ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

本(昔話・伝承・伝説,古典)

皆さんは『オシァン』を知っていますか?

ざっくり言いますと、スコットランドシェイマス・マクヴーリッヒ(ジェイムズ・マクファソン)という人が、古代の詩を集め発表したもの、でしょうか。

スコットランドはモールヴェンの国。その王であるフィンガルと、息子オシァン。勇壮な武人たち。彼らの周りで起こった数々の戦い、その武功や、男たちを慕う美しい娘たちを歌っています。

フィンガル王亡き後、オシァンは高齢まで生きたとされていますが、亡き息子のオスカルの許嫁マルヴィーナに語った一族の物語をマルヴィーナが後世に残した、とされているものがこの叙事詩というわけです。

オシァンの本 岩波文庫 元はゲール語で書かれたとされるものを、英訳して出版されたことがきっかけとなり、一大ブームを巻き起こしロマン主義に大きな影響を与えました。

ナポレオンもゲーテもたいへんに傾倒しました。メンデルスゾーンも影響を受けたものでしょうか? 「フィンガルの洞くつ」という曲を書いています。

今日は、トールキンアドヴェントの企画に参加させていただき、この記事を書いています。

しかし、オシァンを少しは読み返したものの、全部は読めません。過去の事ですので、思い違いありましたら、ご容赦の程お願い致します。詳しい内容につきましては、過去の、オシァンの読書感想をお読みください。

荒々しく吹きすさぶ風、青く閃く剣を携えた武者たち。盾の盛り上げ飾りを叩いては敵を追い詰め、また敗れ去ります。名誉を重んじ、歌に歌われることを望んで戦いに赴いてゆきます。彼らを慕う娘たちは、死して石積みの下に葬られた若者を思い涙にくれる。

この雰囲気、ロマンに満ちた叙事詩は、心を引き付けるものがありました。

指輪物語が好きなかたなら、きっと気に入って頂けると思います。ベオウルフにも似た雰囲気がありますね。「わびさび」とでもいうような無常感があるように感じました。ちょっと「荒城の月」の歌など思い出したりしています。

アイルランドにも、フィンと、オシーンの伝説があります。しかし、話も異なりますし雰囲気は全くちがいます。こちらは、ケルト神話の中のフィアンナ騎士団の話です。ローズマリ・サトクリフはこの神話を再話した『ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックール』を書いています。

実は、マクファソンの『オシァン』には、偽作疑惑という議論が沸き起こった経緯があります。詳しいことはここでは省き、上記に挙げた過去の読書感想をご覧ください。

アイルランドにあるオシーン伝説を持ってきたのではないかという説は、フィアンナ騎士団の話が異なる様相を持っていることからして、無理があるような気もします。

ウィキペディアのオシァンの項 を見ると、かなりアイルランドのものを持ってきたという書き方をされていますね。かつてはここまで断定されてはいなかったようにも思いますが。

岩波文庫の、中村徳三郎氏のあとがきを読みますと、訳されたご本人ということ、時代が昔、ということで当たり前ですが、偽作説には反対の立場をとられています。真偽のほどはともかくとして、このあとがきだけでも読む価値ありです。とても美しい話がここに展開されていることが伝わってきます。

長いので、後編に分けます。

「スウェーデンの森の昔話」
アンナ・クララ・ティードホルム 編・絵/うらた あつこ 訳
ラトルズ





トム・チット・トットのお話だったかな、名前をあてるやつ。
あのお話が、「ティッテリチューレ」になってるんですね。
トム・チット・トットと、ティッテリチューレ。
スウェーデン語になっても、なんか語感が似てますね。

「仕事を取りかえたおやじさんとおかみさん」
は、現代にも通じるなあ。

「ルーディ」
の話は、はじめて読んだかも。
妹の頭がとりかえられたのは、魔女のしわざかもしれないけど、
ルーディの頭が、生まれたときから羊の頭だったのはどうしてだろう。

「くぎスープ」のお話もありましたし、
「王女と大きな馬」
のブルンテのお話は不思議な感じがしました。
扉に入って戦うのは、何と? 出てきたのは若く変わったブルンテ自身?
三度扉から入ったり出たりする三度、は、やはりどの国の昔話でも。

「太陽と月の娘」
月に帰るわけじゃないけど、ちょっとかぐや姫みたい。
デ・パオラの、「ドロミテの王子」少し思い出す。
太陽が母で月が父っていうのが、ちょっと逆なような感じがして、
でも最後は、娘が父である月を見て、願うのですね。
こういう場面には太陽より月が似合うなと思います。美しい話です。

「ロビン=フッドの冒険」


ハワード=パイル 再話/中野好夫 訳

講談社(21世紀版 少年少女世界文学館2)




以前、岩波書店版の『ロビン・フッドのゆかいな冒険』を読みました。

(参考:HPの『ロビン・フッドのゆかいな冒険』の感想



それは、ハワード・パイルの絵がついていて、それがとても良かったのを覚えています。訳は村山知義さん、村山亜土さんでした。



今回、読んでいて、いわゆるおなじみのというかそういうエピソード、再び読んで思い出せたのは良かったのですが、以前読んだのと、ちょっと違うようなところも感じましたが、どうでしょう…



ちびのジョン(リトル・ジョン)と、ロビンが、ちょっとした行き違いで、わだかまっているようなところもあったような…? はっきりは覚えていませんが。

今回は、ロビンに、ちらっと疑いの気持ちがおこっただけで、すぐ思い直していました。


 



ノッチンガムの弓術大会でロブと名乗ったロビンが、ハンチンドン伯の娘マリアンに


「ロブ イン ザ フッド」(p.22)


と礼を言われています。注に


「ずきんのロブ」の意(p.22)


とあります。ロビン=フッドって、そういう意味だったんですね?!





(追記)

映画「ロビン・フッド」みました


「きつねのルナール」
レオポルド・ショヴォー 編/山脇百合子 訳・絵
福音館書店



12世紀後半からフランスで、何人もの人たちによって書かれたという「狐物語」
ルナールという名前のきつねが主人公で、
悪賢いきつねが起こす騒動や、当時の風習が描かれた、「動物叙事詩」ということです。

悪賢いルナール。
でも愛嬌もあるな、と思っていると…。
狼イザングランの弟、プリモ、なんとかわいそうな…。

それと、ただ、だましたり、食べ物をとったりするだけでなくて、
宗教のこと、でてくるでしょう。
ひやひやしました。そういうこと、していいのかな、って。

でも一番初めに、ルナール狐の数編を書いたのが、
ピエール・ド・サン=クルーという、おそらくキリスト教のお坊さんで、
あとの枝編をかいたのも、お坊さんたちであったろうということで、
それだけ、生活と信仰が密接だったフランス(そして時代)が現れているんだろうと思いました。

また、山脇さんは上智大学卒だそうで、キリスト教のこと、お詳しいのだろうか?と
訳文みて、ときどき思いました。


おんどりの「唄一」(うたいち)(p.38)とか、
からすの「サブロー」(p.50)。
ルナールの家は、「まる穴屋敷」(p.56)。
あれっ、この言葉の感覚は…。{/ひらめき/}
瀬田貞二さんの訳文に似ている。

きわめつけは…。

「考えているひまもあらばこそでした。」(p.61)

という文章、「あらばこそ」って、「名馬キャリコ」のところで書いたです。
あれを思い出して、山脇さん、瀬田さんの影響とか受けてるのかな?って思いました。


おおかみのイザングランがしっぽを無くす、氷の池の顛末。
イザングランは氷でちぎれたわけじゃないけど、こういう話、民話でなかったっけ?
サブローが口からチーズを落とすところ。「イソップ寓話集」にもあったような。

福本直之さんによる、「解説―ルナールと『狐物語』の履歴書」にも、
「物語の原型やモデルが存在する」(p.241)
と書かれてて、イソップ物語も挙がっていました。
この解説、狐物語を理解するのに、とても良い案内になりそうです{/ピカピカ/}


「イソップ寓話集 19のおはなしとイソップにまつわる伝説と歴史」
バーバラ・ベイダー 文/アーサー・ガイサート 絵/いずみちほこ 訳
セーラー出版



思い出しながら書いています。

イソップ物語。
一度ちゃんと読んでみようと思いました。

イソップ、って、いったいどういう人なのか、あまり知りませんでした。
わかっていることは多くはなさそうですが、
古い時代なんだなということがわかりました。

棒のたば、のお話は、
三本の矢(毛利元就?)のお話に似ているな、と思いました。

でも、教訓がセットになったのは、後のことで、
もともとイソップの話は、そういう意図はなかったとかなんとか。。

イソップにまつわる伝説というのも、ついていました。


(追記)
(参考記事:本 「きつねのルナール」


(追記)
(参考記事:毛利元就 三本の矢の逸話と、イソップ

↑このページのトップヘ