ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

「いとしのクレメンタイン」

1946年 アメリカ作品
監督 ジョン・フォード


「クレメンタイン」(雪山賛歌)の曲について、「春のワルツ」の記事で書きました。

その、「いとしのクレメンタイン」の曲が使われている映画ということを知り、見ました。

西部劇です。
保安官ワイアット・アープの、OK牧場の決闘、ということです。
でも、原題「My Darling Clementine」 が、あらわすように、
単なる決闘の西部劇ではなく、ヘンリー・フォンダ演じるワイアット・アープの、
ほのかな恋ごころを描いた、心にしみる映画です。

アープ兄弟は、牛を追いながら、旅をしています。
ワイアットは保安官をやめています。
でも、途中で立ち寄ったトゥームストーンの町は、荒れていました。
牛の番をしている弟ジェームズのところへ帰ると、
弟は殺され、牛は盗まれていました。
クラントン一家のしわざとにらんだワイアットは、
保安官の職を引き受け、トゥームストーンの町へ残るのでした。


「オー マイ ダーリン オー マイ ダーリン オー マイ ダーリン クレメンタイン」
日本での雪山賛歌のメロディにあてはまる、元の歌詞は、こうです。
クレメンタインは女性の名。
この歌が効果的に流れます。

ダンスの場面が好きです。
保安官はきれいに髪をととのえ(られて)コロンみたいなのまでふきつけられていました。
レディをエスコートして、ダンスをするワイアットの足の動きが、面白い。
微笑ましい場面です。

ひとつわからなかったのは、ワイアットがドク・ホリディを追っていったとき、
ドクはどうしてあんなに急いでいたのでしょう?

ワイアットが、バーテンのマックに、
「マック、恋をしたことがあるかい?」
と聞くと、マックが、
「バーテン一筋ですよ」
みたいなことを言う場面もいいですね。




韓国のドラマ「春のワルツ」をまとめて放送していましたね。
夜、オリンピックからチャンネルを回すと、放送していたので、ついつい、何回か見てました。
見てると、なかなか面白くて。
全部の回は見てないけれど、なんとなく、ストーリーは分かってきました。

そして、ピアノの曲で、バックに流れたりする曲が、なんか「雪山賛歌」に似ているなーと思っていました。
でも、全然雪山と関係ない場面だし、漁師さんと娘さんの歌詞のような感じだし。
不思議だなーと疑問に思っていました。
そして、違う曲なのに、メロディがそっくりなんじゃないかといぶかしげに思い込んでいました。

でも、そうじゃなかったんです。
これ、調べてみたら、NHKのサイトにもあったけど、「クレメンタイン」という曲が元にあるんですって。
日本では「雪山賛歌」として、日本の人がつけた歌詞で通っていると。

あっ、クレメンタインって聞いたことある。
世界の民謡、愛唱歌なんかのCDに入っているような気が。
「いとしのクレメンタイン」とか、タイトルよく聞く。
それがこの曲だったのかー。

韓国でも、知られている曲だったんですね。


(追記)
「いとしのクレメンタイン」の曲が効果的な、映画「荒野の決闘」を後日見る。

↑このページのトップヘ