ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

絵本(未分類)

「熊田千佳慕 メルヘンの世界1 ライオンのめがね・ふしぎのくにのアリス」
熊田千佳慕 絵・文
小学館



『ファーブル昆虫記の虫たち』『みつばちマーヤの冒険』などの、細密画を描かれる、熊田千佳慕さんの絵本です。

展覧会に行って、ピノキオやアリスの、服地のビロードのようなつやつやしたところの精密さなんかに、驚きました。
虫や花の絵は少し知っていたけれど、こういう絵も描かれるのですね。

そして、「ライオンのめがね」での原画で、ライオンの王様が眼鏡をかけてとっても嬉しそうに笑っている絵に、ひとめぼれ。
なんて、楽しそうな王様。そしてその毛並みの細やかなこと。

絵本がでていると知って、読んでみました。
「メルヘンの世界2」はピノキオと、オズのまほうつかいらしいので、そちらも読みたい。

「ライオンのめがね」の元のお話は、シャルル・ヴィルドラックという人が作者だそうです。
このお話は知らなかった。
「ふしぎのくにのアリス」のほうは、おなじみ、ルイス・キャロルですね。
千佳慕さんの絵は、これは確か、とても昔に描かれた絵だと思うのです。(確か、図録を見てたら、「オズのまほうつかい」のほうの絵は、ジュディ・ガーランドの映画の日本封切には間に合わなかったけど、映画を観て描いたわけじゃないのにジュディ・ガーランドに似ていて、残念、公開前に出版されてれば…というようなことが書かれていたように思う。)

とてもハイカラで、アリスの顔立ちなんか洋風で鼻が高くて、ちっとも昔ぽくありません。
絵は、テニエルの雰囲気は継承しているのかなあ? 公爵夫人なんか、似ているような気がしたけど。


「熊田千佳慕 メルヘンの世界2 オズのまほうつかい・ピノキオ」読みました。

「サリーのこけももつみ」
ロバート・マックロスキー 文・絵/石井桃子 訳
岩波書店



『かもさんおとおり』のマックロスキーです。

「落合恵子の絵本の時間」で、この絵本がとりあげられると知って、読みたくなりました。
ちょうどよいタイミングで読めました。

サリーの、表情が好きです。
サリー独特の顔つきっていうか。

マックロスキーの絵の、ちょっとコミック的なところも好きです。
(でも、岩や、くまの毛並みなんか、線だけでかいててもすごくリアル。)

サリーのお母さんと、こぐまのお母さん。
サリーと、こぐま。

行き違いの場面が面白いです。

「ぼくのブック・ウーマン」
へザー・ヘンソン 文/デイビッド・スモール 絵/藤原宏之 訳
さ・え・ら書房



少年カルは、高い山の上に住んでいる。
学校にも行けないし、図書館もない。
家族のために働いている。
本がだいすきな妹がいるけれど、自分は本なんてきらいだ。

そんなとき、馬にのって女の人がやってきた。
本を持って。


 
今から80年ほど前、「ブック・ウーマン」とも呼ばれた「荷馬図書館員」が、僻地に本を届けていました。
2週間ごとに本を交換するため、馬やラバで運んだのです。

その事実をもとに、書かれた絵本です。

カルは、妹のラークが本を読むのをよく思っていませんでしたし、
お父さんが、カルがつんできた木イチゴを本と交換しようとします。
(でも本は、ただなんです)
当然おもしろくないカル。

お父さん、やせてて、貧しそうだけど、ラークを見る目が優しいなあ。
妹をにらみつけてたカルの表情が、ブック・ウーマンの献身的な姿勢に触れるうち、
変わっていくのが印象的です。

カルの顔つきとか、絵がちょっと時代がかってない(現代的)かなあ…と思いました。

ブック・ウーマンの女の人は、乗馬ズボンみたいなのをはいて、
顔ははっきり見えません。見えない、そんな描き方がいいなと思いました。

この時代、女の人で、ズボンをはいて、きつい道のりを、使命で行き来した人たちがいたんですね。



「ピーターラビットのおはなし」
ビアトリクス・ポター 作・絵/いしいももこ 訳
福音館書店



「ピーターラビット」のシリーズ、きちんと読んだのははじめて。
アニメでは見たことあるけれど。
(参考:HP の、ピーターラビットのアニメの記述

ピーターラビットは、キューピーマヨネーズ(?)のCMで、昔好きなのがあった。
森本レオさんだっただろうか?ナレーション。

はっきりおぼえてないけど、
「ピーターのために、キャベツ(レタス?)を一枚残しておいてあげて」みたいなことと、
さいごに、
「ピーター、キャベツ(レタス?)を食べ過ぎてはいけませんよ」、みたいなことをいうナレーションが好きでした。
もちろん、絵も好きで、ピーターラビットの世界に触れたできごとの一つとして、大きい体験。

「ピーターラビット」といえば、ビアトリクス・ポターのことの映画「ミス・ポター」も最近TVで観ました。

絵本のほうは、おなじみな絵、
フロプシー、モプシー、カトンテール(って、あまり聞かないような名だけど、どういう意味でしょうね?)
が赤いケープを着て、おかあさんのいうことをきいている横で、ちょこんとうしろを向いているピーター
襟口のボタンをはめてもらっているピーター。
かわいい。

かみつれを煎じているおかあさんうさぎは、どっしりと見えて、おかあさんらしいと思う。

かわいい絵をもうひとつ見つけました。
すぐりの木のあみにひっかかったピーターが、涙をこぼしているところ。
すずめが励ましてくれます。

石井桃子さんの訳の素晴らしさについて、書いてあるサイトさんをちらっと見てました。
石井さんのこと、またもっと知りたい。
「ピーターラビット」のシリーズもまた読みたい。


「栄光への大飛行」
アリス&マーティン・プロヴェンセン 作/今江祥智 訳
BL出版



以前、『パパの大飛行』という書名で、脇明子さんの訳で出ていたもののようです。

1901年、フランス。
ルイ・ブレリオ氏は家族のみんなと一緒にドライブへ。
頭の上から聞こえてきた、おかしな音。
「クワラン…クワラン…クワラン…。」(p.8)


飛行船だ。

その時から、ブレリオ・パパの胸は、一つの思いでいっぱいになった。
自分も、空を飛ぶ機械を作る。

「ブレリオ1号機」からはじまって、
失敗や「勉強」を重ね、ついに飛べる飛行機を作った。

それだけじゃない、英仏海峡を渡る挑戦に出た。

「ブレリオ11号機」で、ついにかなった、ブレリオ氏の熱い思い。
その挑戦は、この絵本を見る限り、苦労というより、
明るさ、楽しさにみなぎっている。
何度失敗しても、あきらめないし、飛びたい思いでいっぱいのブレリオ氏。

レトロな色合いの絵。
ドーヴァーの崖の上の緑が目に映る。
どちらかといえば茶色い飛行機の絵に、ご婦人がたの白い帽子が鮮やか。

今江さんの訳は、独特な調子を持っている。

↑このページのトップヘ