラムの人物描写を反映した今までのセリフも全部集約してのことなのだろうな、と感じました。

また、「it」についても、詳しく他の部分の英文を見れていませんが、他の部分でもゴラム独特の語法と見ることができそうです。

なので、先に書いた、
【「おまえ」がにくい、んじゃなくて、 “Baggins”というもの、がにくいのだろうか…?】
というのは考えすぎかもしれない、と思っていると…。

Koheluinさんの 「it 」についての考察をこちらに…

お、ゴラムの人格を裏付ける独特語法、というのみならず、ビルボを「it」として「食料」として見ているかもというご意見から、なんだか賛同して下さったかのように感じてしまいました 嬉しかったです。

さて、つらつら書きましたが、未熟ながらここに英語の原書のゴラムの言葉づかいを少し見ることができ、そこには彼の人物像が表れているのだな、ということを発見した次第です。そしてそれを的確に翻訳した瀬田貞二さんの技量に唸らされたことをここに記して、この記事を締めくくりたいと思います。

(最後にひとつ気づいたのは、『The Hobbit』 では何度か使われている「preciouss」 とsが2度続く言い方は、『The Lord of the Rings』ではあまり使われていないようですね? 少し不思議に思いました)


トールキン, J.R.R.『ホビットの冒険』. 瀬田貞二訳. 1979年10月23日第1刷発行 2000年8月18日新版第1刷 2012年11月15日新版第20刷. (p.177). 岩波書店(岩波少年文庫・上巻).

※※ Tolkien, J.R.R. The Hobbit or There and back again. 1999. (p.83). HarperCollins Publishers. Paperback edition.


謝辞

今回の投稿に際し、ご助言ご協力を賜り、また、転載・ツイート埋め込みの許可をくださいました
Koheluin様に、深く御礼申し上げます。この投稿はご協力があってはじめてできたものです。

また、Tolkien Writing Dayとトールキンアドベントカレンダーの主催者である
Sayawen様に、この機会を与えてくださったこと、投稿に関してご助言賜りましたこと、深く御礼申し上げます。