ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

TV・ラジオ(映画関連)

「ウエストサイド物語」

1961年 アメリカ
原題 WEST SIDE STORY
監督 ロバート・ワイズ/ジェローム・ロビンス


みるたびに、いいなあと思わせられる映画です。
ロミオとジュリエットのお話を、現代(っていっても、もう映画自体かなり前ですが)に置き換えて、
はみだしものの若者たち、ジェット団とシャーク団の争いの中で描く、不朽の名作ミュージカル。

ジョージ・チャキリス、かっこいい{/複数ハート/}
最初、3人で足をピンとあげて踊るところも、チャキリスに目が釘付けです。

ナタリー・ウッドの可憐なこと。
ダンスパーティの場面、トニーとの出会いのシーンが印象的ですね。
(トニーってイタリア系かと思ってたら、お母さんがポーランド人って言っていたような。)

ダンスといえば、リタ・モレノがすごい。
マンボのダンスで、白人側の人もダンス、うまいんだろうし、
シャーク団側の女の人たちもうまいんだろうけど、
リタ・モレノの踊りばかりみてしまいます。

決闘の夜、みんなの思いが「トゥナイト」の歌に重なっていくところが印象的でした。


(追記)
関連記事:バレエ「ロメオとジュリエット」




「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」劇場版じゃなくて、
テレビ版のほうね、毎週チェックしてると、番組が終わると、
「特報」って、7月下旬にBSで「スターウォーズを一挙放送」と予告が出るんです。

しかも、エピソード順だそうで、エピソード1から順で、
「劇場版 スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」も入ってます。

ところが…。サイトと開いてみると、ハイビジョンだって。
BS2でやってくれ。。{/まいった/}

サイト、キャラクター投票もやってますよ。
私なら、R2-D2とC-3POに入れたいな~。
知らないキャラクターもいる。
名前、むずかしいね。
きのうのTV版では、ヌート・ガンレイを覚えました。


それとね、2008年にBSでやったという、「BS熱中夜話 スター・ウォーズナイト」、再放送してくれないかなあ…。総合で。

「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」

2008年 アメリカ
原題 STAR WARS : THE CLONE WARS
監督 デイブ・フィローニ
製作総指揮 ジョージ・ルーカス


土曜日「獣の奏者エリン」のアニメが終わり、そのあとの時間帯に
「クローン・ウォーズ」シリーズが放映されています。

それはチェックしていたんですけれど、
劇場版のほうの放映がゴールデンウィークにあるのを知り、みました。

スター・ウォーズのエピソード2と3の間の話らしいんですが、
スター・ウォーズ本編もあまり詳しくは知りません。

アニメになった、スター・ウォーズってどんなんだろう、とみていると面白いです。

このアニメシリーズでは、アナキンに、アソーカ・タノという女の子の弟子がついて、なかなかいいコンビです。

最初はオビ=ワン・ケノービにつくという感じでしたが、
アソーカ自身がアナキンにつくようにヨーダに言われてきた、といって、引き下がりません。
無鉄砲な子ですが、そこがまたアナキンと合ってました。

それにしても、アニメになると、オビ=ワンとアナキンの顔が、
実写版と全然ちがうようなんですけど…{/!?/}

アナキンは強い。
オビ=ワンや議会のいうことも聞かずに無鉄砲をやらかしますが、
気持ちは優しいですね。
危険にある人をほっとけない…。

そんな人がさいごは…ということが、
このアニメでは今のところ信じられません。。

「ティム・バートンのコープスブライド」

2005年 アメリカ
原題 TIM BURTON’S CORPSE BRIDE
監督 ティム・バートン


ティム・バートンのアニメは見たことなかったのですが、
コマ撮りアニメだと知ってびっくりしました。
公開時とか漠然とCGだと思ってたんです。

また、ロシア民話を元にした、と知り、興味も。

NHKの「シネマ堂本舗」の番組でマリちゃん(関根麻里さん)が、
ベールがなびくところとか、すごくきれい、って言ってて、
見たら、ほんとに、うまく撮れてるなーと思いました。

ピアノの場面もいいって言っていらしたけど、
ほんと、あの場面もいいですね。連弾のところ。

こわいのかなと思ったけど、
見たら感動的でもありました。
さいごとか、泣けるし。

ビクトリアが、最初は地味な人だなと思えて、
エミリーが美人だし、エミリーの方にひかれてた。
でも、ビクトリア、芯の強い面があって、愛らしいし、さいごは好きになりました。

バーキス卿、顔はまあいい、って言われてたけど、えー…。{/汗/}
ビクターのほうがいい! (って、ビクターも相当顔色悪いですけど。。)

バーキス卿って、なんか「Mr.インクレディブル」のワルの人に似てたような気がする…



NHKの「デジスタ・ティーンズ」という番組、はじまったところみたいですが、
第一回、ティム・バートン監督が出ていましたよ!

名前見て、どんな番組か見てみました。
若者たちが、アニメやCGなど、クリエイティブ作品を投稿する番組のようでしたが、
第一回の「特任教授」(?)が、ティム・バートンで、
実際にいくつかの作品を見て、評してくれていました。



2人の女性が作った作品、「みち」だったかな、とっても良かったです!!

また、「アリス・イン・ワンダーランド」について、
バートン監督が語る場面も少しありましたし、興味津々。

デジスタ・ティーンズは、本日4月3日(土)深夜に再放送があるようです(調べてください)
ティム・バートンの「特任教授」は次回もあるよう(?)ですので、要チェックですね。


(追記)
関連記事:本「不思議の国のアリス」本「鏡の国のアリス」


(追記)
第2回も、見ました。特任教授は、次回もティム・バートンみたい!
あと、中谷日出さんがジョニー・デップにインタビューしている映像も出てました!

中谷日出さん、NHKの解説委員でしたっけ…?
趣味悠々でパソコンの回なんかで講師やってたの見てたけど、あの人、なんかすき。

↑このページのトップヘ