「テッドがおばあちゃんを見つけた夜」
ペグ・ケレット 作/吉上恭太 訳/スカイエマ 絵
徳間書店





新刊紹介で見て、読みました。
スピーディで、余計なだらだらがないし、どうなるんだろう感もあって、よかったです。
展開は非日常的な事件が描かれるけど、テッドの心理的な部分が大きいと思います。

テッドはバスケが得意。
チームには、テッドになにかしらからんでくる奴がいて、テッドを悩ます。
でももっとテッドの気持ちを重くさせるのは、おばあちゃんがアルツハイマーになって、以前とまったく変わってしまったこと。
立派で、テッドの気持ちをよくわかってくれるおばあちゃんだったのに、
今では家で独りにしておくこともできなくなった。

はずかしいわけではないけれど、なぜか誕生日パーティの計画には、乗り気になれない。

 「ルースおばあちゃんは、病気になる前は、こんなふうじゃなかったのだ。だけど、それをみんなにちゃんとわかってもらうのは、むずかしい気がする。それに、おばあちゃんがむかし、どんなにすてきな人だったかを知らない友だちに、いまのおばあちゃんのすがたを見せるのは、おばあちゃんを裏切っているように思えた」(p.15-16)


ある日、町でおこった銀行強盗のニュースをきいた日、
テッドは男に車に乗せられて連れまわされてしまう。
独りで残されたおばあちゃんはどうなる? 自分自身の安全は…。
みんなは自分が行方不明だと気づいてくれているだろうか…?

新刊なので、あとは内緒です。

もう夜あけとかの時間かな?と思ったらまだそんなにたってなかったり、
ところどころひっかかるところもあるけど、
よかったです。
スカイエマさんの挿絵も好きです。

著者のペグ・ケレットさんの写真を見て、温厚そうなおばチャンの姿に、なんかひきつけられてしまいました。
いいひとそう(*^_^*)

本作が本邦初訳なそうなので、また他の作品も訳されるといいですね。