ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

絵本(昔話・伝承・伝説,古典)

指輪物語とオシァンの類似点についての私的考察 前編 に続き、後編です。

トールキンとオシァンについて、本題です。

この『オシァン』には、慕う男性を追い、武具を身にまとう女性が何人も出てきます。

そして、兜や武具が外れたり、女性だと気づかないので弱弱しいと非難されたりして武具をはぎ取られたりといったことがあり、そのことによって、女性だと明らかになる、という場面がたびたび描かれます。

このモチーフは、指輪物語のエオウィンを思い起こさせます。エオウィンの原点、ということを考えることは可能でしょうか?

また、息子が親より先に死ぬ、ということも、共通項として見ることができそうです。

トールキンは、オシァンから何かヒントを得た可能性はあるでしょうか?

トールキンほど伝説に詳しい人がオシァンを知らなかったということはないと考えられますが。このようなモチーフは他の神話や伝説にも見られるのか、オシァンはその一部にすぎないのか。オシァンは偽作疑惑もあったからトールキンは無視だったのか。

実はこのモチーフに思い至った時、トールキンがオシァンを読んでいたかどうかもわからず、とても稚拙なことを言っているのかもしれないと、発表するのが恥ずかしく、ためらわれました。

もちろん、今でも、なにかヒントがあればどうぞご教示ください。

ただ、その当時、ネットで相当調べましたが、このことに言及している人はいませんでした。誰もトールキンとオシァンについて、書いていなかったのです。

トールキンや神話ファンからしたら馬鹿げたことかもしれないと思いつつも、思い切ってホームページで記事にしました。それは、少し誇らしいことでもありました。

そののち、脇明子さんの『魔法ファンタジーの世界』(岩波新書)という本を読みましたところ、なんと、オシァンのこと、しかも武具の女性のモチーフ、トールキンが読んでいたのかも、ということが書かれているではありませんか!

脇さんほど有名なかたが、私と同じことを言っている。それは安心感を与えてくれました。まるっきり見当違いのことを言っていたわけではないのだとわかり、ほっとしました。

その反面、私のホームページを、考察を、読んでおられた可能性はないのだろうか……とも思いました。

もしそうなら、参考サイトとして挙げて頂きたかったな……と思います。

今回、男装の女性のモチーフを用いて、指輪物語について語りました。しかし、トールキンの世界とオシァンが似ているとすれば、それはそのような個々のモチーフだけではなく、その底流に流れている物語感というか、そういうところに共通点を感じることもできると思います。

ベオウルフの影響が、トールキン世界に見られますね。それは、グレンデルとゴラム、ローハンの国やエドラスの館の描写が影響を受けている、というような個々のことだけではないように思われます。

トールキンはベオウルフが好きだった。

前編で、指輪物語が好きな人ならオシァンも好きになるでしょう、と書きました。ベオウルフ然りです。私も感じたし、脇さんも書いているように、ベオウルフ、オシァン、指輪物語は同じ系列といってよいでしょうか、そんな雰囲気を感じます。アイルランドのフィアンナ騎士団のフィンやオシーンではないのです。

フィリップ・プルマンは、トールキンを批判したそうですが(彼はC.S.ルイスも批判していますが……)、ベオウルフもオシァンも指輪物語も、不思議な魔法要素やロマンス的なものは少なく(オシァンには男性を慕う女性が多くいますが、恋愛が主点ではなく、淡々と話が進む中によりいっそう女性の美しさが際立っていると思います)、風の吹く荒野のような力強い味わい、そこに魅力が感じられる向きもあるのではないでしょうか。恋愛や人間成長を見て苦しみや喜びに生きるひとりの人物を描き切るのではなく、大きな時代の流れの中にある歴史のようなもの。

脇さんが、C.S.ルイスと同系列に例えたケルト神話の不思議な魔法要素や千一夜物語の「きらびやかさ」。そこと対極にあるとまでは、私は断定できませんが(ナルニア国物語全部読んでいない)、少なくとも、ルイスを除いたら、その意味はよく分かります。やはりベオウルフ、オシァン、トールキン世界は似ていると思ったからです

「三国志絵本 十万本の矢」
唐 亜明 文/于 大武 絵
岩波書店





「ナージャとりゅうおう」の唐亜明、于大武コンビです。
三国志絵本、何冊か?あるみたいなので、最初のを読みました。

蜀の孔明。
呉の国の周瑜のねたみにより、十万本の矢を集めることに。
でもちっとも慌てません。

この逸話、「レッドクリフ」であったかな?
その時は勉強した気になるのに、すぐ忘れてしまう。
人の名前、国の名前もすぐごちゃごちゃになってしまいます。

三国志ファンの人はこういう逸話はやすやすと覚えていることでしょう。

ことわざになってる故事とか、こういうところからでてたりするし、
こういうこと知りたいな。

「おばけのババヤガー」 ロシア民話


カロリコフ 再話/カバリョーフ 絵/宮川やすえ 訳

岩崎書店




「うるわしのワシリーサ」を読んで、「バーバ・ヤガー」の存在を知った。


この絵本を見つけて、読んでみました


こちらの絵本にでてくるババヤガーは、マリューシカの思いをくんで、親切にしてくれました。

いろんなババヤガーがいるんですね


 


「にわとりの あしに のっかった こや」(p.11)

ってどういうものかと、絵をみたら、小屋に鶏の足のようなものがはえているんですね。

でも、それは、木でできているようでした。


「うるわしのワシリーサ」
イヴァン・ビリービン 絵/たなかやすこ 訳
ほるぷ出版(ほるぷクラシック絵本)



「ロシア昔話から」
と、あります。

<ワシリーサ>と聞いて、
バージニア=ハビランドの昔ばなしシリーズの「美しいワシリーサ」」、読んでたっけ?と思いながら…。読んでなかった。
こんな絵本があったんだと知りました。
(また、「火の鳥」の絵本(参考:HPの「火の鳥」の感想)でも、姫の名前がワシリーサだった。話は違いました。)
 

この絵本、その絵の素晴らしさに圧倒されました。

 
「ジョン・ギルピンのゆかいなお話」「花のメルヘン」「フィッツェブッツェ」「ナンセンスの絵本」などの、
「ほるぷクラシック絵本」シリーズです。
(参考:HPの「ジョン・ギルピンのゆかいなお話」「花のメルヘン」「フィッツェブッツェ」「ナンセンスの絵本」 の感想)
 

開いてみて、はじめてクラシック絵本と知ったのですが、
やっぱりすごいなー、と、黎明期の絵本の素晴らしさを思います。
ちょうど今、吉田新一さんの本を読んでいて、黎明期の絵本のことも書いていました。
ビリービンのことは出てなかったようだけど…。*1
「ジョン・ギルピンのゆかいなお話」とか、もう一度読んでみたく思い出した。

お話は、ロシア版シンデレラ、のような感じで、
バーバ・ヤガーという、やまんばがでてくる。
あ、バーバ・ヤガーってよく聞く。他の絵本でもタイトルくらい、きいたことある。*2

全身白い騎士がでてきたときは、もしやヒーロー?と思ったけど、違うんですよ。
赤い騎士と黒い騎士もでてくる。

母の願い、人形の助けがあるからだけど、
さいごは自分の努力、才能、美しさでもって、幸せを得るワシリーサ。

とにかく絵が素晴らしいです{/ピカピカ/}


*1(追記)
(参考:吉田新一 『絵本/物語るイラストレーション』


*2(追記)
絵本「おばけのババヤガー」読みました

 「リヤ王と白鳥になった子どもたち」
シーラ・マックギル=キャラハン 文/ガナディ・スピリン 絵/
もりおか みち 訳
冨山房インターナショナル



広告で知った絵本。
アイルランド伝説を基にしているということで興味を持ちました。

伝説そのままじゃなくて、着想を得たと、作者あとがきにあります。
リヤ王って、リア王と響きが似ているなと思ったら、
リヤは
「古代アイルランド神話の海の神」
で、
「シェイクスピアの『リア王』に結実するその原型」
とありました。

白鳥にされた王子のお話って、ありましたよね…?
グリム?アンデルセン…?
(参考:HPの『アンデルセン童話全集1』の感想

こちらの絵本は、王子と王女2人ずつの四人なんですが、
絵がとてもきれいな絵本です。

くじら、ジャスコニアスの背の上にいる四人、とっても素敵です。
さいご、すっかり成長した王子の絵は、なんというかミケランジェロの絵(って詳しくないですが…)
を思い起こさせる横顔の、たくましい姿。
(絵自体はきれいだけど、ひげ面がいかついから、もうちょっと若いときの絵が好き。。)
 

ん…こんなこと言ってはいけないかもしれないけど、
まま母のイーファは魔女でわるいけど、
ねがっても子どもができなかった、ってあって、
ちょっとかわいそうになった…。
王子・王女を見てると心が騒ぐ気持ちは、わかる…。

心が醜かったり、王子たちにあたるのはダメだけど、
そんな気持ち、王様は理解してあげたのかな?

 
ひとつ思ったのは、
白鳥にされた四人に、イーファが言います。
「この世でいちばんうつくしい歌声」
をおくるって。
その声をきいたものは、ひとりじめしたくなり、おいかけてくるって。

白鳥の声に魅せられる、っていうこと、前にどこかで聞いたことがあるような。

マルセル・エーメの「ゆかいな農場」でも、白鳥の声をきいたお父さんとお母さんの場面…どんなだったか…あったような。

白鳥の声、ということで、何かそういう伝わっていることってあるのかな?



↑このページのトップヘ