ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

絵本(リー・バートン)

「ちいさいケーブルカーのメーベル」
バージニア・リー・バートン 作/
かつらゆうこ・いしいももこ 訳/
ペンギン社





久しぶりのバートン。

今度はケーブルカーが主役です。
そしてやはり、名前はメーベルで、女の子なんですね。

ケーブルカーが坂の多いサンフランシスコで生まれ、発展し、時代は過ぎて、バスや車が行きかい…。
でもケーブルカーが廃止か、となったとき、町の人々は…。

ケーブルカーがなくなるかもしれない、と知った時のメーベルの顔がどことなくがっかりしているように見えます。

バートン独特の、くるくる渦巻きやらせん模様で縁取り(縁取りも絵の一部)された絵を久しぶりに見ました。

町の人たちが書いた請願書がくるくる、市役所へ続いていく絵は大胆ですね。

「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」
ばーじにあ・りー・ばーとん 文・絵/いしいももこ 訳/
福音館書店



バージニア・リー・バートンの絵本です。

タイトルと作者名がひらがなのところを見ると、
幼い子ども向きなんでしょうね。

『ちいさいおうち』なんか、どうだったのかなあ。
作者名はカタカナだったような気がする。

読んでみて、
でもこちらの『けいてぃー』、けっこう難しい気がする。

お話は、単純だけど、
バートン独特の、絵の周りの説明画というか、
「55ばりき」とは、みたいな感じで、馬が五頭ずつ並んでいたり、
トラックの種類がたくさんあったり。
とにかく、周囲の絵、楕円形やカーブのついた繰り返し図模様、
東西南北の様子、
細かい部分から始まってさいごは俯瞰図で、パノラマ体験、と
バートンワールド、大展開、って感じ。

疲れてるとき読むと、ちょっとしんどいかも。。

バートンという人は、方向感覚とか、立体図の感覚がある人なんだな、という印象があります。
『せいめいのれきし』で、「太陽がこっちで家の方角がこっちだから…」みたいに
頭をひねった覚えがある。

しかし、『ちいさいおうち』がたいへん人気があり評価も高くて、
こちらはそんなに有名でなさそう(というわけではないかもだけど…)
なのは、どうしたことでしょう。
どこが違うんでしょう。
バーバラ・エルマンの『ヴァージニア・リー・バートン 『ちいさいおうち』の作者の素顔』で、
エルマンの感じていたことは書かれていたように思うけど。

 
「けいてぃー」って、ひらがなで見ると、なんだかちょっと違和感を感じる。
「ケティ物語」とかの、「KATY」かな、とは感じた。
原題を見ると、「KATY AND THE BIG SNOW」なので、
合ってた。
だけど、絵の中のけいてぃーにはなんと、
「K.T.」というイニシャルが書いてあるじゃないですか!!
どちらがほんとうなの?
「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」と見たとき聞いたとき、
どちらかというと「K.T.」という印象がある。
皆さんはどうでしょう?

けいてぃーも、ちいさいおうちや、メアリ・アン(『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』)、キャリコ「『名馬キャリコ』)?
などと同じく、女の子ですね。
(参考:『月刊MOE 2009年9月号(特集「ちいさいおうちとアメリカ黄金期の絵本」)』

じょせつきをつけた、けいてぃー。
じょせつきが大きなハートみたいでかわいい。



「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」
バージニア・リー・バートン 文・絵/むらおか はなこ 訳
福音館書店



バージニア・リー・バートンの絵本といえば、これ、忘れちゃならないような気がして、読んでみました。

何も知らないとき、なんとなくタイトルを知っていただけの時、
「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅうちゅう」だと思ってました{/汗/}
(そのほうが語呂がいいじゃない?)
そして、なんとなくネズミがでてくるんだと。

違いました(笑)
CHOO CHOO、って機関車の音の擬音というか、そういうことらしい。
だって、そりゃ、いたずら機関車っていうんだもの。ねずみとは関係ないわね。。

CHOO CHOO TRAIN とか言いますものね。
ZOOもそうだし、ニール・セダカ(?)の歌でもあるかな。
英語圏の人にはシュッシュッポッポとかじゃなくて、CHOO CHOOって聞こえるのかな?

でもね、ちゅうちゅうが走るとき、訳はシュッシュッポッポじゃなくて、
「ちゅうちゅう しゅっしゅっ!」
なんです。
読んでると、ちゅうちゅうって走るような気がしてきます。

それはともかく、
訳はむらおかはなこさん!

バートンといえば、石井桃子さんや瀬田貞二さんという感じがあったし、
村岡さんの訳といえば?というと、はずかしながらアンくらいしか思いつかなくて。
絵本も訳してらしたんですね。

この絵本は、最後のページの解説を読むと、バートンの最初の絵本だそうです。
『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』は、次男マイケルのためだけど、
こちらは機関車が好きな長男アリスのためだそう。

表紙内側のカラフルな絵を除けば、黒一色で、骨太な絵が迫力あります。
木炭みたいな、太くざっくりと書かれた黒々した感じが、機関車のイメージとも合う。

ちゅうちゅうには、はっきりとじゃないけど、なんか目鼻みたいな感じにみえるものがあって、笑っているように見えるところもあるけど、
最後のほうは泣いてる。

『ヴァージニア・リー・バートン 『ちいさいおうち』の作者の素顔』で、
この絵本のことだったろうか、確か、ジムのことを危機におちいったヒロインを救うヒーロー、みたいな表現をしていたところがあって、印象に残っている。
(それとも『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』のほうだったかな?)
確かに、心細かったちゅうちゅうを、ジムが向かえにきてくれたときを思えば、そう思えるかも。

それと、思ったのは、ちいさいおうちや、スチームショベルのメアリ・アンと同じように、ちゅうちゅうも女の子なのかな。

「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」
バージニア・リー・バートン 文・絵/いしいももこ 訳
福音館書店



『ヴァージニア・リー・バートン『ちいさいおうち』の作者の素顔』で、一番最初に紹介されていた本だと思う。
バートンの、もう大人になった息子アリスとマイケルが写っていたっけかなあ?
スチームショベル、メアリ・アンの模型(?)と一緒にだったかなあ? 嬉しそうに。
こういう絵本があるんだなと思った。

スチーム・ショベルの、バケットと底ぶたのところが、顔になっているのが面白いですね。
スチーム・ショベルは、「メアリ・アン」という女の子(女性)なんですよね。
『ちいさいおうち』のおうちも、女の子じゃなかったっけ?

スチーム・ショベルって、古い型だけど、一応機械。
『ちいさいおうち』でいうと、田舎を掘り起こしたりするタイプのほうですね。
バートンは、単に田舎や自然を擁護しているわけじゃあないのかな、と思いました。除雪車や機関車の絵本もありますし。
(でも、時代が進んで新式の機械ができ、スチーム・ショベルが用済みになったとき、マイクとメアリ・アンは田舎へ出発しますけれど。)

息子や、小さい子どもたち、特に男の子が好きな機械も、こんな楽しい絵本にしているんですね。

この絵本のポイントは、ここかな。

「できるとも。ぼうやが そこで みていてくれればね」
と、マイクはいいました。「おれたちは、だれかが
みていてくれると、はやく ほれるんだ」


ここのことは、『ヴァージニア・リー・バートン『ちいさいおうち』の作者の素顔』にも、書かれていたと思うんだけど。
ちょっとうまく表現できないんだけど、誰かが見守っていてくれると、力が発揮できたり、がんばれたりすることのメッセージがある気がする。

「はだかの王さま」
アンデルセン 作/バージニア・リー・バートン 絵/
乾 侑美子 訳
岩波書店



バートンのこの絵本、すき。

バートンの絵は今まで読んだのは、田舎の風景とか駅とか、都会とかそういう感じだけど、
これは、雰囲気が違っている。
衣装からきれい。
モーツァルトが着ているような、ああいう感じの服装。
王さまや、家来の人たちの衣装をみているだけでも楽しい。

絵の、人物などの左右対比や、繰り返しなどの面白さ。
人が円形にならんだり。
まるで噴出しのように、唐草模様ふうな線でかこんだ心の中の言葉。

文章と絵の配分、配置が計算されています。

気に入ったのは、36から37ページの、
わるものたちと、王さまと家来たちの姿を
前後から描いているところ。
(布を見に行く王さまたちを大きく、と小さくと捉えた28から29ページもおもしろい。)

文章は「中央ぞろえ」です。
きっと原文もそうなんでしょうね。
バートンが、文章の配置にこだわっていたことが、
(『ヴァージニア・リー・バートン 『ちいさいおうち』の作者の素顔』で書かれていたけれど)
実感できました。
長い文章に絵をつけた『ビュンビュンきしゃをぬく』では、たしかにこの手腕は発揮できなかったかも…。
(『はだかの王さま』だって、バートン作のお話じゃないけれど。(テキストはアンデルセンのままなのかな?))


乾さんの解説にもあるように、この王さまは、
「少しおばかさんぐらいです」(中略)「心やさしく、みえっばりではあっても」(中略)「ほんとうはいい王さまなのです。」

そうですね。
この王さま、好きですね。

また、家々が『ちいさいおうち』でのように表情があるように見えるのが面白い。
うわさばなしをしているようだし、また、お口をあんぐりあけて、驚いて、呆然としてパレードを見送っています。

46から47ページのページだけ、なんだか色がにじんでいるように見えるんですけど、何故でしょう。
つるつるの紙に印刷しているのかな?と思ったけど、よくみても他の紙と変わりないようですが。

↑このページのトップヘ