ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

石井桃子さん関連

「すえっこOちゃん」
エディス=ウンネルスタッド 作/ルイス=スロボドキン 画/
石井桃子 訳
フェリシモ出版



『ムッドレのくびかざり』『マツの木の王子』につづき、フェリシモ出版の本から。
訳は石井桃子さんです。

絵のスロボドキンは、名前は聞いたことがあるけれど、
他ではまだ絵を見たことがないように思う。

スウェーデンに住む、ピップ=ラルソン家のきょうだい7人のすえっこのOちゃん
まだ小さいんですよ。五つ。
本当の名前は、オフェリア。だけどただO(オー)ちゃんと呼ばれています。
他のお姉さん、お兄さんも、シェークスピア劇に出てくるという名前、
例えばデズデモーナなんていう名前を持っていますが、普段はデッシと呼ばれてます。
デッシ姉さんはもう十九で、Oちゃんの世話もしてくれます。

Oちゃんが巻き起こす騒動や、普段の生活の中で末っ子の小さい子が味わう気持ちが、
明るいタッチで描かれます。
国や生活、兄弟の数や文化は違っても、木にのぼったOちゃんの気持ちなんか、よくわかりますね。


無邪気で、しかしおそるべし、Oちゃん。
「いやはや!」(p.46)
「Oちゃんにもおそれいった……」(p.47)

リンドキストさんの声が、聞こえてきそうです。

Oちゃんのリボンをたくさん頭につけたラッセ兄さん、好きなアグネータがユーモアがわかってよかったね。
『カルメンシータの歌』を一緒に演奏してくれた先生。
子犬を飼うようになったわけ。
おたふくかぜと、冷たいアイスクリーム。

ほほえましく、どこか懐かしい、エピソードの数かずです。

学校の卒業試験の日に、飾り付けた馬車などで祝うところは、スウェーデンの風習に驚きました。

「訳者あとがき」によりますと、
以前、学習研究社からでていた本の復刻です。
下村隆一さんというかたとの、共訳でした。

下村さんはスウェーデン語から、石井さんは、当時イギリスで出版されていた英訳のものから、邦訳をすすめていたそうですが、下村さんは最後の章を残して、お亡くなりになりました。

石井さんは、最後の章を英訳から
「痛恨の思いで」(p.210)
訳されたそうです。
復刊にあたり、2002年現在、下村さんのご遺族とは連絡が取れていないようでした…。
編集部からは、「ご連絡いただきたい」旨が記されていましたが、どうなったのでしょうか…。


(追記)
奥付の原書の表記を見ると、
原題が「PIP-LARSSONS LILLA O」となっています。
こちらが、スウェーデン語の題名で、
表紙などに「LITTLE O」とあるのは、英訳のほうの題名でしょうか?

「LILLA」って、「小さい」のことでしょうか。
ベスコフの『ちいさな ちいさな おばあちゃん』の原題も、LILLA って入っていました。
(参考:HPの、『ちいさな ちいさな おばあちゃん』の表記

朝日新聞2009年3月24日付の「わが家のミカタ」コーナー。
最終回の記事です。
家を買ったり売ったり、引っ越したりするときの、ノウハウや知識を書いているコーナーで、
普段は本のことなんか関係ありません。

でも、今回、このコーナーに、
バージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』(邦訳:石井桃子さん)のことが載っていました!
バートンさんの写真や、自宅の写真も載っていました。

『ちいさいおうち』は、バートン自身が自宅を移築したことをヒントにしているそうなのですが、
日本で2007年、ある家を、頼まれて東京から秋田に移築した建築家の人が、
子どもの頃母からもらった本のことを思い出します。
その本が、バートンの『ちいさいおうち』だったという。

また、この建築家の人は、最初にこの家を作った建築家のお孫さんだそうです。
つながっているんですね。

最近、『ちいさいおうち』の絵本、
移築した建築家のお母様から、お家の持ち主の人に贈られたそうです。




「あまがさ」
やしま・たろう
福音館書店



絵本です。
有名な絵本なのでいつかと思っていた。
目についたので読んでみました。

ハリウッドの俳優のマコ岩松さんのお父さん。
マコさんのインタビュー記事かなにかで知って、びっくりしました。
って、絵本は読んだことなかったんだけど。

雨を待ちわびる幼い子の気持ちが、よく描かれていると思う。

大人になったモモの絵も、そうだけど、
切れ長の目が特徴的に思う。
日本人てこんなにすっとした目かな、って気になってしまうんだけど…。

大人になったモモが、おぼえていないっていうところは、
なんか、ショックだった。

はじめて傘を差した日、というのはよくわかって、
そこまでだとまあありがちかな、と思うけど、
最後がいいですね。



石井桃子さんの『児童文学の旅』で、
やしまさん夫婦のことが書いてあったのを思い出し、そこだけ読みかえしてみた。

石井さんが(原文で?)、「烏太郎」を読んだときの評価の高さに比べて、「あまがさ」ストーリー性についてのこと。
やしまさんと7年ぶりで会ったとき、絵本の話ばかりして、「あまがさ」についてねちねちとたたみかけられると、「烏太郎」に匹敵するような気がしてきたけど、
お別れしてから考えるとまた自分の考え…ということを読んでいて、石井さんの書き方がとても面白く感じた。

ねちねちって別に悪い意味じゃないんですよ。
きっと、やしまさん、熱心に話したんだろうなあ…とか。石井さんには石井さんの譲れないところがあったみたいだし。やしまさんは絵、石井さんは文、にこだわりがあったみたいなことを石井さんは書いていました。

「児童文学の旅」
石井桃子
岩波書店



雑誌「ミセス」2008年3月号 特集「石井桃子の宇宙」
から知ったんだったか、石井さんの『児童文学の旅』の本、読みたいと思って、達せられました。
読むのも長いことかかったし、なかなか感想を書けず、きちんとした書評になりません。

人もたくさんでてきて、名前もなかなか把握して読みすすめられません。

とにかく、読み応えがあって、石井さんて、すごい人だなと圧倒されます。

1950年代に船でアメリカへ留学。
それをはじめとして、何度も、海外へ。
児童文学にかかわる人、図書館員、作家さん、さまさまな人との交流。

『児童文学論』(参考:HPの『児童文学論』の感想)の、リリアン・H・スミスさんともたいそう仲が良くて、
その他有名な人たちともすぐ仲良くなってしまうみたいに思えて、
なんてすごいんだろうと思います。


『ミセス』に載っていた、トロント公共図書館の「少年少女の家」の書架じゃないか、って言っていた写真も載っていました!
「「少年少女の家」提供」(p.107)
と書いています。
同じく少年少女の家の「オズボーン・コレクション室」にての写真もありました(p.332)

老いたスミスさんのそばにいながら、
おかしなエピソードを「児童文学論」の共訳者の瀬田貞二さんと渡辺茂男さんに話そうと思っていたいたとあり、しかし、
「お話するまえに瀬田さんは亡くなった。」(p.339)
と書いてあって、しんみりしてしまいました。

たくさんの、児童文学ゆかりの地も訪れています。
心にとまったこと、書きたいこともたくさんあるのですが、まとまりません。
どうぞ、ぜひ、機会があったら、この本読んでみてください。



(追記)
(参考記事:絵本「あまがさ」

「のうさぎのフルー」(カストールおじさんの動物物語2)
リダ 文/ロジャンコフスキー 絵/
いしいももこ・おおむらゆりこ 訳
福音館書店



『かわせみのマルタン』『くまのブウル』に続き、「ペール・カストールの画帖」より。

先の2冊は、童話館出版から復刊したもので、絵本のように大きな版になっていました。

今度は、以前の、福音館書店の版のほうで読みました。
本のサイズは童話館のものより小さいです。
(先の2冊は絵本のほうに入れましたけど、こちらは本に入れました。文章も多いような気がします。童話館のは「訳編」となっていたので、丸のままの文章ではないのでしょうか?)
また、こちらのほうは、石井桃子さんと大村百合子さん2人の共訳になっていたのですね。

フルーは、のうさぎ。
のうさぎのきまりは、あまりおかあさんうさぎが面倒をみないこと、だそう。
のうさぎの赤ん坊は、そのかわり、うまれながらに3つのおくりものをもらっています。
「かくれみのに、まほうのみみ、それと七里ぐつです。」(p.8)

「七里ぐつ」という言葉がいいなと思いました。

のうさぎの生態を描きながら、物語としても楽しかったり、ハラハラしたり。

野菜ばかりだけど、「フルーのこんだて」(p.19)の絵のおいしそうなこと。

「オードブル(ぜんさい)」は、「セロリ くきのまま」
「おもなごちそう」は、「ぬきたてかぶら」
「とりあわせサラダ」もあります。
「のみもの」は、「つゆ」ですって。
つゆの隣のガラス瓶の赤いものは何でしょうね?

写実的な絵も見ごたえがありますし、
フルーが走り回った跡が線で表されている、地図のような絵が面白い。

↑このページのトップヘ