ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

絵本(昔話・伝承・伝説,古典)

「ニューワと九とうの水牛」
小野かおる 文・絵
福音館書店



体調があまり良くなかったので、目についた絵本から選びました。
東洋の民話っぽい感じの絵本と思っていましたが、
読んでみると、「われたたまご」の小野かおるさんの絵本でした。

「中国桂林の伝説」をもとにしたお話から描かれた絵本のようです。

ひらいてみると、表紙の裏の部分に、の絵があるではありませんか。

深い山奥の村。迷い込んできたやせた男の子を、みんなで育てることにした村人。
ニューワと名づけます。
水牛のせわがニューワのしごとです。

日照りの年、淵の中洲で草をみつけたニューワは、しかし中洲に渡る手だてがありません。



これって、「竜宮」のお話?

美しい娘はりゅうおうのひめぎみです。
「三番目の ひめぎみ」というのが、ポイントな気がします。
(一つ前の記事の『美女と野獣』でも、ベルの上には意地悪なお姉さんが二人いたと思うし…。)
東洋の伝説でも、重要なお姫さまは三番目なんだな。
(参考:三人の末っ子の話 「やまなしもぎ」

りゅうおうは、絵はでてきたけど、実際の姿はでてこないみたいだった。

ひめぎみは、竜王の娘なんだけど、人間と同じようなお姫さま。
ということは、王は竜の姿でないときがあるんでしょうか?

と考えてて、ふと、「浦島太郎」のお話の、竜宮城は、
海の底で、竜って海にいるのかなとか。
あの竜宮城は、乙姫様のお城と思ってたけど、
竜王の城とはあまり聞かない気がする。
竜がでてこないのに、竜宮城となぜいうの?
とか、思った。
浦島太郎のお話は、きちんとしたものを読んだことはないですけれどね。

(そういえば、りゅうおうといえば、「ナージャとりゅうおう」思い出す。海がでてきたっけ?)


おひめさまは、やさしいニューワが気に入ったのですが、
わりと強引ですねー…。
ここに住むことについてのニューワの気持ちなんかそっちのけ{/大汗/}
もちろん、ニューワだって悪い気はしないのですが、
水牛のせわは誰がするのかと、あわてます。

そびえたつ九つの山は、高く、いかにも中国の岩山という感じでしょうか?
ふうがわりなラスト。こんなのははじめて聞きました。

水牛が、
「つやつやと とうがんのように ふとりました。」
というところと、
「おおきな いしが ぶっくりと うかんできました。」

という表現が面白いなと思いました。

「美女と野獣」
ボーモン夫人 作/ビネッテ・シュレーダー 絵/
ささきたづこ 訳
岩波書店



「美女と野獣」はディズニーのアニメで見ました。

こちらの絵本、とてもきれいな絵です。
幻想的な雰囲気もよくあらわれています。

小さい絵も意味がありますね。
野獣が野獣にされてしまったときの絵もありました。

ボーモン夫人の「美女と野獣」というけれど、
ささきさんの解説に、このおはなしの起源について書かれていました。
古い起源のあるお話なんですね。

ベルの父親は、娘を身代わりにしなければならないから嘆きました。
読んでいる私も、(結末は知っているとはいえ)
野獣が娘を差し出すように言った時は
野獣は父親の身代わりを求めていると思いながら読んでいたけれど、
ベルが心配するように、野獣はベルを食べようとする気配がない。

あとで野獣の言ったことを考えてみると、
「おまえのかわりに死んでもいいというのがいるか。」(p.11)

と言ったのは、身代わりに殺すというのではなくて、
やさしい娘がいて、来てくれるならという思いだったのだろうか。


(追記)
(参考:HPのポール・アザール『本・子ども・大人』の感想に、ボーモン夫人のこと少し)


「われた たまご」
フィリピン民話/小野かおる 再話・画
福音館書店(こどものとも 世界昔ばなしの旅6)



一読して、びっくりしました。
これって、言葉が積み重ねになってる!

内容は違うけど、
言葉がどんどん積み重なっていく、マザーグースの「クリスマスの12日」みたい!
(マザーグース、ほかにも積み重ね歌、あるかな)
 


みふうずら の卵が割れてしまった。
うまの足あとが残っている。

 うま うま、
どうして わたしたちの すのうえを かけたんだい。
(中略)
 それは なんとも おきのどく。
 にわとりのやつが ぎゃあ ぎゃあ さわいだので、びっくりして かけだしたのさ。(p.4)


だんだんと言葉が増えます。


さるが おどろいて やしのみを おとしたので にわとりが さわぎだし、うまが かけだしたので(後略)(p.14)


というように次々とさかのぼって、言葉が増えていく。

フィリピン民話ということで、ぜんぜん場所は違うのに。
似ていることって、あるものですね。



*マザーグース「クリスマスの12日」

「義経と弁慶」
谷真介 文/赤坂三好 絵
ポプラ社



「義経と弁慶」のお話は前に読みたいと思って、この絵本を見つけていました。
今までも何冊か読んだ、ポプラ社の「日本の物語絵本」シリーズです。

このあいだ、石井桃子さんの『ノンちゃん 雲に乗る』を読んでいたら、
ノンちゃんのお兄さんが幼稚園のときに弁慶役をやった場面があったので、
この絵本をやはり読もうと。


「京の五条の橋の上」の歌があるけれど、イメージだけは何となく頭に浮かぶ。
少年の牛若丸が、ひらりひらりと橋の欄干に飛び乗るような…。
でも、弁慶がどうして義経の家来になったのか、きちんと知らなかったし。

まず、後ろの解説からいきました。
監修の、西本鶏介さんの書いたものです。
すると、弁慶との一騎打ちは五条の橋の上ではなく、清水の舞台とあるではありませんか。
えっ、五条の橋じゃないの。

まず、この絵本は、
「室町時代の『義経記(ぎけいき)』を原典として」

いるということだそうです。

『平家物語』や『源平盛衰記』とはまた違い、
「史実をふまえたフィクションであるところに歴史ロマンならではの魅力」
にあふれた義経記。
判官びいき、悲劇的ヒーローに涙する心情がますますアップするように、工夫されている、ということでしょうか。

弁慶との一騎打ちが清水寺の舞台になっているのも、興味をひくように
「見物人のいる」
ところでさせている、ということだそうです。

(んっ? 待てよ。
義経記がフィクションロマンで、一騎打ちが清水の舞台になっているとすると、
五条大橋で戦う、というのはどこに書いてあることなんだろう?)


絵は、これは版画でしょうか。
ざくっとした線が、力強くていいですね。
いちばんしびれるところは、弁慶が矢にうたれても、すごい形相で仁王立ちしているところ。

「だいくと おにろく」
日本民話/小川 洋 文/井上洋介 絵
すずき出版



このあいだ、岩手民話の『やまなしもぎ』を読み、
西洋の民話とも共通する部分を感じました。

今度は、いつか読もうと思っていた、『大工と鬼六』。
イギリスの、『トム・ティット・トット』に似ていると聞いていたから。

本当は、福音館書店の松居直さん、赤羽末吉さんの絵本を読もうと思ったんだけど、
見当たらなかった。

あるところに川があり、流れがはやくて橋がかけられない。
村人たちは、一番うまい大工に、橋をかけてもらうことにした。
川から鬼があらわれて、めんたまをくれるなら、橋をかけてやろうと言うのだが…。

民話のパターンの3回の繰り返しもある。

「おにろく おにろく
 はーやく
 めんたま もってくれば
 ええのになあ」(p.18)

詳しい内容は忘れたけれど、たしかに
『トム・ティット・トット』に似ている。
(参考:HPの『トム・チット・トット』の感想

名前を当てたら、というのは、
不思議な共通点ですね。

また、この間、『ゲド戦記』の放映を見てたこと、
思い出した。
あれにも、本当の名前って、いうようなことがでてきたですね。

↑このページのトップヘ