ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

指輪物語・トールキン関係

今日は、Tolkien Writing Dayの企画に参加させていただき、この記事を書いています。

トールキンアドベントカレンダー2017 バナー この記事は、トールキン Advent Calendar 2017の23日目の記事です。


今回は、トールキンそのものについてのテーマは書くことができませんでした。

主催者様のご厚意により、直接トールキンと関係なくても、トールキンの世界を知りたい深めたいという趣旨であれば可能というお言葉をいただき、今期自分なりに気づいたことを記したいと思います。

そもそもの発端は、ツイッターでゴラムの絵を描いたこと。

「バキンズ」の題目にそって絵を考えていた時、ふと【ビルボの情け】の場面の叫ぶゴラムの絵にしようとしました。あの場面のセリフはどうだったか。本を確かめてみます。

「どろぼう、どろぼう、どろぼうう! バギンズめ!にくむ、にくむ、いつまでも、にくむう!」

原書も見てみます。

「Thief, thief, thief! Baggins! We hates it, we hates it, we hates it forever!」※※

原書の記述で最初に思ったことは、

【「どろぼうう」「にくむう」といったような書き方はされていないんだな。シンプル。】

といったことでした。

ところがふと、気づきます。

疑問点について

【ん? We hates って、何か変じゃない…?
 Weだから、sはつかないはずでは…。
 We hate じゃないのかな…?】

【sがつくということは、もしかしたら、「my preciouss」とかよく言うのと同じように、sss…と、なまってるのかな…?】

それにもう一つ。

I ではなくて、We なのは、 「わしら」だから、わかる。ゴラムはよく「わしら」という。 だからWeになるのだろう。だが、hate you ではなくて、hate it なのは…?
「おまえ」がにくい、んじゃなくて、 “Baggins”というもの、がにくいのだろうか…?】

そういえばゴラムはよく「my precious」といいますね? I ではなくてWeなのに、「わしら」なのに、「our precious」ではないのだろうか? その言い方はあまり聞かないような…。 いつも「my preciouss」と聞くような気がする。 なぜだろう?

今まで深くゴラムの言葉づかいを英語で考えたことはありませんでした。「いとしいしと」「my preciouss」と言うのだろうな、程度は分かっていましたが、それ以上は必要な時必要な個所を考えてみる程度です。

私たちの、はourだったよな?とか、 He She Weの場合の活用形は…など、とても久しぶりで思い出しました。

その時、ツイッターで相互フォローしていただいている
Koheluin (@Koheluin) さんが、ツイートしてくださいました。

さっそく答えをだしてくださりありがとうございます

やはり、ゴラム(ゴクリ)独自の言葉づかいからという意味みたいです。

改めて英文を見てみますと、「sss」 と言ったり、「is」を「iss」と言ったりしているもよう。

そこで、ひらめきました

【そうか! もしhateなら、瀬田さんは「にくむう」とはしなかったのかも…!】

【そうだ、きっと、だから、 「どろぼうう」「にくむう」なんだ!】

(と、その時、感じました!)

ゴクリの言葉づかいがああだから、それが訳に反映されてるんだ!。「thief」は単語として間違ったり言いよどんだりしていないにもかかわらず、「どろぼうう」としているのは、ゴラム独特の言葉づかいがあったから。この文章のみならずゴラムの人物描写を反映した今までのセリフも全部集約してのことなのだろうな、と感じました。

また、「it」についても、詳しく他の部分の英文を見れていませんが、他の部分でもゴラム独特の語法と見ることができそうです。

なので、先に書いた、
【「おまえ」がにくい、んじゃなくて、 “Baggins”というもの、がにくいのだろうか…?】
というのは考えすぎかもしれない、と思っていると…。

Koheluinさんの 「it 」についての考察をこちらに…

お、ゴラムの人格を裏付ける独特語法、というのみならず、ビルボを「it」として「食料」として見ているかもというご意見から、なんだか賛同して下さったかのように感じてしまいました 嬉しかったです。

さて、つらつら書きましたが、未熟ながらここに英語の原書のゴラムの言葉づかいを少し見ることができ、そこには彼の人物像が表れているのだな、ということを発見した次第です。そしてそれを的確に翻訳した瀬田貞二さんの技量に唸らされたことをここに記して、この記事を締めくくりたいと思います。

(最後にひとつ気づいたのは、『The Hobbit』 では何度か使われている「preciouss」 とsが2度続く言い方は、『The Lord of the Rings』ではあまり使われていないようですね? 少し不思議に思いました)


トールキン, J.R.R.『ホビットの冒険』. 瀬田貞二訳. 1979年10月23日第1刷発行 2000年8月18日新版第1刷 2012年11月15日新版第20刷. (p.177). 岩波書店(岩波少年文庫・上巻).

※※ Tolkien, J.R.R. The Hobbit or There and back again. 1999. (p.83). HarperCollins Publishers. Paperback edition.


謝辞

今回の投稿に際し、ご助言ご協力を賜り、また、転載・ツイート埋め込みの許可をくださいました
Koheluin様に、深く御礼申し上げます。この投稿はご協力があってはじめてできたものです。

また、Tolkien Writing Dayとトールキンアドベントカレンダーの主催者である
Sayawen様に、この機会を与えてくださったこと、投稿に関してご助言賜りましたこと、深く御礼申し上げます。

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 に出てきたピアノに、「HENRY TOLKIEN」とロゴが入っていたこと、ご存知ですか?

私も驚いたのですが、トールキン関係を検索していたとき、知りました。えっ、ドラマにそんなピアノが…と、土曜日にある1週間分の再放送で確認してみますと…。

第2回の再放送確認したら、長女のゆりがピアノを弾いている場面のロゴが確認できました! なぜか「H」のところがなにやら四角くなっているのですが、 「HENRY TOLKIEN」 と書いてあると思っていいですよね? 

ドラマ「べっぴんさん」からピアノの画像  ドラマ「べっぴんさん」からピアノの画像 拡大

こちらのサイトにある、ロゴと同じようですね。
参考サイト:London Street Viewsのサイトより

(参考:ヘンリー・トールキン印のピアノの修復をしているYouTubeありました。)

さっそく、ヘンリー・トールキンについて調べてみますと…。

参考サイト:れごらっせさまの、「緑の葉の森」のサイトから

こちらに、イギリスの国税調査のサイトからの情報、トールキン家と音楽との関係などが書かれています。
「緑の葉の森」トップページはこちら

上記のサイトさんで、トールキンのおじいさんがピアノ製造業のお仕事をしていたこと、また親戚の何人かが音楽関係の職業だったことについて書いておいでですが、その中にヘンリー・トールキンという人がいるそうです。

ドラマに出てきたのがHenry Tolkienのピアノなら、トールキンの親戚というか、祖先につながるピアノ職人の人なのでしょうか。 そのピアノがなぜ朝ドラに出てくることになったのでしょうか? ヘンリー・トールキン印のピアノとは、有名なのでしょうか? 私は聞いたことがなかったです。朝ドラに出た設定とすれば、戦前日本に輸入されていたのでしょうか?

そう、ふと、思いが浮かびました。(私、最近、トールキンとピアノのことについてどこかで読んだ覚えがある…。)

そうです。こちら一つ前の記事に挙げております、デアゴスティーニの「週刊100人」

ここに書いてあった事を思い出し、その偶然に驚きます。興味深いことが書かれています。

トールキンの父の妹「グレイスおばさん」「トールキン家の伝説」を語るのを十八番にしており、トールキンという名前の由来を語っている。

おばさんによると、トールキン家の祖先は神聖ローマ帝国、フランスで「向こう見ず」という意味の綽名で呼ばれた。「ハープシコードの演奏家」がイギリスへ渡ったとき、その綽名をのこし「トールキン」と名乗った。

「トールキン家の人間には、話をロマンチックに色づけする性質があった」ためそれらの話に信憑性はないけれど、 「トールキンの祖父はピアノ製造業を営んでいた」から、「グレイスおばさんのいう「ハープシコードの演奏家」とは由縁がありそうだ。」とのこと。
(「」内は引用

そういうわけで、トールキンの祖先には、やはりピアノ関係の人が続いていたのでしょうか。 たとえ遠い親戚でも、ヘンリー・トールキン印のピアノがあって、トールキンにつながっている、それがどういうわけかドラマに使われて映ったのかと思うとワクワクします。

そして、グレイスおばさんのような、「ストーリーテラー」が家系にいて、その血や性質がトールキンにまで続いてきたのだ、と思ったとき、感動を覚えるとともに、ホビット族みたいだな(笑)と思いました。


今日は、Tolkien Writing Dayの企画に参加させていただき、この記事を書いています。

選択テーマは自由テーマを選びました。トールキンと直に関係があるわけではないのですが…。単純にトールキン家のピアノが朝ドラに映った驚きと嬉しさ、それとピアノや音楽を通じてトールキン家共通の職業があったこと、また、トールキン家に受け継がれている想像力とロマンの力をくみ取ることができた出来事として、ご容赦いだたけますと幸いです。


参考文献:『週刊100人 歴史は彼らによってつくられた No.063 J・R・R・トールキン』 デアゴスティーニ・ジャパン 2004年8月31日発行

引用:上記参考文献 7ページ

今日は、トールキン関連の本を紹介します。

紹介といっても、トールキンに興味があっていろいろ調べていらっしゃるかたは、もう日本で出版されている本はご存知かと思います。かといって絶版になっているレアな本を紹介しても、なかなか手に入れられないのはもどかしいですね。

関連本はいろいろ持っているのですが、積読本が多く、もっと読んでおいて知識がたくさんあればどんなにかよかっただろうと、今日この日を迎えながら思う次第です。

今日9月22日は、ビルボとフロドの誕生日とされていますね。

この日にあたり、2冊チョイスしました。1冊はどなたにもこの世界にひたって頂ける本、2冊目はもう絶版でレアですが、トールキンについてコンパクトにぎゅっと説明してくれる本です。


さて、まず1冊目をご紹介します。

『指輪物語「中つ国」のうた』 評論社 2004年2月初版

指輪物語 中つ国のうた の本

『指輪物語』の中には、たくさんの詩が出てきます。けれど、単独で読んでいても、わからない言葉や意味がたくさんあるのですね。その詩を取り出し、解説を加え、背景などを説明したものが、この本です。

アラン・リーの挿絵もついていて、眺めているだけでも美しい本です。

帯には、こう、評論社編集部による言葉が書かれています。

「『指輪物語』の読後、もう少し「中つ国」をさまよっていたい読者に、そして本編は長大すぎるとためらっている未読者に捧げる。」

まさに、これから『指輪物語』を読んでみたいと思っているかたにも、もうファンであられるかたにも、楽しんで頂ける本ではないかと思います。


2冊目です。

『週刊100人 歴史は彼らによってつくられた No.063 J・R・R・トールキン』 デアゴスティーニ・ジャパン 2004年8月

週刊100人 63号のムック本

週刊○○ で有名なデアゴスティーニからの、ムック本というのでしょうか。歴史をつくった100人の中にトールキンが入っているなんて、嬉しいではありませんか。(ちなみに、次の号はジャンヌ・ダルクです。) 誇らしい気分です。

その生涯についてのこと、言語や神話への興味、友人たちとの交流、出版にいたる道など、トールキンファンならご存知のことが書かれていますし、今はいろいろサイトなどで調べられるので目新しいものではないかもしれません。間違いなどがあるのかないのかも、私にはわかりません(一か所、誤植をみつけました)。ですが、きれいに写真が配置され脇にコラムなども入って組みたてられ1冊にまとまっているのを見ると楽しいです。古本で見つけられたら、ぜひお手にとってください。

内容について、気づきがあったこと。

ボロミアの角笛のシーンは、『ローランの歌』の角笛のシーンと、やはり重なるところがあるのですね!

『ローランの歌』を読んだ時、ボロミアの事を思い出したのと、「角笛を吹くと、助けがくる」というのは、ロビン・フッドの物語でもあるようだし、『カルル大帝伝』では角笛の超自然的な力、「角笛を吹くと、敵が恐怖にかられる」というモチーフもあるので、これはヘルムの角笛と通じるのでは、と思っていました。

過去の、『ローランの歌』の読書感想へ

テオドシウス1世の逸話が、指輪物語の源泉のひとつになっている、ということは知りませんでした。

「後世への余波」のページで展開される、「エブリディ・マジック」、「ハイ・ファンタジー」、「ヤングアダルト文学」についてのテーマは、興味深かったです。


今日は、Tolkien Writing Dayの企画に参加させていただき、この記事を書いています。

選択テーマは「おすすめ関連書籍の紹介」を選びました。

また機会がありましたら、今度は児童文学研究の中でトールキンが取り上げられているような本をご紹介できたらと思います。

指輪物語とオシァンの類似点についての私的考察 前編 に続き、後編です。

トールキンとオシァンについて、本題です。

この『オシァン』には、慕う男性を追い、武具を身にまとう女性が何人も出てきます。

そして、兜や武具が外れたり、女性だと気づかないので弱弱しいと非難されたりして武具をはぎ取られたりといったことがあり、そのことによって、女性だと明らかになる、という場面がたびたび描かれます。

このモチーフは、指輪物語のエオウィンを思い起こさせます。エオウィンの原点、ということを考えることは可能でしょうか?

また、息子が親より先に死ぬ、ということも、共通項として見ることができそうです。

トールキンは、オシァンから何かヒントを得た可能性はあるでしょうか?

トールキンほど伝説に詳しい人がオシァンを知らなかったということはないと考えられますが。このようなモチーフは他の神話や伝説にも見られるのか、オシァンはその一部にすぎないのか。オシァンは偽作疑惑もあったからトールキンは無視だったのか。

実はこのモチーフに思い至った時、トールキンがオシァンを読んでいたかどうかもわからず、とても稚拙なことを言っているのかもしれないと、発表するのが恥ずかしく、ためらわれました。

もちろん、今でも、なにかヒントがあればどうぞご教示ください。

ただ、その当時、ネットで相当調べましたが、このことに言及している人はいませんでした。誰もトールキンとオシァンについて、書いていなかったのです。

トールキンや神話ファンからしたら馬鹿げたことかもしれないと思いつつも、思い切ってホームページで記事にしました。それは、少し誇らしいことでもありました。

そののち、脇明子さんの『魔法ファンタジーの世界』(岩波新書)という本を読みましたところ、なんと、オシァンのこと、しかも武具の女性のモチーフ、トールキンが読んでいたのかも、ということが書かれているではありませんか!

脇さんほど有名なかたが、私と同じことを言っている。それは安心感を与えてくれました。まるっきり見当違いのことを言っていたわけではないのだとわかり、ほっとしました。

その反面、私のホームページを、考察を、読んでおられた可能性はないのだろうか……とも思いました。

もしそうなら、参考サイトとして挙げて頂きたかったな……と思います。

今回、男装の女性のモチーフを用いて、指輪物語について語りました。しかし、トールキンの世界とオシァンが似ているとすれば、それはそのような個々のモチーフだけではなく、その底流に流れている物語感というか、そういうところに共通点を感じることもできると思います。

ベオウルフの影響が、トールキン世界に見られますね。それは、グレンデルとゴラム、ローハンの国やエドラスの館の描写が影響を受けている、というような個々のことだけではないように思われます。

トールキンはベオウルフが好きだった。

前編で、指輪物語が好きな人ならオシァンも好きになるでしょう、と書きました。ベオウルフ然りです。私も感じたし、脇さんも書いているように、ベオウルフ、オシァン、指輪物語は同じ系列といってよいでしょうか、そんな雰囲気を感じます。アイルランドのフィアンナ騎士団のフィンやオシーンではないのです。

フィリップ・プルマンは、トールキンを批判したそうですが(彼はC.S.ルイスも批判していますが……)、ベオウルフもオシァンも指輪物語も、不思議な魔法要素やロマンス的なものは少なく(オシァンには男性を慕う女性が多くいますが、恋愛が主点ではなく、淡々と話が進む中によりいっそう女性の美しさが際立っていると思います)、風の吹く荒野のような力強い味わい、そこに魅力が感じられる向きもあるのではないでしょうか。恋愛や人間成長を見て苦しみや喜びに生きるひとりの人物を描き切るのではなく、大きな時代の流れの中にある歴史のようなもの。

脇さんが、C.S.ルイスと同系列に例えたケルト神話の不思議な魔法要素や千一夜物語の「きらびやかさ」。そこと対極にあるとまでは、私は断定できませんが(ナルニア国物語全部読んでいない)、少なくとも、ルイスを除いたら、その意味はよく分かります。やはりベオウルフ、オシァン、トールキン世界は似ていると思ったからです

皆さんは『オシァン』を知っていますか?

ざっくり言いますと、スコットランドシェイマス・マクヴーリッヒ(ジェイムズ・マクファソン)という人が、古代の詩を集め発表したもの、でしょうか。

スコットランドはモールヴェンの国。その王であるフィンガルと、息子オシァン。勇壮な武人たち。彼らの周りで起こった数々の戦い、その武功や、男たちを慕う美しい娘たちを歌っています。

フィンガル王亡き後、オシァンは高齢まで生きたとされていますが、亡き息子のオスカルの許嫁マルヴィーナに語った一族の物語をマルヴィーナが後世に残した、とされているものがこの叙事詩というわけです。

オシァンの本 岩波文庫 元はゲール語で書かれたとされるものを、英訳して出版されたことがきっかけとなり、一大ブームを巻き起こしロマン主義に大きな影響を与えました。

ナポレオンもゲーテもたいへんに傾倒しました。メンデルスゾーンも影響を受けたものでしょうか? 「フィンガルの洞くつ」という曲を書いています。

今日は、トールキンアドヴェントの企画に参加させていただき、この記事を書いています。

しかし、オシァンを少しは読み返したものの、全部は読めません。過去の事ですので、思い違いありましたら、ご容赦の程お願い致します。詳しい内容につきましては、過去の、オシァンの読書感想をお読みください。

荒々しく吹きすさぶ風、青く閃く剣を携えた武者たち。盾の盛り上げ飾りを叩いては敵を追い詰め、また敗れ去ります。名誉を重んじ、歌に歌われることを望んで戦いに赴いてゆきます。彼らを慕う娘たちは、死して石積みの下に葬られた若者を思い涙にくれる。

この雰囲気、ロマンに満ちた叙事詩は、心を引き付けるものがありました。

指輪物語が好きなかたなら、きっと気に入って頂けると思います。ベオウルフにも似た雰囲気がありますね。「わびさび」とでもいうような無常感があるように感じました。ちょっと「荒城の月」の歌など思い出したりしています。

アイルランドにも、フィンと、オシーンの伝説があります。しかし、話も異なりますし雰囲気は全くちがいます。こちらは、ケルト神話の中のフィアンナ騎士団の話です。ローズマリ・サトクリフはこの神話を再話した『ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックール』を書いています。

実は、マクファソンの『オシァン』には、偽作疑惑という議論が沸き起こった経緯があります。詳しいことはここでは省き、上記に挙げた過去の読書感想をご覧ください。

アイルランドにあるオシーン伝説を持ってきたのではないかという説は、フィアンナ騎士団の話が異なる様相を持っていることからして、無理があるような気もします。

ウィキペディアのオシァンの項 を見ると、かなりアイルランドのものを持ってきたという書き方をされていますね。かつてはここまで断定されてはいなかったようにも思いますが。

岩波文庫の、中村徳三郎氏のあとがきを読みますと、訳されたご本人ということ、時代が昔、ということで当たり前ですが、偽作説には反対の立場をとられています。真偽のほどはともかくとして、このあとがきだけでも読む価値ありです。とても美しい話がここに展開されていることが伝わってきます。

長いので、後編に分けます。

↑このページのトップヘ