「アリス・イン・ワンダーランド」

2010年 アメリカ
原題 ALICE IN WONDERLAND
監督 ティム・バートン


「アリス・イン・ワンダーランド」、観てきました{/!!/}
字幕も見たいんですが…、今回は3Dの吹替になりました。

結論から言うと…、良かったです{/!!/}

帽子屋のマッドハッターが、とても良かったです。ジョニー・デップ良かった~。
風貌が奇抜すぎるのに、映画を観てみたら、
けっこう内省的というか、中身に深いものを持ってて、それが表情や演技に現れてて、
ジョニー・デップのマッドハッター、いいなあと思わされました。

ジャバウォッキーの姿をついに見た!!
あれがジャバウォッキーかあ。
本の『鏡の国のアリス』だと、確か「ジャバーウォック」だったと思うんだけど。
詩のタイトルが、「ジャバーウォッキー」で。
「ク」と「キー」はどういう意味があるの?

テニエルの絵のジャバーウォックはどんなかはっきり覚えてないけど、
剣を持ってる人の絵があって、
映画みたら、預言の書に出ている絵がそれに似ていた。
あっ、テニエルだ、と思った。

ヤマネは原作だと眠ってばかりいたような気がする。
映画だと、えらく勇ましい女の子のヤマネですね。
ナルニア国物語のリーピチープ(?) ちょっと入ってる?

ハートのジャック、ちょっとかっこいいなと思いました。
あの人、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のジョージの人{/!?/}

話の筋には、穴があるというか…、
ちょっと隙があるような気がします。
わからないところもあった。
ネタバレになるから多くは言えないけど…。
なぜお城でうろうろしてても全く見咎められないのか、とか…。
腕の傷から気づかれない…?

まあそれはおいといて…。

原作では、「首をはねろ!」とわめくのは、ハートの女王で、
赤の女王白の女王って、別にいるんですよね。
そのあたりは、ティム・バートンがいろいろ、ワールドをつくってるんだなと思いました。
白の女王、きれいでいい人かと思ってたけど(それはそうなんだけど…)、
動きとかちょっとびっくりした{/汗/}

アリスが小さくなってしまったとき、テーブルはもっと高いものだと思ってた。
映画をみたら、うまくやれば鍵に手がとどきそうだったから、あれっ、って。
でもよく考えたら、19歳になってて背が伸びたからかもしれない。


(追記)
2D字幕も観ました。