9月9日の「地球ドラマチック」
「よみがえれ!カティーサーク ~引退、炎上、そして再生~」
というのでした。

「カティーサーク」っていう名前の紅茶飴が、昔あったんですよね。

話がそれましたが、カティーサークは帆船の名ということを知るようになり、
ティークリッパーという、紅茶を運ぶ快速船ということも知るようになりました。

こんな番組があったので、見てみました。

カティーサークの現物って、未だにあったんだ{/!!/}

そうか、140年前のものなのですね。

カティーサークは確かに速かったけれど、
他の船に負けたこともあったし、いつも一番っていうこともなかったみたい。。
でも、他の帆船と速さを争っているときに、波で舵かなにかがもぎとられたりして、負けてしまったけど、
それがかえってカティーサークの名声を高めた、とか言っていた。
蒸気船を追い抜かしたりもした。

カティーサークとは、ロバート・バーンズの詩に出てくる、魔女の衣服のことだそうで、
馬のしっぽをつかんでいる魔女の姿が、船首像になっているそうだ。

スエズ運河ができたところだったので、帆船のティークリッパーの時代は終わるところだった。
蒸気船の時代。
カティーサークもティークリッパーとしての使命を終え、
羊毛を運ぶクリッパーとして活躍したりもしたが、
ポルトガルに売られて一時名前を変えられたりした。

いつも名声ではなかったんですね。

やがて引退してグリニッジのドッグで保管されて観光客が見られるようになっていたらしいけど、
また老朽化が問題になり、修復されることになったのでした。

なのに、火事が起こるというトラブルが{/衝撃/}
運よく、多くの部分は剥がされて別のところで保管されていたから、また補修作業にかかれました。

できあがると、船が持ち上げられて展示され、下の部分から見られるみたいになる(?)ということでした。
あんな重いものを持ち上げるなんて…すごいですね~。