「つばさをもらったライオン」
クリス・コノヴァー 作/遠藤育枝 訳
ほるぷ出版




何気なく手にとった絵本だけど、これはめっけものです。

表紙は、赤ちゃんライオンを抱いている王さまのライオン。
キュート{/複数ハート/}
「コドモにKISS」のデジカメ(?)のCMのライオンの親子みたい。{/細目猫/}

この子にはなぜか翼がはえているんですね。
王さまは猫の国の王さまで、名前はレオ王。(レオってジャングル大帝みたい。。)

絵がらはとても緻密で、でもただ写実的というんじゃなくて、
中世的な衣装を来た王さまや猫たちが、みていて愉快でかわいい。

王さまのひとつだけの悩み事は、北の国のオットー王の宮殿に、なにやらがあるらしいということ。

王子ライオンはひょんなことから、窓からそよ風にのって出てしまったのです。
つばさの使い方も知らないのに…。


この絵本は、ただ服を着た動物の、かわいい物語じゃありませんでした。
たしかに、何故ライオンである必要があるのか、
翼は、どうしても必要か、
中世的な衣服は?
と考えていったら、必然性はないかもしれない、と感じました。

でもそれはともかく、この本は大切なことを教えています。


「 本は、だれとでもわけあえる宝ものだ。 だから、この本を、おまえの国のともだちみんなに、よんであげなさい。
 そして、本もまた、ともだちなのだということを、おぼえておおき。いずれ、おまえが国をおさめるようになったとき、かしこさとほんものの勇気を、あたえてくれるだろうから。」
(p.30)

平和の大切さを、こんな形で表現することができる。新鮮でした。


よろいを着た、猫(ひょう?)さんの剣の鞘には、薔薇の花がさしてありました。
さり気ない絵が、本をはじめて知った喜びと、知識の大切さと、平和を愛する気持ちを表しているようでした。



そしてこれは、本が好きな人に贈る物語でもあります。

本の見返しページにある、ABC順で並んでいる絵は、
世界の多くのお話を表しています。
Aは
「アンドロクレスとライオン」(ローマ伝説)」(p.32)
Oは
「おばあさんとメンドリ」(北欧民話」)」(p.32)
Xは
「クリスマス」(p.32)
というような具合に。

(知らない話もたくさん。
こんなおはなしがあるのかと、探してひとつひとつ読んでみたくなります)




(ナゾ)
白黒場面の絵の、一番左の格子窓の中の猫が、船にむかって吊り下げているものは、何なのでしょう?

(余談)
王子が眠りについた場面の、ノアの箱舟の本から動物たちがでてくるところ、
掛け布団の四角いパッチワークの模様が、だんだんと畑の風景になって溶け込んでいくようなところ、
デイヴィッド・ウィーズナーの『フリー フォール』だったかな? 思い出した。
(参考:HPの『フリー フォール』の感想