ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

音楽

一週間たってしまいましたが、16日の「N響アワー」スコットランドのこと、
しかも『フィンガルの洞くつ』の曲があるというので、見ました。


『フィンガルの洞くつ』は、聴いてみたかった曲です!
『オシァン ケルト民族の古歌』の本(参考:HPの『オシァン ケルト民族の古歌』の感想
を読んでからだったと思うが、『フィンガルの洞くつ』という曲があるのを知り、『オシァン』の中のフィンガル王と関係あるのかな、と思っていたから。

見れてよかった!
番組では、メンデルスゾーンの 交響曲第3番「スコットランド」と、序曲「フィンガルの洞くつ」の収録したものの放送がありました。

司会の池辺晋一郎さんは、
「当時、スコットランドに世間の注目が集まっている時代だった、「オシァンの歌」とか「ウォルター・スコット」…。」
というようなことを言っていた。
「オシァンの歌」って、やはり『オシァン ケルト民族の古歌』でのオシァンのことだろうか?

メンデルスゾーンは、生まれたときから割と裕福な家の出で、イギリスを旅行したとき、スコットランドに行き、感銘を受けました。メアリ女王にも興味があり、エジンバラの宮殿にも行って、「曲のはじまりを見つけたように思う」、というように言っているそうです。
(しかし、「交響曲スコットランド」が完成するまで13年もかかっています。)

また、その一週間後、ヘブリディーズ諸島を訪れ、翌年には「フィンガルの洞くつ」を完成させました。
ワーグナーは、曲を聴いて、「メンデルスゾーンは一流の風景画家だ」と言ったそうです。

フィンガル王の伝説のあるというスタッファ島の映像が出てきましたが、
「どこかから黒い雲が流れてきそうだね」、と池辺さんは言っていました。

池辺さんの印象では、「交響曲スコットランド」の印象は、「寒い」そうです。
(「寒い」曲というのは、「N響アワー「ストーリーのある音楽」をきいて」だったか、シベリウスの曲の時も言っていたような記憶が。)

音楽には色がある。色調というか。そこが絵画と共通する。というような事も言っていた。
でも、指揮者の人はあつかったね、って(笑)
ジャナンドレア・ノセダという人の指揮でしたが、もう汗がぽたぽたをたらしながら指揮をしていました。

「フィンガルの洞くつ」のほうの指揮はローター・ツァグロゼクという人でした。

以上、池辺さんの解説を聞いたことを、だいたいこんな感じ、とまとめてみました。


スタッファ島の荒々しい風景を見ていると、もう一度『オシァン』を読んでみたくなりました。


(追記)
関連記事:名曲アルバム『フィンガルの洞くつ』
関連記事:芸術劇場 「メンデルスゾーン生誕200年」
関連記事:松下奈緒さんの番組 「メンデルスゾーン幻想」
関連記事:N響アワー「メンデルスゾーン生誕200年記念特集」

先週、テレビで、「カーペンターズ・オール・リクエスト」っていう番組を生放送でしていたので
楽しみにしていました!
(NHKのサイトより http://www.nhk.or.jp/carpenters/ :放送は終わりました)


カーペンターズの歌、大好き。そんなに詳しくはないけど。(曲名とかあまり知らない)

生放送なので、いまひとつ進行がもたついている感じもありましたが…。
リチャードさんが生で出演していました。

カレンさん、歌、うまい~。
かわいい、きれい{/複数ハート/}
ファッションや髪型なんかも、みてました。70年代くらい?古っぽい服もありますが、
今みると、またそれがかわいかったりする。

「スーパースター」の曲、好き。
「青春の輝き」(?)かな? やっぱり、いちばんいい曲かな?

わたしは、「ソリテアー」っていう曲が好きなんだけど、リクエストの中には(選べる曲自体の中に)入ってなかった。
以前にカーペンターズのドキュメンタリーをみたときも「ソリテアー」はなかったように思う。
なぜなんだろう?

「名曲探偵アマデウス」の番組は、「フィンランディア」の時しか見ていなかったけれど、
ドボルザークの「新世界から」がテーマだったので、見ました。

あの曲だいすき{/クラブ/}

番組の中で言っていたことは、…

世界中で民謡はヨナ抜き音階が多いという。
それを使ったために誰しも哀愁を覚えるメロディ。

チェコの民謡独特のテンポ(長・短・短・長)
黒人霊歌(『スウィング・ロー・スウィート・チャリオット』)のメロディから
とられたメロディ。

休符にフェルマータ
(フェルマータとは、普通は音符{/音符/}に付いて、適当な長さに伸ばすこと)
一瞬、時の流れが止まる。

第4楽章で、今までの楽章の主旋律が重なり合う
そうか、第4楽章って、旋律がうまくとけあっているんだ。

誰が言っていた言葉だったのだろう?
「われわれの頭の中にあるメロディとハーモニーをすべて集めても、ドヴォルザークの小指の先にも満たない」
みたいなことを言った人がある、と。

ドヴォルザークがアメリカに行かなかったら、あの曲は生まれなかった。

ほんとにいい曲ですね…。


おまけ。
全楽章の中でシンバルはただ一回だけ鳴ると言っていたような。
(間違えたら…{/大汗/}たら~)

韓国のドラマ「春のワルツ」をまとめて放送していましたね。
夜、オリンピックからチャンネルを回すと、放送していたので、ついつい、何回か見てました。
見てると、なかなか面白くて。
全部の回は見てないけれど、なんとなく、ストーリーは分かってきました。

そして、ピアノの曲で、バックに流れたりする曲が、なんか「雪山賛歌」に似ているなーと思っていました。
でも、全然雪山と関係ない場面だし、漁師さんと娘さんの歌詞のような感じだし。
不思議だなーと疑問に思っていました。
そして、違う曲なのに、メロディがそっくりなんじゃないかといぶかしげに思い込んでいました。

でも、そうじゃなかったんです。
これ、調べてみたら、NHKのサイトにもあったけど、「クレメンタイン」という曲が元にあるんですって。
日本では「雪山賛歌」として、日本の人がつけた歌詞で通っていると。

あっ、クレメンタインって聞いたことある。
世界の民謡、愛唱歌なんかのCDに入っているような気が。
「いとしのクレメンタイン」とか、タイトルよく聞く。
それがこの曲だったのかー。

韓国でも、知られている曲だったんですね。


(追記)
「いとしのクレメンタイン」の曲が効果的な、映画「荒野の決闘」を後日見る。

「名曲探偵アマデウス」っていう番組、はじめてみた。
(参考サイト:NHKのサイトより「名曲探偵アマデウス」のページ

「フィンランディア」とりあげるらしかったので。

名曲探偵 天出臼夫(「あまでうすお」ってね…)がクラシック(?)の曲を解明していく。
筧利夫さん、面白い。

フィンランディア、興味ある曲だったので、よかったです。

メロディに、「勝利に向かうテーマ」など、いろいろテーマがあること。

4拍子の曲の中に5拍子があって、それが何回か繰り返されるところでぴたりと4拍子のところと合うこととか。

あとで歌詞がつけられた「フィンランド賛歌」(?)の部分は、メロディ自体がフィンランド語の特徴を持っていること。
(促音便という? 小さい「ッ」でつまる部分。フィンランド語って、名前でもユッカペッカとかつまりますよね、ああいう発音のこと?)



(追記)
「名曲探偵アマデウス」 ドボルザーク「新世界から」
「名曲探偵アマデウス」 ワーグナー「ジークフリート牧歌」
 


(追記)
フィンランディアの関連記事:「NHK海外ネットワーク フィンランド中継特集」 「N響アワー オッリ・ムストネン」

↑このページのトップヘ