「ゆきのひ」


加古里子 作・絵

福音館書店





「北陸スペシャル「絵本作家からのメッセージ」」の番組で、加古里子さんの絵本「ゆきのひ」を知り、読んでみました。



番組では、中嶋朋子さんが朗読していました。



加古さんの絵は、細部がおもしろいです。

文章にかかれている場面が、探すと、絵にでてくるんです。



せなかに雪がはいってべそをかいてる、えいちゃんのおにいさんの絵もあるし、

「かんじき」や、「ゆきたけ」がどんなものか、絵にちゃんと描かれています。



たのしいばかりではありません。

雪国の、きびしい現実。線路がうまったりします。

力を合わせて雪をのけたり、働きます。