ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

指輪物語・トールキン関係



こういう映画のパネルもありましたが、日が入ってうまく映せませんでした。
へにゃけた画像になってますが、いくつか…。
 


ポップパネルです~。
以前映画館でうまく映せなかったものも、ここにありましたが、ん、ゴラムのがないね。
 



私はここにいるホビットが、ビルボのマーティン・フリーマンさんだとは見えない。。ロード・オブ・ザ・リングのメリー(ドミニク・モナハンさん)に似ているようにみえてしまいます。
 




あいかわらず、エルロンド様、すてき(*^_^*)
 

 
 



あ、これこれ。以前言ってたビルボとドワーフが楽しそうなやつ
映画じゃ、おしかけるドワーフにてんてこ舞いで、とてもこんなに笑って中に入ってなかったようだけど。
ガンダルフの表情がいいんです。
キーリの笑顔がさわやか~。

あっ、公式サイトの壁紙ジェネレーターのところにある画像、この構図と違う!
キーリは立ってジョッキを持ってる! あとは同じみたいなのに。

 
 

 



キーリ(一番右前の人ね)かっこいい{/ハート/}
(しかしひとりひとりのポスターみてたら、フィーリがすごく素敵で)
(ボフールもすきです)

しっかし、この登っていく構図よ。すごいね…。

 




ガンダルフのパネルがここにも。
 



マントを着て、青い色のつらぬき丸(のおもちゃ)を持って、写真が撮れます。
子どもさんがスタッフの人に勧められていましたが、
大人の私でも着せてもらえました。
ガンダルフと写るのに、青い剣(剣が青くなるとオークが近くにいる証拠)を振りかざしてどうするんだ…
(ガンダルフと共に戦っていると思えばよいのね)、
単純に嬉しかった。
 



ガンダルフのボードを横からみたところ。
 



後ろからみたところ。パネル展のポスターがずらり。
 



予告が流れているテレビ。
  



自由・自治都市堺の紹介、伝統産業、姉妹都市ウェリントン
 



映画の登場人物
 



映画の紹介、仮想姉妹都市に至った経緯、ピーター・ジャクソンの言葉。

えー、もう半年以上前になりますが、やっとちょびちょびアップいたしかけまする。
「堺市×ホビット庄 仮想姉妹都市提携記念 パネル展」なるものがございましてな、
粋なことをやってくれるでござるなあ。

そっか、堺市とウェリントン市って、姉妹都市なんですね。
そこから、いろいろと自由都市堺と、ホビット庄がどうとかこうとか、で、仮想姉妹都市になった次第みたいです。

詳しくは↓
(参考サイト:堺市のサイトより、「堺市と「ホビット庄」が仮想姉妹都市提携を締結」のページ

 
で、わたくしめはそれに行ってきたのの写真をアップしていきたいと思っているのです。

市役所の高層階、展望ロビーと、堺伝統産業会館 というところの2会場をスタンプラリーでめぐるという催し。


 

まずは市役所の階下の案内板。

 

 

展望階に上がったところの受付、っていうか、特になにも見せなくてよかったようだけど(無料だし)
パネル展のポスターや、スタンプラリーの用紙や、映画のチラシなどがある。

スタンプラリーの投入箱が、「ホビット」らしく、芝色に緑で包まれているのがなにやら微笑ましい。
 



スタンプの横には、マスコミ用プレスシートでござろうか?
もう忘れてしまったが、映画のことが書いてあるカラーの冊子と、
ばらけているファイルの方は、ドワーフたち登場人物のキャラクター設定だったような記憶がある。
写真撮ったらわるいかなあ…とか思って、見るだけにとどめたでござる。

 
 

机の上にあった「Sakaist」なる冊子。ちゃあんとホビットの記事もでていました。
 

まだまだ、アップしたのは少しです。先まだ載せる予定です。

過去の出来事より。

12月のおでかけ。
ホビットのポスター、追加記事。
 


こんなキャンペーンのポスターもありました。


日本限定版のポスター、ようやく貼られている。


こちらのほうが、わかりやすいか。


こんなのも、みつけました。

↑このページのトップヘ