ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

本(昔話・伝承・伝説,古典)

「ウズ・ルジアダス(ルシタニアの人びと)」
ルイス・デ・カモンイス/
小林英夫/池上岺夫/岡村多希子 訳
岩波書店




 「アンデルセン童話全集」のどの巻かを読んでいるとき、「ウズ・ルジアダス」のことをはじめて知りました。
(参考:HPの「アンデルセン童話全集」のデータ

ヴァスコ・ダ・ガマのことを書いた、叙事詩らしいということだった。
アンデルセンがとても褒めていたか、感銘を受けたか、何かそういう事が書いてあったように思う。
いつか読みたいと心にとめていました。

 瀬田貞二さんの『航路をひらいた人びと』や、
山室静さんの『バイキング王物語』(参考:HPの『バイキング王物語』の感想
などで、航海の本を読んだり、
テレビでクック船長のエンデバー号を再現した航海の番組を見たりして、航海のことを読んだり見たりしてきた。

(他にも、「ピーター・パンとウェンディ」とか映画「ヴァイキング」とか、船に関係あるといえばそうですね。)

 そしてこのところ、帆船の映画
「戦艦バウンティ号の叛乱」「マスター・アンド・コマンダー」
を見たりしていたし、そろそろ読みたいなと。

「世界ふしぎ発見」マカオが特集されたとき、
「カモンエス広場」と言っていた。
今だな、と思い切って読みました。


「ここに地終わり(地果て)、海始まる」

という言葉をごぞんじですか?
わたしは知りませんでした。
ポルトガルのロカ岬という、ユーラシア大陸最西端の岬にその石碑があり、有名なんですって。
「ウズ・ルジアダス」の中の一節です。

ウズ・ルジアダスのことを調べているうちに、
「山梨県立図書館」のレファレンスのページ
http://www.lib.pref.yamanashi.jp/cgi-bin/refjirei/refs.cgi?c=common&n=8
をみつけたりして、ロカ岬や石碑のことをしりました。
ロカ岬と、この言葉は、けっこう有名みたいですね。

また、他に、高倉健さんが、著作でロカ岬のことを書いているとか…?
今回、「ウズ・ルジアダス」をやっと読み、感想を書くにあたって、「ウズ・ルジアダス」について調べていたら、
朝日新聞の「天声人語」欄にそのことが書いてあるらしいことがわかった。
そういえば、この天声人語、切り取っていたはず…。{/ひらめき/}
探してみたら、ありました! 日付をメモってないけれど、2006年末あたりだろうか。
ロカ岬で書いて出さなかった手紙のことを、『あなたに褒められたくて』という著作で書いていらっしゃるそうだ。
高倉さんが文化功労者に選ばれたときの、天声人語のようですね。


 本を読んだ後で、えっと、…この有名な言葉、でてきたっけ?と調べてみたら、
第3歌20章にあるそうで、見てみた。
あった、あった。


「見よ,ここにヨーロッパぜんたいのいわば
 いただきにルシタニア王国がある.
 ここで大地はおわり,海がはじまる.
 そしてポイボスが大洋にいこうのだ.」(p.93)


んー、文語調の「ここに地果て~」とは雰囲気が違いますが、
確かにありました。
ポイボスというのは、注(第1歌4章7)によると、
アポロのことだそうで、つまり太陽のことだそうです。

 こんなふうに、ギリシャ・ローマ神話のことがたくさんでてきます。

ギリシャの神々の、バッカスが、ガマたちの航海をじゃましようとして、ヴェヌスがガマたちの航海を助ける。
(しかし、ガマはそれを知らない。)
それが表面上の筋としては大筋になっている。

 そう、最初、ウズ・ルジアダスが叙事詩ときいたとき、ガマが主役と知ったときは、
ガマがとても英雄視されているのだろうと思っていました。
でも読んでみると、全然ちがった。

例えば、もうだいぶ忘れたけれど
「エル・シードの歌」や(参考:HPの『エル・シードの歌』の感想)
「ローランの歌」(参考:HPの『ローランの歌』の感想)
なんかだと、主人公は、もうとても英雄の誉れで輝いていたと思うのですが、
こちらのガマは、印象が薄い感じ。
ガマの物語というよりも、ポルトガル(ルシタニア)の偉大さを歌っているみたいに感じた。

解説のページを、興味深く読みました。

 ポルトガルの歴史や英雄は知らないので、人の名前はむずかしく、注を読むのは大変だった。
自国の歴史や英雄、また他の国の歴史や英雄も出てきて、歴史の知識の下地がいるなと思った。
エル・シードのロドリゴ・ルイ・ディアス・デ・ビバール(第4歌8章3)や、
テルモピュレの英雄「スパルタ王レオニダス」(第10歌21章4)について記述が出てきた時は、嬉しかった。
(参考:テルモピュレ:参考記事


 
 あと、関係ないですけど、
朝日新聞のマンガの「ののちゃん」
キクチ食堂に、吉川ロカという人がアルバイトに入りました。
定休日にライブをしたいということだったと思います。
この間、6月29日(月)の朝刊の「ののちゃん 4341回」
ロカさんは定休日ライブをしており、ポルトガル語?で歌っています。
お客は、
「ポルトガル語とかわからんが 雰囲気あったねぇ」
「キクチ食堂がリスボンの酒場にみえてきたよ。」

と言っていますが、作者のいしいひさいちさんは、
ポルトガルやロカ岬に興味があるのでしょうか?


(追記)
ちょうど今、朝日新聞にマカオ観光局提供の、連載「マカオ 南蛮渡来の世界遺産」が載っています。
つい先日、8月4日の第9回分に、「ウズ・ルジアダス」「カモンエス(カモンイス)」のことが載っていました!
タイミングがぴったりで嬉しかったです。


(追記)
(参考記事:「宝塚「コインブラ物語」と「ウズ・ルジアダス」

「ドイツ・北欧の民話」
星野慎一・矢崎源九郎 共著
さ・え・ら書房



「世界民話の旅」シリーズの1です。
監修(責任編集委員)の中に、『ないた赤おに』の浜田廣介さんの名前がありました。
それから、著者の矢崎源九郎さん、名前を聞いたことがあると思っていたら、
ポール・アザールの『本・子ども・大人』の訳(共訳)されている人だった。
(参考:HPの『本・子ども・大人』の感想

民話だけでなく、北欧の神話も入っていて、
またドイツの伝説として「不死身の勇者(ニーベルンゲン物語)」が入っていたのがよかった。

あと、ドイツの民話の中で、「おばあさんのまごごろ」
これは、わたしはたしか、アンデルセンの童話として読んだお話と同じような話だった。
星野慎一さんは、解説の中で、
チリ地震津波の時半鐘を鳴らして知らせた東北のあるおじいさんを思い出したと書いていますが、
そういう人がいらしたのですね。私はアンデルセンで読んだとき、「稲むらの火」の話を思い出しました。
(参考:HPのアンデルセン童話全集3の感想

ノルウェーの民話では、「太陽の東、月の西」も入っていました。
(参考:HPの『ノルウェーの昔話』の感想


矢崎さんの解説の中には、エッダとサガのこともあった。

「勇士ボズワルとロルフ王」としてこの本に挙がっている、
「ロルフ・クラキのサガ」。
他にもボズワルのことがかかれているエッダやサガがあるそうですが、
「ボズワルがロルフ王のもとにむかえられるこのお話は、」(p.342)
とあるのは、「ロルフ・クラキのサガ」のこと、だろうか?
「イギリスにつたわる古い詩「ベーオウルフ」のなかのお話と、たいへん似ています。」(p.342)
とあった。
「勇士ボズワルとロルフ王」を読むと、ベーオウルフほど、深刻なお話ではなかったようだけど…。
(参考:HPの『ベオウルフ』の感想

「ラグナル・ロドブロクのサガ」からとったという、「ラグナルの竜たいじ」
には竜がでてきました。



(追記)
ロルフの関連記事

「森の精」
バージニア=ハビランド/トリーナ=シャルト=ハイマン 画/清水真砂子 訳
学校図書



『王子ヤンと風のおおかみ』の「世界のむかし話」シリーズの3です。
今度は、チェコ・スロバキアのお話。

「十二月(じゅうにつき)」
「おそろしいクラトコ」
「森の精」
「羊飼いの花束」
「黄金(きん)の髪の毛」の5話が入っています。

トリーナ=シャルト=ハイマンという絵の人は、はじめてききました。
絵がかわいらしいです。

「森の精」の話の、
女の子ベツーシュカが糸まき棒をもっていなかったので、
亜麻をあたまに巻いてヤギを追っていく絵。
そして、森の精の美しい女の人とおどっているところの絵もいいし。

人物の線は繊細で、ちょっと少女まんがふうでもある?
「羊飼いの花束」の話の、王子は、あごがごっついけど。。(でも背が高いところはいい)
お姫さまの服も民族ふうで、かわいいです。

「世界のむかしばなし」
瀬田貞二 訳/太田大八 絵
のら書店



太田大八さんて、絵本『百合若大臣』の絵の人…? (参考:HPの『百合若大臣』の感想
『百合若大臣』のときは、わりと写実的な筆使いの絵がらだったように覚えているんだけど、今度のは、特に表紙なんかコロっとしたかわいい絵がらでした。 

スペインの話の「はんぺらひよこ」。これは、『四人のきょうだい』にも入っていた。


イギリスの「ねこの大王」、これは、ジェイコブズの『ジャックと豆のつる イギリス民話選』にも入っていたかな? (参考:HPの『ジャックと豆のつる』の感想

スウェーデンの「くぎスープ」。おばあさんはやどなしに、くぎ一本でスープができると言いくるめられて、粉やらミルクやら使わされちゃう。話も面白いし、ひねって読むと、小さいしあわせってこういうところにあるのかも?という意味で気づかされたりして。

ロシアの「だれがいちばん大きいか」。この話は、はじめて読んだかも。ふうがわりですね。真面目に考えだすとわからなくなる。

瀬田さんの「解説」。この本に収められているのは、短くて優しいお話。その共通点は、ひとつには「グルグル話」だということ。

「数とり唄のように順序よく、きもちのいいリズムをおこして次々にグルグルと動いていくお話です。そして、こういう形のお話は、単純な形のくりかえしのおもしろさで、一度きくと忘れにくいものです。」
(p.158)

「王子ヤンと風のおおかみ」
バージニア=ハビランド/フェリックス=ホフマン 画/上条由美子 訳
学校図書



『四人のきょうだい』の「世界の昔ばなし」シリーズ。

今度はポーランドのお話です。

絵が、『ねむりひめ』でのフェリクス・ホフマンだったので、読もうと思いました。

「王子さまになったはりねずみ」の、おんどりに乗ったはりねずみとおひめさまの絵が、いいなと思います。

「王子ヤンと風のおおかみ」の、おおかみに乗っているヤンの顔はかっこいい。また他の絵ではそうでもないけど…{/汗/}。
三人兄弟の末っ子が活躍するお話で、動物の助けもある。

「王さまになった陽気な仕立屋」の、ユーゼフ・ニテチカさん。やせっぽちで、あんまり細いので、細いうどんしか食べれません。でも「なかなかの男まえ」です。ニテチカさんの絵もいいです。

おひめさまたちは、相手(ヤンや、ニテチカさんや、はりねずみも)が素敵な人だと知ったとたんすっかり好きになってしまうのには、くすっと笑えるところがあるかも。

「王さまをだました道化師」の、年老いた道化師マテンコの、すごく年取った感じの絵。マテンコとおかみさんのエルズニアの話は、身につまされる状況だけど暗くならずに、おかしさのある話になりました。

↑このページのトップヘ