6月7日の「N響アワー」は、フィンランドオッリ・ムストネンという人が出るということで、見ました。

番組の司会の岩槻里子アナは、
「今年は日本とフィンランドの修交90周年という記念の年」
と言っていました。


ベートーベンの「ピアノ協奏曲」を弾き振り。
(ピアノを弾きながら、指揮するのを、そういうらしい)
ムストネンさん自身作曲の曲、「3つの神秘」の指揮。

それから、「フィンランディア」の指揮でした。
多才な人ですね。

フィンランディアをフィンランドの人が指揮するのを見れて良かったです。

インタビューでムストネンさんは言っていました。

「フィンランド出身のシベリウスの音楽が
日本でとても愛されているのは
偶然ではないと思います
事実 日本には優れた
シベリウス研究者が多く 驚きます
シベリウスは半分
日本の作曲家のようなものです (ここは笑いながら)  
日本もフィンランドも
北国の性格を持っていて
心情が似ているのでしょうか」


日本って北国だった?と思いましたが。


「(10回ほど来日して) 言葉は分かりませんが
自分の一部が日本にあるみたいで
空港に着いて 美しい日本語を聞くと
なぜか幸せな気持ちになるのです」


フィンランド人のムストネンさんが、そんなに言ってくれるほど、
日本てどんな風に見えてるのだろうという思いはしましたが、
そんな風に言ってくれて、嬉しいですね。


フィンランディアの関連記事:「名曲探偵アマデウス フィンランディア」 「NHK海外ネットワーク フィンランド中継特集」



オッリ・ムストネン関連記事:「N響アワー シベリウス」