「あかいくるまのついたはこ」
モウドとミスカ・ピーターシャム 作/わたなべしげお 訳
童話館



アメリカで読みつがれた絵本だそうです。

この絵は、どんな手法で描かれているのでしょうか?
かすれたような独特のグレー色が、目をひきました。

ページの周りに赤とオレンジの飾り枠がついているのもきれい。
絵本全体がぱっと明るくなります。


庭の木の下にあかいくるまのついた箱がある。
木戸があいているので、動物たちたちは、興味津々。

「なんだろな?」


めうしからはじまって、順々にのぞいていきます。

かあさんがも が、
「しいっ!」
と、こどもだちに言っている絵がおもしろい。
おかあさんのほうがこどもたちより、声、でかい。。{/汗/}

さてさて、はこのなかにいたのは?

みんなあつまって見ていますよ。
太陽もみています。

しめだされてしょんぼりしている、動物たちの目に涙の絵が、かわいいのです。