ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

TV・ラジオ(文学関連)


昨夜の「熱中スタジアム」 絵本がテーマだったんです!



(参考サイト:NHKのサイトより、熱中スタジアム、絵本第1回内容



2回シリーズで、まだ1回目ですし、再放送なんかもあるのではないでしょうか?

見逃したかたはぜひ!



初めて絵本を読む人にオススメしたい絵本、だったかな、

スタジオに来てる絵本ファンの人が挙げてた絵本

「100万回生きたねこ」

「ぐりとぐら」

が多かったかな。

「よるくま」も紹介されていました。



ファンの人が挑戦していた、「ぐりとぐら」のかすてらを焼く、というのもありましたよ!

みんなが手づかみで(「手は洗って消毒しています」、と出ていました)

大きなフライパン(鉄工所に特注したものですって。)からとって食べていました。



また、絵本の専門家の広松由希子さんがでてきて、

絵本を紹介。それは、ちょっと変わった絵本で、大人も楽しめるような。

ブルーノ・ムナーリの「本の前の本」だったかな。ひらくと、中に小さな本状のものがあって…。

また、パラパラまんがみたいにすると、虹が見える本。

木が育っていくような、木のところがポップアップみたいになった本。



すごいなと思ったのは、洋書で「眠りの森の美女」で、スイスの作家、って言っていたかな?

登場人物が全部記号でえがかれている絵本。

これは、司会の人もほしい!って言っていたけど、私もこれいい!って思いました。

ページがじゃばらみたいになってて…。



ディープな絵本ファンの行動として、紹介されていた中に、

「絵本のソム理恵さん」という人が、まったくのボランティアで、絵本を読んでくれる。

<絵本の流し>さんです。

街中で見知らぬ人に声をかけるなんて、勇気がいる。すごいです。



この番組、テーマが絵本だけど、目線が大人目線なところがよかったです。



また来週も楽しみです。





それで、「100万回生きたねこ」がでてきたところで、お知らせです。

2月17日(木)の「NHKアーカイブス 蔵出し劇場 あの人からのメッセージ」は、

「いのち・等しく輝け! 佐野洋子・住井すゑ」

です。

絵本のことはでてくるかどうかわかりませんが、佐野洋子さんの言葉がきけることでしょう。





(追記)

「いのち・等しく輝け! 佐野洋子・住井すゑ」見ました。



「NHKアーカイブス 蔵出し劇場 あの人からのメッセージ」という番組で、

「虫の目線で見てごらん~熊田千佳慕と日高敏隆~」

というのを見ました。



(参考サイト:NHKのサイトより蔵出し劇場)



細密絵を描く絵本画家の、熊田千佳慕さんに興味があるので、
一応、文学カテゴリとしました。



今までいくつか見たTV番組と重なる部分もあったけど、

最初にファーブルの本の挿絵を頼まれたとき、

日本にはいない虫だったというのもあり、実際に見て観察して描くということが完璧にできなかったようで、

悔いの残る仕事だったようです。



そのことは知りませんでした。



その後、ファーブル昆虫記の絵をライフワークにさだめ、渾身の作を描いてこられたのですね!



千佳慕さんは、とてもいいお顔をしていらっしゃると思います。

肌もつやつやしているし、心がきれいなのが反映されているのでしょうか、

(それはもちろん苦しいこともたくさんあったにちがいないですが)

絵のこと、虫のことを語る熊田さんは、迷いのないようなお顔をしていらっしゃるように思えます。

まさに小さなものの目線、です。



真っ赤なとっくりセーターを中に着ているのも、すてき、と思いました。



日高敏隆さんという人は存じ上げませんでした。

動物行動学者、ですって。

ユクスキュルという人が書いた、「生物から見た世界」という本を読んで、衝撃をうけたとか。



「この世界が虫にはどう見えているか、ではなくて、虫がこの世界をどう見ているか」。

この人も、虫や動物の目線を持ったかたです。



生前は、出会うことのなかったお二人です。

でも、同じ目線をもっておられたのです。

「世界を、こんなふうに見てごらん」という日高さんの著書には、

熊田さんの絵が装丁に使われているそうです。


劇団四季のこどもミュージカル「嵐の中の子どもたち」

去年の暮れにTVで放送していました。



このミュージカルは、サウスオールの「ヒルズ・エンド」

ヘンリー・フィンターフェルトの「子どもだけの町」を原案にしていると知って、観たかったんです。




まず、「ヒルズ・エンド」を読んでからと思いました。



前半は「ヒルズ・エンド」、後半は「子どもだけの町」をメインにしたような感じかな。



ハミング・バード村は200年前に祖先の人が開拓してつくった村。

開拓記念の日、式典のために、村中がヒンメルの町へ出かけるのだけど、

子どもたちは二手に分かれてしまっている。

<山賊団>はちょっとはずれもの。ボブがひきいている。

ボブは、以前から噂されていた遺跡を発見したと言い、

それにケンがうそを言うなと文句をつける。



大人は、開拓記念の日の意味を良く考えるようにと言い渡し、

歴史の本を置いて、ヒンメルへ行ってしまいます。

残された子どもたちは遺跡をめざしますが…。



リーダー格のケンと、<山賊団>のボブは、

「ヒルズ・エンド」では、ポールとアドリアン、

「子どもだけの町」では、トーマスと血まみれオスカルにあたるのだろう。



女の子のフローラは、「ヒルズ・エンド」でのフランセス、

「子どもだけの町」でのマリアンネにあたるだろうけど、

きれいで優しいお嬢さんふうで、物分りがよく公正で、まるで歌のおねえさんのような爽やかさ。

どちらかというとマリアンネの方の印象かな。「子どもだけの町」はあまり覚えていないのだけど…。



足を痛くして、小屋に残る小さなビッキーは、「ヒルズ・エンド」での太った男の子ブッチ。



二つの原作を混ぜて、うまく作っていますね。


遺跡が、壁画ではなくて、遺跡になっていて、しかもエル・ドラドになっていたのでびっくりしました。




嵐の凄まじさ、混乱の心理は舞台では表しきれませんが、
そのあたりは、「子どもだけの町」の、助け合わねばという色を出してまとめていたように感じました。



ミュージカルは、映画はよく見るけれど、舞台のものはそんなに見ていない。

こどもミュージカルということもあるのか、台詞がとても大きな声ではっきりとゆっくりしているので、最初はびっくりしました。

(直接鑑賞ではなくてTVでということもあるかも。)



ボブが良かったです。歌がうまいし、ダンスも。

ジェロニモの役をしている人も、背が高くてかっこいいなと思いました。

<教授>のキャラクターも好きでした。



「ろーかる直送便 金とく」 という番組の、特別版

「北陸スペシャル「絵本作家からのメッセージ」」を見ました。



なんか番組みました記事、3つも連続ですね{/汗/}

NHKは、読書や絵本の番組もよくしてくれるので、ついチェック。



こちらの番組は、加古里子さんと分子生物学者の福岡伸一さんの対談ときいていました。

「ラジオ深夜便」でも、少し前、加古さんの出演がありました。まだ聞いていませんけれど…。



加古さんの本は、
「加古里子 絵本への道 - 遊びの世界から科学の絵本へ -」

「からすのパンやさん」
は読んだけれど、科学絵本はまだ。



福岡伸一さんといえば、
日曜美術館「画家・熊田千佳慕の世界」のときにも出演されていました。

加古さんの科学絵本、熊田さんの昆虫の絵本と、分野は科学というか生物ぽいですけど、
絵本にも造詣が深いなんて、すごいなと思います。



加古さんの科学絵本は、視線というか視点が面白いなと思いました。



加古さんがおっしゃっていた、大きな自然(ジャングルとか)でなくても、小自然の中に発見があるということや、

福岡さんの、「好奇心と想像力」のお話が興味を引きました。



加古さんの絵本の朗読もありました。朗読は中嶋朋子さん。

「ラジオビタミン」のラジオ番組の絵本のことでも、ときどき?中島さんの出演があるみたい?





(追記)

加古里子さんの絵本「ゆきのひ」読みました



「“読書”という よろこび ―日本点字図書館 創立70年―」 という番組を見ました。




厳密にいうと、文学の話題じゃないけれど、文学カテゴリに入れました。

というのは次のような点に感銘を受けたからです。



この点字図書館を創設した 本間一夫さんは、盲学校で図書室に本があることを喜んだけれど、

そこには鍼や灸などの実用書が多く、楽しんで読むような文学書がわずかしかなかった。

その現実に、文学書などの本の点字本も集めて図書館を作ろうとした人です。



点字本を出版するには、とても大きなお金がいるのでした。

そこで各地の盲学校で独自に点字本にしている本を購入したりして、本をあつめました。

ところが、戦争で、厚紙が手にはいりにくくなり、点字本を売ってくれないところが増え、困っていたところ、

個人で点字本を持っていたり、自ら点字にした人もいるのではないか、それを寄贈してもらってはどうか、という助け舟が。

募ってみると、贈られてきます。



本間さんは図書館をつくるにあたって、準備日誌をつけていました。

 外国では点字図書館があると知り、この設立の使命に燃える心。

 はじめて本棚をしつらえたときの、部屋の狭さを痛感する言葉。

 本がおくられてきたときの感謝の心。

つづられています。



点字図書館、名前くらいはしってはいたけれど、こういうこと、知りませんでした。

70年にもなるのですね…。





全然関係ないけど、本間さんの日誌を朗読していた声優さんが、

家弓家正さんでしたぁ{/ピカピカ/}
(「ロード・オブ・ザ・リング」のサルマン{/ひらめき/} 世界ふしぎ発見のナレーションも)


↑このページのトップヘ