【2010年】



[1]私のベスト 順位はつけず、心にのこったものを挙げます。



●本


「ゆびぬき小路の秘密」 小風さち

「ひろすけ童話 椋鳥の夢」 浜田廣介

「みつばちマーヤの冒険」 ワルデマル・ボンゼルス/高橋健二 訳

「アルフレッド王の戦い」 C. ウォルター・ホッジズ 作/神宮輝夫 訳


「ゆびぬき~」は、タイムファンタジーでしかも日本作家の作品で、2010年収穫でした。

2010年は、あまり物語本は読めなかった。

反面、「はなはなみんみ物語」「ドーム郡ものがたり」(の1だけ)、にも手をのばせた。

「不思議の国のアリス」は映画のおかげ。「イソップ寓話集」も収穫。



●絵本



「うるわしのワシリーサ」 ロシア昔話/イヴァン・ビリービン 絵/田中泰子 訳

    クラシック絵本で絵が素晴らしい。

「子うさぎましろのお話」 佐々木たづ 文/三好碩也 絵

    クリスマス絵本。日本のもの。文・絵ともに心に響く名作。

「ラチとらいおん」 マレーク・ベロニカ 文・絵/とくながやすもと 訳

「長ぐつをはいたネコ」 ペロー/マーシャ・ブラウン 絵/光吉夏弥 訳



他、熊田千佳慕さんの「みつばちマーヤの冒険」 「ライオンのめがね・ふしぎのくにのアリス」 「オズのまほうつかい・ピノキオ」

「リヤ王と白鳥になった子どもたち」など。



[2]がんばって読んだ評論



「絵本/物語るイラストレーション」 吉田新一



評論や分厚い本に挑戦、はあまりできなかった。

吉田さんの本は、読み応えあります。



[3]私の映画ベスト



●映画館



「アリス・イン・ワンダーランド」

「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」

「ロビン・フッド」

「かいじゅうたちのいるところ」



●TVにて



「ティム・バートンのコープスブライド」

「プリンセス・シシー」

「ノートルダムの鐘」

ほか、古い映画の

「わが谷は緑なりき」 「わが命つきるとも」 「追想」

など。



年度読書・映画ベストトップへ戻る