私のハンドルネームは「カルミア」というのですが、ご存じの通り私はトールキンが好きですので、エルフ語から取りました。綴りにすると、Calmir というところです。

意味は、cal は (kalやgalと同じく)「shine 輝く」を意味し、mir は「jewel 宝石」。 mirは、Boromirのmir と同じです。

今思えば、Boromirの名前の意味を調べたりしているところから、いろいろ調べていって思いついたんですね。そのころ調べたサイトはもう忘れてしまいましたが、Boroの部分は「忠実な」とか「誠実な」(「不変の」?)。mirは「宝石」なんだ、と分かったときの喜びは今でも覚えています。

余談ですが、現実世界には、カルミアという花があるんですよ。綴りは違いますけど。Kalmia 。それともかけているつもりなんです(笑) 輝く宝石でもあり、花でもある。素敵でしょ?(笑)

で、この花にはなんと「エルフ」という種類があるんですよ。

参考サイト「みんなの趣味の園芸」のサイトから、‘エルフ’ カルミアの種類(原種、品種) のページ

ますます関連づけが強まったようで、自分で言うのもなんですがこの名前を思いついた時は嬉しかったですねぇ

あ、でも、輝く宝石間違ってるよ!というならば、教えてくださいね~


さて、本題です。

Calmirが、カルミルやカルミールじゃなくて、なんでカルミアになるか、ということですが。

単純に考えるとボロミアと同じだから同じ発音という発想なんですけど

しかしそこにはまた理由があるわけです。つまり、トールキンの物語の世界には言葉の発音にも規則があり、例えば、ガンダルフはギャンダルフではない。(映画のイライジャ・ウッドさんはギャンダルフと発音しているようにも聞こえますが…。)

(発音記号などは書けないし、便宜上カタカナで表記します。以下同じ)

ただ、「mir」に関しては、「ミール」と読むという話も聞きます。「mîr」 と長母音記号がついているから?  長母音などの記号はどういう時につくの? たぶん「ミール」が正しいんだろうなあ。けれどBoromirと名前につくと記号はなぜ無くなるの? などなど私はその点についてはわからない。ぜひご教示くださいね!

(それに、シンダリンではなくクウェンヤ形では「mírë 」となるようで、そこまでいくともうボロミールのほうが正しいのか、という気にもなる…。)

ただ、なぜ一般に邦訳ではボロミルではなくてボロミア、イシルドゥルではなくてイシルドゥアと表記されるのかという点においては、『シルマリルの物語・下巻』「発音上の諸注意」に書かれているからだ、と思っている。

ER,IR,UR 子音の前(例えば Nerdanel, Cirdan, Gurthang)或いは語の終り(例 Ainur)に来た時は、英語の fern, fir ,fur の場合のようには発音せず、air, eer, oor のように発音する。


なのに、である。

『ロード・オブ・ザ・リング』の映画では、エルロンドがイシルドゥアに向かって叫ぶ場面で「イシルドゥール!」と発音しているように思えてならない。それがずっと不思議だった。
(いや、それを言うならギャンダルフだってそうじゃないかと言われればそうなんですが、ギャンダルフは間違い、イライジャさんは言い違えている、ということはよく聞いたんですね。)

ところがここにきて、
「中つ国Wiki」のサイト、エルフ語(コメント)のページ
に、私と同じ疑問が議論されていることに気づきました。

引用して良いのかしら…? 要約しますと、
「邦訳では「eア iア uア」の法則がなされているのに、Tolkien Gateway のサイトの音声ではボロミル、イシルドゥルと言っている。なぜか?」
といったようなことについての議論。

問題提起に対して回答にあたるコメントそれぞれに、ふむふむと興味をひかれながら読んでいます。

へえと思ったのは、トールキンの肉声でさえ、(ボロミアのところはちょっとわかりませんが)発音が法則と違う? といったこととか、ER,IR,URの法則はあくまでも「母音」に関してのことで「r」についてではないのでは? といったこと。

後者については、あっ、そうなんだ! と改めて気づかされた。

けれど、それならなぜ邦訳ではボロミ「ア」になってるんだ?という疑問にまた舞い戻らされてしまう…うーん…。


と、疑問のまま締めようとしたのだけれど、また調べている間に気づいてしまった。灯台下暗し。「中つ国Wiki」に、答えになりそうなことを発見!

ER, IR, UR の説明のところで、

補足:ここで問題にされているのはrの前の母音の発音である。※※

邦訳:エア、イア、ウア
rは基本的に巻き舌の音だが、語末または子音の前にある場合は従来通りrを半母音のように表記する。※※

とある。

そうだったのか、巻き舌…。だけど邦訳では「従来通り」半母音、ということは「ア」と表記ということ?

ということは…結果的に、邦訳が<間違って>おったんかい!!


いやぁ…<間違い>ではないのかもしれないけど。ただいまショックを隠せません。ずっと「ア」であることに愛着を覚えていたので。そうなんだぁ…ボロミ(ー)ルだったんだ…

というところで、そろそろ終わりとします。ここまで読んでくださってありがとうございました。


参考文献

『シルマリルの物語(下巻)』. トールキン, J.R.R. 田中明子訳. 2002年2月20日第1刷発行. 評論社.

『新版 指輪物語 追補編』. トールキン, J.R.R. 瀬田貞二、田中明子訳. 2003年12月20日初版発行. 評論社(評論社文庫).

参考サイト

「中つ国Wiki」のサイト(管理人:教官様)から Comments/エルフ語のページ
単語及び固有名詞の発音と邦訳 のページ

「Tolkien Gateway」のサイトから Boromir のページ

引用

※ 上記参考文献『シルマリルの物語(下巻)』 113ページ

※※上記参考サイト「中つ国Wiki」単語及び固有名詞の発音と邦訳 のページ、その他母音について の項目
(2017-02-18 (土) 04:29:07 時点)


今日は、Tolkien Writing Dayの企画に参加させていただき、この記事を書いています。