「赤毛のアン アンの結婚 ハイビジョン・デジタル・リマスター完全版」(前編)(後編)」

2000年 カナダ
原題 ANNE OF GREEN GABLES:THE CONTINUING STORY
監督 ステファン・スケイニ




こ、これは…。

あぜん。。

「赤毛のアン」のその後って、こういう話だったの?
ちょっと調べたけど、違うんですよね?

まず、時代をずらしている、というのは、公開時の情報で言ってたと思う。
第一次大戦の時代、私はよくわからないけど、かなり時代がずれてる?

ファッションとか、ずいぶん変わってて、スカート丈も短くなり、モダンガールみたいな感じのファッションの時代になってる。
アンのファッションとは思えないんですけど…。

ギルバートや、ダイアナの夫、他の学校時代の仲間も戦争に行ってしまう。
ダイアナはすっかり、(遺産をついで)貫禄あるマダムみたい。

戦争で行方不明のギルバートを探して、戦地へ赴くアン。

うーん、原作はあとのほうは読んでないから、どんな感じかわからないけど、
こういう話じゃないんなら、こういう映画にする必要あったのかな。

 

最初のシーンで、船にのってアンが、プリンスエドワード島に帰ってくるところ、
あれ?って思ったんですよ。なんか口のあたり、やつれてない?

年月は、仕方ないですよね。

ただ、戦争の場面が多いし、きれいなファッションがないのもあるけど、
「アンの青春」で、あんなに愛らしかった女優さんが、この映画では
すっかり変わってしまったような…
ぬけるような色白でピンクのほっぺ、魅力的な輝き、そんな風でなくなったような…、なんだかそんなふうな気がしました。