「フリー フォール」
デイヴィッド・ウィーズナー 作
ブックローン出版



絵だけで、文章のない絵本です。

これはウィーズナーで最初に手にとった絵本。竜の絵があったけど、その時はちゃんと読んでいなかった。『おぞましいりゅう』を読んで、あの『フリーフォール』の人だなと思った。

フラニーさんからもウィーズナーのことをきいたので、読んでみようと思った。

3メートルもある絵を、絵本にまとめたものだそうです。
だから、絵がずっと続いている。

かくし絵みたいになったり、徐々に絵が変化していきながら風景が流れていくのがおもしろい。

木立の中に本がある。本のページは石段になっていたりする。
風景の中にクロワッサンもあった。

あの、ギョロ目の宇宙人みたいなのと、帽子を目深にかぶった人物はなにもの?