ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

ドラゴン・竜関連

「アリス・イン・ワンダーランド」

2010年 アメリカ
原題 ALICE IN WONDERLAND
監督 ティム・バートン


「アリス・イン・ワンダーランド」、観てきました{/!!/}
字幕も見たいんですが…、今回は3Dの吹替になりました。

結論から言うと…、良かったです{/!!/}

帽子屋のマッドハッターが、とても良かったです。ジョニー・デップ良かった~。
風貌が奇抜すぎるのに、映画を観てみたら、
けっこう内省的というか、中身に深いものを持ってて、それが表情や演技に現れてて、
ジョニー・デップのマッドハッター、いいなあと思わされました。

ジャバウォッキーの姿をついに見た!!
あれがジャバウォッキーかあ。
本の『鏡の国のアリス』だと、確か「ジャバーウォック」だったと思うんだけど。
詩のタイトルが、「ジャバーウォッキー」で。
「ク」と「キー」はどういう意味があるの?

テニエルの絵のジャバーウォックはどんなかはっきり覚えてないけど、
剣を持ってる人の絵があって、
映画みたら、預言の書に出ている絵がそれに似ていた。
あっ、テニエルだ、と思った。

ヤマネは原作だと眠ってばかりいたような気がする。
映画だと、えらく勇ましい女の子のヤマネですね。
ナルニア国物語のリーピチープ(?) ちょっと入ってる?

ハートのジャック、ちょっとかっこいいなと思いました。
あの人、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のジョージの人{/!?/}

話の筋には、穴があるというか…、
ちょっと隙があるような気がします。
わからないところもあった。
ネタバレになるから多くは言えないけど…。
なぜお城でうろうろしてても全く見咎められないのか、とか…。
腕の傷から気づかれない…?

まあそれはおいといて…。

原作では、「首をはねろ!」とわめくのは、ハートの女王で、
赤の女王白の女王って、別にいるんですよね。
そのあたりは、ティム・バートンがいろいろ、ワールドをつくってるんだなと思いました。
白の女王、きれいでいい人かと思ってたけど(それはそうなんだけど…)、
動きとかちょっとびっくりした{/汗/}

アリスが小さくなってしまったとき、テーブルはもっと高いものだと思ってた。
映画をみたら、うまくやれば鍵に手がとどきそうだったから、あれっ、って。
でもよく考えたら、19歳になってて背が伸びたからかもしれない。


(追記)
2D字幕も観ました。

映画館でチラシをもらった中に、
「ヒックとドラゴン」というのがありました。

アニメというかCGみたいなのの映画です。
ドラゴンがでてくるのかと思ってチェックしてみました。



バイキングの少年と、敵であるはずのドラゴンとの交流、のような映画です。
監督は、「リロ&スティッチ」の監督さんらしくて、
うーん、「リロ&スティッチ」は、あんまり見たいとも思わないけど、
「ヒックとドラゴン」は、ドラゴンと、バイキングっていうのが興味あります。

夏に公開の予定ということです。

そして、これ、原作があるらしく、
小峰書店から出ているみたいです。



「バヤヤ」

1950年 チェコスロバキア
原題 BAJAJA
監督 イジー・トルンカ



「チェコの古代伝説」「真夏の夜の夢」
で見た、イジー・トルンカの人形アニメ映画です。

貧しい家の青年バヤヤ。年老いた父親と暮らしています。
貧しく、わびしい暮らしです。母親は出て行ったようです。
青年は、父をいたわっていますが、
あるとき、白い馬が現れて、呼ぶのです。
母だと告げた白馬は、幸せになりたければ、自分についてくるように言います。
父を残すのは心が痛みますが、言われたとおり、白馬に乗るバヤヤ。

吟遊詩人の姿をし、お城の前で歌います。
バルコニーには美しい三人の姫。
お城で暮らすことになったバヤヤですが、王さまには悩みがありました。
姫が成長したら、おそろしい竜のところへ行かせなければならないのです。

 
イジー・トルンカ。3つめともなると、その独特な雰囲気が少ししんどいかも…。
台詞が白馬の呼ぶ声といったような部分を除き、なかったり、
間の歌で情景を説明したり、雰囲気が暗かったり(「真夏の夜の夢」は楽しいところもありました)。

でも、とにかく、うごきや、その世界観は素晴らしいですね。
布がひるがえるようなさまがとても好きです。
少しずつ動かしているんでしょうか? ほんとに風でなびいているみたい。
騎士のマントや顔を覆う布が、赤くて、ひらめいている感じが、
とても騎士らしくて、うっとりしました。
そう動きは素早くはないので、竜(というより蛇みたいな感じ)
に切りつけるところは、電光石火のごとくではないけれど。

お姫さまは、動きも愛らしく、女性らしくて、素敵です。

さて、その騎士は誰でしょう。
心ひかれる末の姫です。

彼女はバヤヤがくれた花束を投げつけて、ひどい仕打ちをしてしまいますが、
長い耳の道化は、道化として、皆に馬鹿にされていますが、
彼は一番ものがよくわかっているように思えました。

「ね,うし,とら……十二支のはなし」
中国民話より
ドロシー・バン・ウォアコム 文/エロール・ル・カイン 絵/
へんみまさなお 訳/
ほるぷ出版



エロール・ル・カインの絵本、久しぶりです。
あんまりオリエンタルな絵本より西洋的なのが好きだし、
これはなかなか読もうとしてませんでした。

でも、こういう題材こそ、ル・カインの才能と魅力が発揮させるところですね。

これは、十二支の順番で、どうしてねずみが一番になったか、というお話。
うしと、一番の順番をあらそうんですけど、ねずみのほうが一枚うわてでした。
ちょっとずるい気もしますけどね。

動物たちの絵は、中国ふうな感じだけど(「りゅう」なんてまたすごくてね)、
私は馬って中国ふうな絵ではどんな感じかあまりわかってないのもあるし、
この馬はどこか、ユニコーンみたい、と思いました。(もちろん、つのはありませんけど)

しかし、ル・カインは、題材により、いろんな風味の絵がらを使い分けますね。
いろんな絵が描けて、独自性があり、異色な絵本作家さんですね。

「王女さまと火をはくりゅう」
イディス・ネズビット 作/猪熊葉子 訳
岩波書店(岩波ようねんぶんこ)



ラジオの「大人のためのイギリス児童文学」を聞いて
ネズビットの『宝探しの子どもたち』を読もうかと思ったんだけど、
まずはこちらにしました。
りゅうがでてくるみたいで、読みたかったし。
訳が猪熊葉子さんですし。

で、もう忘れていたのですが、これ、『ドラゴンがいっぱい!』の本に入っていた話でした。「火をふくドラゴン」という話だと思います。
(参考:HPの『ドラゴンがいっぱい!』の感想

ブタ飼いのエルフィン、という若者がでてくるのですが、
そのエルフィンという名前が気になってたことがあります。エルフみたいだし。
今回読んで、あれ、エルフィンって…、と。

今回のこの本はこの話ひとつだけです。
また訳の雰囲気が違います。

挿絵の影響もあるのでしょうが、こちらを読んでいて、
王女とエルフィンの愛はドラマティックだと思いました。

「熱い、熱い、熱い。でもエルフィンは、がけにつくまでけっして手をはなしませんでした。」(p.58)


りゅうのために海がお湯になって漁師のひげそりの湯になった、とか、ユーモアもあります。
王女さまは豚を守るためとはいえ、最後はちょっとドキっとするほど厳しい命令を出しますね。

↑このページのトップヘ