ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

絵本(クーニー)

「にぐるま ひいて」
ドナルド・ホール 文/バーバラ・クーニー 絵/もきかずこ 訳
ほるぷ出版



バーバラ・クーニーの絵本の中でも、よく名前を聞く本ですね。
はじめて読みました。

訴えかけるものはまた違うけれど、『満月をまって』に通じるものがあるな…と思ったら、
あれもクーニーの絵の絵本でしたね。(港の船の絵もあったような気がする)

一年を通しての暮らし、手仕事や手作りを重ねる生活、それらを売りに出かける待ちわびた感覚とリズム。

『満月をまって』はもっと深刻な問題を持っていましたが、
こちらは、穏やかな家族の日々を、読んでいるこちらも満足しながら味わえるような気がします。
和やかそうに見えても、おそらく現実的に見ると、つらいところもある暮らしかもしれませんが…。

とうさんが街へにぐるまをひいていく場面、街から帰ってくる場面は、
ずっと横長の絵で道が続き、横からワイドに眺める感じで、道のりと、てくてく感がでている。
ほろ馬車まで売ってしまうんですねー。まったく無駄がない。
(そして、とうさんはまた、次のにぐるまを作るのです。)

素朴な暮らし。
絵本を読んでいると憧れるし、大切なことだと思わされる。

でも同時に、大人のとうさんとかあさんはともかく、
むすことむすめの仕事の役割(ほうきづくりやナイフでものづくり、女の子はあみものやししゅう)が気になる…。
19世紀はじめという時代や、自然に根ざした生活ということなので、あたりまえなのでしょうが…。

幌馬車に荷物を積み込むときの、幌馬車をまうしろから描いている絵が印象的。
ほろを通して空が見える。

後ろに、作者の写真がのってて、クーニーさんてかわいらしい感じの人だな{/複数ハート/}、って思いました。


「満月をまって」
メアリー・リン・レイ 文/バーバラ・クーニー 絵
掛川恭子 訳
あすなろ書房



ひさしぶりのバーバラ・クーニーの絵本
今度は、他の人の文章に絵をつけた絵本でした。

「著者あとがき」を見ますと、
100年以上前のこと、ニューヨーク州のハドソンからさほど遠くないところに、かごを作って暮らしをたてているひとびとがいたということです。
その人たちを題材にとった、絵本です。

「ぼく」のとうさんは、満月の日になると、かごをもって町へ売りに行きます。
歩いて売りにいかなければならないので、帰りが遅くても道を照らしてくれるから。

原題は、「BASKET MOON」
なんか、いいですね。

バスケットを売りにいく日の月、ということを単純に表しているのか、
それとも、もっと深い意味があるのか…。

山の木の声をききたいと、「ぼく」は思う。
ビッグ・ジョーは言います。
「きく耳があれば、きこえるよ」


バスケットを売りに町へ行きたい少年。
待つこと、仕事をてつだうこと、成長…。
希望がかなえられても試練が少年をはばんだ。

おかあさんと少年を横から見た絵が印象的。
少年の、いちばん暗い心の時の絵。
ぎゅっとこぶしを握った少年と、少年の肩に手をおくお母さん。

少年は、風に、山に耳をすますことを覚えました。

(追記)
奥付をみていたら、これは1999年の著作権で、
クーニーさんは2000年に亡くなられているので、
もしかすると、クーニーさんの最後の絵本になるのでしょうか。

「北の魔女 ロウヒ」
バーバラ・クーニー 絵/トニ・デ・ゲレツ 原文/さくまゆみこ 編訳
あすなろ書房



短めにいきます。

何気なく読んでみようと思ったこの絵本。クーニーだったし。
開いたら、カレワラの題材だった!
カレワラの絵本は知らなかった。しかもクーニー。

「訳者あとがき」のところで、
「日本語版は、原著以外に原典「カレワラ」を参考に、クーニーの絵の流れにそって再話しました。」
とありました。

原文はどんなだったのだろう。
そのままで日本語版にするとわかりにくいとか、何か理由があったのだろうか?

またロウヒの性格とか、月と太陽をつくるように頼むのは違う人物だとか、
原典とは異なるところもあるそうです。
「けれども、古い叙事詩に基づいた物語のおもしろさと、クーニーのすばらしい絵を楽しんでいただければ幸いです。」
とありました。

クーニーの絵、またよく見てみたいです。


一つ下の「ねずみとおうさま」の追記にも書いたけれど、
カテゴリのこと。
これ、伝承の絵本のほうに入れようか、クーニーのところに入れようか。
デ・パオラは伝承の題材が多いけど、別にしてるけど…。
また考えます。

「すてきな子どもたち」
アリス・マクレラン 文/バーバラ・クーニー 絵/きたむらたろう 訳/ほるぷ出版



バーバラ・クーニーの絵本です。
教えていただいたもの。

原題は「ROXABOXEN」

ロクサボクセンってなあに。
それは素敵な場所の名前です。

アリス・マクレランのお母さんが経験したこと、
一緒にあそんだ子どもたちとの、思い出の場所。

クーニーの絵は、色のタッチが暗いページがあって、そこはちょっとびっくりしたというか…。
楽しい場面なのになんででしょう。

クーニーの絵本はいろいろありますね。

「ルピナスさん」
バーバラ・クーニー/かけがわやすこ 訳/ほるぷ出版



絵本です。

きれいな本です。
ミス・ランフィアスは、ルピナスさんと呼ばれるようになりました。
ずっとミスでいて、自分らしくて、前向きなルピナスさん。すてきです。

バーバラ・クーニーの絵本は、「ちいさな曲芸師バーナビー」をよみました。
(参考:HPの「ちいさな曲芸師バーナビー」の感想



(追記)「ちいさな曲芸師バーナビー」について
(参考:関連記事 絵本『しずかなきせき』

↑このページのトップヘ