ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

絵本(未分類)

「おかのうえのギリス」


マンロー・リーフ 文/ロバート・ローソン 絵/こみやゆう 訳

岩波書店





スコットランドのキルトを着た人たちが載っていたから、読みたくなりました{/音符/}



キルト、あこがれます~{/ピカピカ/}

(昔からの伝統ではない、っていうようなことも、聞いたことはありますが)



「はなのすきなうし」の、マンロー・リーフ ロバート・ローソン、コンビの絵本でした!



「はなのすきなうし」はスペインで、こちらはスコットランドですかあ。



ちびっこギリスは、お母さん出身の谷間の村と、お父さん出身の山の村と、

いずれどちらで住むかを決めなくてはなりません。



まず1年ごとに、それぞれの村で暮してみます。

谷間の村の人たちは、毛のもしゃもしゃした牛を飼い、山の村の人たちは、鹿の狩をして暮しています。



それぞれの村で朝ごはんをたべているギリスの絵が面白いんですよ。

帽子掛けや、マグカップが違う(それぞれの村にちなんだもの)けど、ギリスの顔や姿勢もそのまま同じで。



絵は細かいけれど、ちょっとコミックみたいな描写もあって、おもしろいですね。



まだ子供なのに1年ごとに違うところで暮すこととか、お父さんお母さんはどうしたとか

そういう現実的な暮しについては、書かれていません。しめっぽいことも書かれていません。



どちらの村で暮すか決めるときも、ただ、単純に決められないだけのよう。

ギリス自身は淡々としています。



ギリスを自分の村にさそう、おじさんたちは、必死になって大声だしたり、だんだんエスカレートするんだけど。



さて結末は…?



さいごのさいごは、1ページですごくあっさり終わっているので、ちょっとびっくり。



結論自体は、なんてすてきなんでしょ。

ギリスみたいに、自分の才を発揮できて、今の時代の日本のように迷うこともなく、

難しい手続きもなく、仕事や将来を決められたら…。



まっすぐに育ち、進んでいけるギリスの人生に乾杯。

知らぬうちに彼の道を育てたまわりの人たちにも。


「シモンのおとしもの」


バーバラ・マクリントック 作/福本友美子 訳

あすなろ書房





20世紀はじめのパリをめぐる、絵のきれいな絵本見つけました。



「モンテ・クリスト伯」を読んでいて、あれは19世紀かな?

だから時代は少し違うけれど、パリがでてくるし、そのころのパリの風景が少しわかるかなと思って読んでみることにしました。



アデールが、弟のシモンを学校へ迎えに行きます。

シモンがマフラーや本や、いろんな持ち物をなくしたりしながら、たどる帰り道、

パリの街のいろんなところの情景がわかるようになっています。



それはそれで面白いんだけど、なんだ、それだけ?と思ってた。

まだ小さな子供が、学校帰りに美術館や喫茶店までいって、遅くなるよ、寄りすぎじゃない?なんて、現実的なことを考えてしまった。



それで読み終えてから、あとで知ったのは、これは「絵探し絵本」だということ。

(「ウォーリーを探せ!」みたいなやつね?)



シモンが落としたものが、必ずそのページの中のどこかにあるのを見つける楽しみのある絵本だということで。

なあんだ、知らなかった!



それで、もう一回見て、みつけてみましたよ。

ものは見つかったけど、美術館のページには、画家の人たちがまぎれて描かれてるってあったけど、

私にはだれがだれだか、知らないし、わからない。



マドレーヌちゃんの絵本の、マドレーヌちゃんもどこかにいるらしいけど、

私、マドレーヌちゃんの絵本は読んだことがない…。



この絵本、風景や建物なんかはとても緻密できれいだし、当時のことをリサーチしてるそういうところはすごいと思うのに、

私は、この人の描く人物が、なんだかピンとこないのです…。



「わたしはとべる」


マリー・ブレア 絵/ルース・クラウス 文/谷川俊太郎 訳

講談社





マリー・ブレア、という表記になっているけど、

「ピーターパン」メアリー・ブレアと同じ人です。



ディズニーのコンセプト・デザイナーだった人です。



この絵本は、原書1951年初版らしいです。

色がとても明るくて、ガーリーなピンク色など、とてもきれいです。



動物な小さいものたちの、動作をまねしたりして、小さい女の子が、




「わたしは なれる
なんにでも」




という絵本なんですけど、

とても、満足した笑顔、自己肯定感にあふれた、安心感のある絵本だと思います。




「わたしは つかむ」「かにみたい」

「はこぶの らくだ」「らくらくだ」




のところの絵が、ちょっと他の絵の感じと違うような気がするんですけど…。なぜでしょう。


「しんせつなともだち」


方 軼羣(ふあん いーちゅん) 作/君島久子 訳/村山知義 画

福音館書店





「ゆきのひのおくりもの」を読んだとき、似ている絵本があると知った。

これがそうです。



「ゆきのひのおくりもの」は「中国民話の再話」、ときいていたけれど、

こちら、絵は、村山知義さんでした。



こちらは、「方軼羣 作」と書いているけれど、民話とは書いていない。



2冊、比べて読んでいないので、違いはわからないけれど、親切がめぐりめぐって、自分にもどってくる。



この動物たちは、自分たちも食べ物がないのに、相手思いだな。



出かけると、雪の中で野菜が見つかるのが、

植わっているのではなくて、ただ落ちているようで、不思議で面白く思いました。



絵は、細かいところがツボでした。



壁にかけてあるうさぎのフードは、穴つき。うさぎがかぶっている絵をみると耳の穴なんですね。

ろばの家の丸い窓がかわいいです。蹄鉄は鍵がわりでしょうか。

赤いネックウォーマー? をした、こやぎが部屋に入ると毛糸玉がありますし、

ろばのへやのブラシはやわらかそう。

こじかのへやは、今までといきなりちがってアジアンテイストなのがちょっとびっくり。

障子があって、中国風なんでしょうか。



もどってきた、かぶの白くておいしそうなこと。






松居直さんの「絵本の森へ」を読みました。民話ではなく方軼羣さんのオリジナルのようです。

「アマンダとくまの子」


ターシャ・テューダー/ないとうりえこ 訳

メディアファクトリー





ターシャ・テューダーの小さな絵本、あたらしいのを見かけました。



くまの子アダムは、ダベンポート家のおんなの子、アマンダにプレゼントされたくまの子。



かわいがるのはいいけど、うーん、さいごはあれでいいわけ…?



今の時代なら、そうはいかないでしょうね…。



というのは、ちょっとわきへおいておいて。

昔の優雅な暮し。

お庭でお茶。ドレスを着て。いいところの子、っていう感じ。

そういう暮しの中の風情や小物、見ていると楽しい。



お母さんらしき人のやさしい表情。

若くてきれいな人を描くのがうまいと思いました。




↑このページのトップヘ