ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

TV・ラジオ(映画関連)

「わが命つきるとも」

1966年 イギリス
原題 A MAN FOR ALL SEASONS
監督 フレッド・ジンネマン



歴史ものです。
信念と信条を貫いて、処刑された高潔の士、トマス・モアを描きます。

トマス・モア。そういえば歴史の授業で名前くらいは…。
こういう人だとは知りませんでした。

枢機卿で大法官の人は、オーソン・ウェルズが演じています。
トマス・モア役の人は、知らなかった。

クロムウェルがわなに落とそうとしても、王が直に話をしても、自分の信念は曲げなかった。

牢獄で、奥さんのアリスがとても印象的だった。

権力を求め、のし上がっていく、リチャード・リッチを演じているのが
ジョン・ハート

ジョン・ハートって、アニメ版の『指輪物語』でアラゴルンの声をした人でしたよね…?
最近ではドラマ『魔術師マーリン』ドラゴンの声がこの人ではありませんでした?

ジョン・ハートってどの人か知らなくて、ノーフォーク公を演じたごっつい顔の人かな?と思いながら観てたんですが、エンドクレジットで、リッチがそうだとしってびっくりしました。
なんだか小人物という感じの人なんですが、印象に残ります。

それにしても、トマス・モアは、リッチが2度目に職を求めたときに、「だめだ」と言っては、きっつい事を言っていました。どうしてでしょう?

最初に、教師の職を世話してあげると言って、結局リッチはそれをけったんでしょうね。2回目は、ぜったい宮廷関係の職が欲しい、っていうことだったんでしょうか?
リッチの本性がわかってたから? それとも宮廷の職にはつかせたくないから、わざときついこと言ったんでしょうか?

映画俳優のジーン・シモンズさんが亡くなられたと、知りました…。

私は、『スパルタカス』や、『大いなる西部』に出ておられるのを見ました。
ひとつ、みてみたいと思うのは、『聖衣』という映画です。
これは、みたことがないので、いつかみてみたいです。

「バヤヤ」

1950年 チェコスロバキア
原題 BAJAJA
監督 イジー・トルンカ



「チェコの古代伝説」「真夏の夜の夢」
で見た、イジー・トルンカの人形アニメ映画です。

貧しい家の青年バヤヤ。年老いた父親と暮らしています。
貧しく、わびしい暮らしです。母親は出て行ったようです。
青年は、父をいたわっていますが、
あるとき、白い馬が現れて、呼ぶのです。
母だと告げた白馬は、幸せになりたければ、自分についてくるように言います。
父を残すのは心が痛みますが、言われたとおり、白馬に乗るバヤヤ。

吟遊詩人の姿をし、お城の前で歌います。
バルコニーには美しい三人の姫。
お城で暮らすことになったバヤヤですが、王さまには悩みがありました。
姫が成長したら、おそろしい竜のところへ行かせなければならないのです。

 
イジー・トルンカ。3つめともなると、その独特な雰囲気が少ししんどいかも…。
台詞が白馬の呼ぶ声といったような部分を除き、なかったり、
間の歌で情景を説明したり、雰囲気が暗かったり(「真夏の夜の夢」は楽しいところもありました)。

でも、とにかく、うごきや、その世界観は素晴らしいですね。
布がひるがえるようなさまがとても好きです。
少しずつ動かしているんでしょうか? ほんとに風でなびいているみたい。
騎士のマントや顔を覆う布が、赤くて、ひらめいている感じが、
とても騎士らしくて、うっとりしました。
そう動きは素早くはないので、竜(というより蛇みたいな感じ)
に切りつけるところは、電光石火のごとくではないけれど。

お姫さまは、動きも愛らしく、女性らしくて、素敵です。

さて、その騎士は誰でしょう。
心ひかれる末の姫です。

彼女はバヤヤがくれた花束を投げつけて、ひどい仕打ちをしてしまいますが、
長い耳の道化は、道化として、皆に馬鹿にされていますが、
彼は一番ものがよくわかっているように思えました。

「宇宙戦争」

2005年 アメリカ
原題 WAR OF THE WORLDS
監督 スティーブン・スピルバーグ




はあ~、こわかった~。

H・G・ウェルズが原作ということで興味をもっていました。
劇場でやったときは、見に行ってません。

トム・クルーズ主演。ダコタ・ファニングが娘役です。

ミランダ・オットーが出ていた!
 (「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのエオウィン役の人)

トム・クルーズの演じてるのは、ダメな父親と、
映画の前の解説で言われているのをきいたんだけど、
私は、子どもに対しては、ダメとは思わなかったな。

娘がそばから離れないように見ているし、
息子には、妹を守るようにいつも説き伏せている。
(というか、西洋のお父さんは、子どもを守る環境に対してそうなのかもしれない。)

息子が、宇宙人と戦うために離れていこうとすると、それを必死で止めて、
「憎まれても、許さない。愛しているんだからな!!」
と言っていました。
(それを言うには、ギリギリの状況があったからだけど、
反抗ばかりの息子に今まで言えなかったこと、
わざとちゃらんぽらんを演じてたような自分を捨てて、本音がでたんだと思えた。

地中からでてきた、謎の乗り物というか機械みたいなやつ。
ああいう形のものって「トライポッド」っていうのですね。
三脚みたいなの。
映画でも、「トライポッドが…」みたいな台詞がでてきたけど、みんな「トライポッド」って呼んでるのかしらん。

うー…。スピルバーグの映画は、あまり好きじゃないかもしれない。
後味が…。
前の日に「E.T 25周年アニバーサリー版(?)」を(途中から)見てほのぼのしてたのに、
こちらの宇宙人は全く違って、悪者だった。

なぜか、日本に言及している場面が2箇所あった。
ひとつでは、「大阪では、3機倒したらしい」、というところ。
どうやってやっつけたんだろう。



(追記)
本「宇宙戦争」読みました

「麦の穂をゆらす風」

2006年 アイルランド イギリス ドイツ イタリア スペイン
原題 THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY
監督 ケン・ローチ

2006年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞



とてもつらい映画でした。
1920年、英国の支配を受けて、自由がなかったアイルランド。

ハーリングのゲームをしている若者たち。
主人公のデミアンは、医師になるために、この町をでようとしています。

英軍がやってきて、英国風に名乗らなかった、まだ若いミホールを殺してしまう。
デミアンはそのときでも旅立つつもりでいましたが、
いざ列車に乗ろうとするとき、英軍がひどいことをしているのを見て、
義勇軍に入ります。


「麦の穂をゆらす風」というのは、歌の名前で、アイルランドで伝わっている歌、と聞いて、
民謡などに興味のある私は、そういう点でもみてみたかった。
でも、これはむごい歌です。
独立の戦いに向かう若者の歌で、時代がまだそんなに昔でないだけに、生々しい。

デミアンの兄のテディは、義勇軍の中でリーダー的存在。
英軍もひどいことをしますが、
義勇軍は武器を得るために、英軍の兵士を撃つし、見ていてこわい。

テディは、アイルランドの法廷で有罪となったお金持ちの人を連れ去って、武器をえる資金を得ようとしたりします。
ダンは、「テディのいうことは何でもする。でも法は守ってくれ」という。
だからテディのほうが、過激な人だと思っていた。

でも、アイルランドと英国の間で条約がやっとでき(アイルランドは自治領にすぎず、国王に仕えるとされた)たとき、
テディは条約を受け入れ、自由国軍に入りました。
(あんなに激しかったテディなのに、どうしてだろうと思いました)
デミアンやダンは条約を受け入れられず、同じ仲間だった同士が今度は敵になって戦うのです…。

『物語 アイルランドの歴史』の本で、「シン・フェイン党」とかの名前は知っていましたが、詳しいところまでは…。
公式サイトには、時代背景や用語、年表も載っていました。
歌の歌詞も。
また読んでみたいです。

また、こちらのサイトも参考になりました。


↑このページのトップヘ