「じどうしゃ」
寺島龍一 画
福音館書店





ちらと見たとき、渡辺茂男さんの「しょうぼうじどうしゃじぶた」かな、と思ったけど、違った。

そうしたら、寺島龍一さんの絵本だった!
(寺島さんは、「ホビットの冒険」の挿絵の人です!!)

寺島さんの本の挿絵は見たりしているけど、
へー、寺島さんのでこういう絵本もあるんだ。

 
自動車の並び方が面白い。

表紙の絵の青い、これなんていうの、土を運ぶトラックみたいなの。
絵本をひらくと、前に小さな乗用車が現れ。
またその前に…と、時々並びは変わるけど、いろんな自動車が前に現れる。

自動車に優劣はないけれど、
どっちかというと、タンカーとか、パトカー、消防車と、重要な車が前に現れるのかな…と思っていると、
さいごに現れるのが、バスで、小さな子がパトカーを見ている。

パトのおまわりさんも、幼児には負けるのかなー
とかいろいろ思える。

そんなしゃれがあるのかないのか、わからないけど。

 
裏表紙、みたら、ショベルカーだった。

このあいだね、「らいじんぐ産」という番組でショベルカーの歴史を見たです。
ショベルカーといえば、バージニア・リー・バートンの「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」でしょう。
だから、この番組でスチーム・ショベルについてあるかなと思って。
スチーム・ショベルについては、残念ながらなかったです。
どうやら、日本での産業史の番組で、日本でのことだけみたいでした。

日本で、ショベルカーは最初、綱で操る?タイプのもので、次にフランス製?の油圧式のショベルカーが入ってきたけど、
動きがなめらかでない。
それで、日本の人がいろいろショベルカーを便利に、また小さくと、発展させてきた歴史があるということでした。
今では、日本のショベルカーは、世界中で評価されています。

スチーム式のショベルカーは、古いタイプなんでしょうねー。
けど、ショベルカーについて、少し知れてよかったです。

「熱中スタジアム」の番組で、「はたらくクルマ」熱中、というのがあるようだから、見てみようかな。