3D吹替に続き、2D字幕を観てきました{/ハート/}

今回は赤の女王の玉座の部屋の様子など、見ることができました。
じゅうたんや、窓。窓の上にはハートの模様。

アリスが穴へ落ちたところの、扉がたくさんある部屋で、
小さいドアを見つけるのは、布(カーテン?)をあけたところにありました。
原作でも布のかげにありましたよね?

『愛蔵版 不思議の国のアリス』の、出版にあたってのマクミラン社の言葉によると
黒だけで刷られたテニエルの絵に、ハリー・G・シーカーが彩色したことにより、
「うす紫の服に縞模様の靴下というアリスのイメージが定着することになったのでした。」(p.180)

とあります。

だから、映画でも、靴下はどうなっているのか、興味がありました。

でも、靴を履いているから見えない…{/汗/}と思っていました。
この2回目観たとき、手袋(指なし手袋?)
が縞模様であることに気づきました{/ひらめき/}
そして、靴下が見えた場面があって、やっぱり縞模様でした{/!!/}

白の女王の兵士が並んでいる2人に1人(?)くらいは、馬の頭部の形の、かぶとをかぶっていました。
あれも、原作ででてきた、落馬ばかりする騎士を思い出しました。
だから、あのドジぶりがなくて、きれいに並んでいる兵士たちが整然としすぎてるので、
あの落馬の騎士の様子を、おかしく思い出しました。


そんなことで、集中していると、つい忘れそうになりました。
ジャバウォッキー
クリストファー・リーの声
おっとと。思い出してよかった。クリストファー・リーの声でした~。
嬉しかった。

チェシャ猫の動きがとても滑らかで、
ニヤニヤしてる不気味さよりかわいさの方を感じました。
さわってみたい~。
でもお茶会の席でマッドハッターは怒っていました。
目のまわりどす黒くして。
マッドハッターの怒りは相当深いのですね。




以下ネタバレあり
 
 
 

赤の女王、私は、ちょっとあわれになりました。

「愛されるより恐れられるほうが…」
「かわいい瞳をパチパチさせたら、両親のようにいう事をきくと」(台詞はうろ覚え)

赤の女王の気持ち、わかる部分もあるかも…。
コミカルに描かれている部分もあるので、ステインと一緒なら平気みたいだったけど{/大汗/}、
あの罰はこたえる罰じゃないですか…。
誰からも親切にされず、…って。

 
1回目は、マッドハッターに思いが行っていたけど、
2回目はアリスのことも気づきました。
言葉にすると無粋になるけど、アリスの心の成長を描いているように思えた。
「自分の道は自分でみつける」、って。

最初の、男の人の肩についてた芋虫。
旅立ちの日の、蝶。

あれはアブソレムだったのでしょうか。