「絵本だいすき!」
落合恵子/PHP研究所



副題は、「子どもと、かつて子どもであった人へ」
落合さんは、新聞で、記事(参考:「ぜつぼうの濁点」のところ)を読んで、
この人は人の心の痛みをしってて、その痛みに寄り添えるひとだなあ…みたいに思った。

この本を読んでみて、それもまた感じる。
絵本語るとき、子ども、のこと忘れない。だけど、大人のことも忘れてないように感じた。

「子ども(大人も)」という書き方みたいに、大人という言葉を書き添えてくれてるし、心の中でもきっとそう思いつつ書いていてくれるのかなあ…と思った。


たくさんの絵本の紹介が載っているけれど、
「はじめに」のページの最後に、「追伸」として

「この本が子どもに読書を「強制」するためのガイドブックのようなものとして使われないことを。
本についてのガイドブックを読むよりは、一冊の本に出会ったほうがほんとはいいよね、とも、わたしは思っています。」


とあったのに、共感。

あ、ガイドブックがわるいってことじゃないですよ~。
わたしもガイドブックみたいなの、読む事あるし、役立つ。
この本だって、いっぱい絵本が載っているな、ということで読んだというのもあるし。
でも、落合さんが言っていることの、意味の深いところ、
胸に伝わる気がした。

この本に紹介されている絵本で、知らなかった絵本、読んでみたい絵本がふえました。