「ドイツ・北欧の民話」
星野慎一・矢崎源九郎 共著
さ・え・ら書房



「世界民話の旅」シリーズの1です。
監修(責任編集委員)の中に、『ないた赤おに』の浜田廣介さんの名前がありました。
それから、著者の矢崎源九郎さん、名前を聞いたことがあると思っていたら、
ポール・アザールの『本・子ども・大人』の訳(共訳)されている人だった。
(参考:HPの『本・子ども・大人』の感想

民話だけでなく、北欧の神話も入っていて、
またドイツの伝説として「不死身の勇者(ニーベルンゲン物語)」が入っていたのがよかった。

あと、ドイツの民話の中で、「おばあさんのまごごろ」
これは、わたしはたしか、アンデルセンの童話として読んだお話と同じような話だった。
星野慎一さんは、解説の中で、
チリ地震津波の時半鐘を鳴らして知らせた東北のあるおじいさんを思い出したと書いていますが、
そういう人がいらしたのですね。私はアンデルセンで読んだとき、「稲むらの火」の話を思い出しました。
(参考:HPのアンデルセン童話全集3の感想

ノルウェーの民話では、「太陽の東、月の西」も入っていました。
(参考:HPの『ノルウェーの昔話』の感想


矢崎さんの解説の中には、エッダとサガのこともあった。

「勇士ボズワルとロルフ王」としてこの本に挙がっている、
「ロルフ・クラキのサガ」。
他にもボズワルのことがかかれているエッダやサガがあるそうですが、
「ボズワルがロルフ王のもとにむかえられるこのお話は、」(p.342)
とあるのは、「ロルフ・クラキのサガ」のこと、だろうか?
「イギリスにつたわる古い詩「ベーオウルフ」のなかのお話と、たいへん似ています。」(p.342)
とあった。
「勇士ボズワルとロルフ王」を読むと、ベーオウルフほど、深刻なお話ではなかったようだけど…。
(参考:HPの『ベオウルフ』の感想

「ラグナル・ロドブロクのサガ」からとったという、「ラグナルの竜たいじ」
には竜がでてきました。



(追記)
ロルフの関連記事