ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

TV・ラジオ

9月9日の「地球ドラマチック」
「よみがえれ!カティーサーク ~引退、炎上、そして再生~」
というのでした。

「カティーサーク」っていう名前の紅茶飴が、昔あったんですよね。

話がそれましたが、カティーサークは帆船の名ということを知るようになり、
ティークリッパーという、紅茶を運ぶ快速船ということも知るようになりました。

こんな番組があったので、見てみました。

カティーサークの現物って、未だにあったんだ{/!!/}

そうか、140年前のものなのですね。

カティーサークは確かに速かったけれど、
他の船に負けたこともあったし、いつも一番っていうこともなかったみたい。。
でも、他の帆船と速さを争っているときに、波で舵かなにかがもぎとられたりして、負けてしまったけど、
それがかえってカティーサークの名声を高めた、とか言っていた。
蒸気船を追い抜かしたりもした。

カティーサークとは、ロバート・バーンズの詩に出てくる、魔女の衣服のことだそうで、
馬のしっぽをつかんでいる魔女の姿が、船首像になっているそうだ。

スエズ運河ができたところだったので、帆船のティークリッパーの時代は終わるところだった。
蒸気船の時代。
カティーサークもティークリッパーとしての使命を終え、
羊毛を運ぶクリッパーとして活躍したりもしたが、
ポルトガルに売られて一時名前を変えられたりした。

いつも名声ではなかったんですね。

やがて引退してグリニッジのドッグで保管されて観光客が見られるようになっていたらしいけど、
また老朽化が問題になり、修復されることになったのでした。

なのに、火事が起こるというトラブルが{/衝撃/}
運よく、多くの部分は剥がされて別のところで保管されていたから、また補修作業にかかれました。

できあがると、船が持ち上げられて展示され、下の部分から見られるみたいになる(?)ということでした。
あんな重いものを持ち上げるなんて…すごいですね~。



NHK「地球ドラマチック」
「コロンブスは世界をどう変えたのか~“新大陸”に「あったもの」「なかったもの」」
というのをやっていたので、見ました。
前・後編、2回。

番組で、スペインのイサベラ女王が出てきた。
このあいだ「探検と冒険の物語」を読んで、
「スペインのイサベラ女王」、って出てきたのを思い出した。

ヨーロッパ人が行く前のアメリカ大陸で、
ミシシッピ文明というのがあった、というのは、はじめて知った。

ヨーロッパと、アメリカの、農耕のやりかたがそれぞれ映像で再現されてた。

ヨーロッパでは、例えばベネチアとか、とても発展して木材がたくさんいるようになり、
木の伐採がすすんだ。
どんどん木が切られて、土が河に流れ込んで魚がとれにくくなったり…。
今も昔も、環境破壊があったんですね。

そして、アメリカ大陸に行くようになってからも、
どんどん木材を切り出していってるCG映像がショックでした。
 

アメリカ大陸にヨーロッパ人が持ち込んだものは、馬や、豚などの家畜があり、
豚は最初はたった8匹だった、っていうのは驚いた。
馬も、いなかったんですね。
それが、どんどんふえていった。

インカやアステカ文明は滅ぼされた。
また、ヨーロッパ人自身も知らずに持ち込んだものは、病原菌。
アメリカ原住の人たちの、(少なくみつもっても50パーセント)90パーセントくらいが亡くなったと言っていた。

反対に、アメリカからヨーロッパへは、病原菌は入ってこなかった。
家畜などは、あまりアメリカにはなかったため、それも持ち込まれなかったが、
ジャガイモは根付き、飢饉を救いヨーロッパを変えたという。

砂糖、たばこなどの嗜好品をヨーロッパに輸出するため、
アメリカには農地が広がり、その労働力のため、
アフリカから奴隷がつれてこられた…。

 

番組では、コロンブスはイタリア・ジェノバ出身、と言っていたように思うけど、
またいろんな説があるようですね。

「コロンブス 永遠の海」という映画があって、(オフィシャルサイト
そこでは、コロンブスはポルトガル人だったのではという説から、老夫婦が謎を追って旅する、みたいな映画かな?
ポルトガル人には、海に対する思い* というものがあるようなんですね。

(参考記事:
「航路をひらいた人々」
「ウズ・ルジアダス ルシタニアの人びと」

「世界ふれあい街歩き」の番組で、イギリスのコッツウォルズ
以前はハイビジョンのみ(?)やってたの、再放送があるッ、と思って見ました。
(1)です。また(2)は来週23日?にやるのではないかと思うので、楽しみにしています。

田園がとってもきれい。
街なみも、はちみつ色の石造り。

伝統料理、「シェパーズパイ」は、
次の記事に挙げようと思っている、雑誌 月刊MOEの最新号での記事、
本の中にでてくるお料理の記事の中で、確か、「ハリーポッター」の中にでてくる料理として、載っていました。
(でも、記事の中に載ってたのは、パイのようになってたけど、
番組で出てきたのは、子羊のひき肉を炒めた上に、マッシュポテトをのせてたようで、
パイ生地はでてこなかったみたい…)

ボートン・オン・ザ・ウォーターの街では、
まちなみを再現したミニ版の街のジオラマの施設があって、
ガリバーになったような気分に。
屋根の石(?)なんかも本物を使っていて、立派な街になっていました。
 


(追記)
(参考記事:番組 「ジブリの本棚 ~宮崎駿が選ぶ子どもたちに読ませたい本~」を見て

「世界ふれあい街歩き」という番組を見ていました。
シアトル(アメリカ)の回。


カメラが街をめぐりながら、出あう人、めずらしい建物や物事を写しながら、
散策している感じの番組です。

見ていたら、あっ、と気になることがありました。
公園があって、北欧の国の旗があがり、
巨大な絵のようなものがかかっています。

「あの絵は何ですか」とベンチに座っている人に聞いたら、
「ノルウェー人だよ」と言っていました。
すると隣のおじさんが、
「スカンディナビア人さ。ここはスカンディナビア人の街だからね。私はオランダ系だけど」
みたいなことを言っていました。

シアトルは、スカンディナビアからの移民が多いんですね。
絵は、シアトルがベルゲンと姉妹都市であることを記念(?)したもの、だったかなあ?

ベルゲンって、このあいだ書いた記事、「グッチ裕三の世界の料理ショー」で写真でてきた街。
ノルウェーの街なんですね。

また進んでいくと、
トロール通りというところがあり、
橋の下に巨大なトロール像が。
目は光り、車をかかえています。

トロールって、「橋の下にいるもの」なの?
と思ったら、絵本の『三びきのやぎのがらがらどん』では橋の下にいたみたい。
(参考:HPの『三びきのやぎのがらがらどん』の感想

トロール像を見ている人に、この像はなんなのか聞いてたら、
特に深い意味はないようでした。
北欧と関係あるから、とかではなさそうでした。

「このあたりはこういうユニークなものがあるのよ。ロケットとかね。」
とか言っていました。
たしかに、道をすすんでいくと、くねくねした形のベンチとかがあったりして、アートな感じ。

でも、ちょっと北欧がでてくると思ってなかったので、
得した気分です。

はい、北欧、続きます。

NHK、「こだわりライフヨーロッパ」という番組。
「消えたバイキングの足跡を追って~ノルウェー」の回の感想です。
バイキング。気になります。見てみました。

バイキングといえば、侵略者のイメージ。
しかし、そのバイキングについて、研究している人がいます。
アメリカ生まれの、エイミー・ライトフットさん。

もともと、生物学者(?)だと言っていたか、ラッコの研究で北欧にいったエイミーさん。
化繊の衣類で身を守っていましたが、寒さにまいりかけていました。
すると、同行していた現地の人が、あつい毛織の手袋を、なんと海に浸して渡してくれる。
正気のさたではないと思ったエイミーさん。
しかし、外気よりも暖かい海水に浸した手袋のおかげで、手が温まってきた。
そこから、興味を抱きました。

バイキングは、を飼っていました。
侵略も、羊を飼う土地を得るため、という考えもあるそうです。

船は、大人の男なら、わりと短期間でつくることができる。
しかし、船の帆は、女の人が長期間かけないとできません。
男社会というイメージのバイキングですが、女性も重要な立場にあたっていたのです。
こういうことは、実際にバイキングの生活を再現してみて、わかったことだそうです。
羊の毛を刈り、すいて、糸をつくり、帆を織る。
こうして織った帆は、特定の風に対しては、現代の布製の帆より優れていることもわかりました。

エイミーさんは、お年寄りらから話をあつめ、古い風習をあつめたり、
道具類も、できるだけ昔の作りかたで作ったりしていました。
博物館へ道具類を収めにいくエイミーさん。

エイミーさんは、過去を研究していますが、最近では、未来にも心がいっているようでした。
少ない資源や厳しい環境ですごしてきたバイキングや北欧の人たち。
未来の環境を思い、
「アメリカで(資源など?)恵まれたところで過ごしてきた自分だけど、
ここにきて、やってみればできた。」と、言うエイミーさん。

↑このページのトップヘ