「チャンティクリアときつね」
ジェフリー・チョーサー 原作/バーバラ・クーニー 文・絵/
ひらのけいいち 訳
ほるぷ出版



1958年コルデコット賞受賞作。
チョーサーの、「カンタベリー物語」の中のお話が原作だそうです。

この絵本の絵、いいですね。

「ちいさな曲芸師バーナビー」を思い出しました。
(参考:HPの「ちいさな曲芸師バーナビー」の感想

おんどりのチャンティクリア。絵と、表現にもりっぱさがあふれています。

「足は,まるでるりのように青あおとひかっています。」

ですって。
確かに絵をみると、りっぱな足。

きつねの絵も、ふさふさとした毛にさわれそう。

わるがしこいきつねに、おだてられて歌うチャンティクリア。
またそれに対する反撃。

こういうの、「きつねのルナール」や、「イソップ寓話」でもあったような気がする…。