ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

ナニー・ホグロギアン

「リベックじいさんの なしの木」
テオドール・フォンターネ 文/ナニー・ホグロギアン 絵/藤本朝巳 訳
岩波書店






ホグロギアンの本、2冊目。

やさしいリベックじいさん。
なしの実をこどもたちにわけてあげます。

版画の絵が、味わい深いです。

「妖精の妻」の絵とはまた違うけど、
うっすら薄い青色が、画面にさーっとながれているのは、「妖精の妻」でも気づきました。
青い色と、黄土色。ホグロギアンで気づいた色です。
それと、夢見るような、たれ目(?)の瞳も、もしかしたら特徴的なのかな?

なしの実は、まるくなかった。
あたりまえだけど洋ナシのかたちでした。

寛容なじいさんの、息子は、しみったれなんですねぇ。
(この人は、つり目につり眉毛だわ。。。)

藤本さんの解説によりますと、これは、フォンターネという、ドイツの詩人の書いた、ハーフェルラントを舞台にした叙事詩なんだそうです。

「『ルッピン伯爵領とその周辺地域の民話伝承』を下敷きにして書かれ、」

とありました。

「バラッドや民話など、伝承文芸に親しんでいるホグロギアンの味わいのある版画が」


とありました。ホグロギアン、そうか、伝承にくわしいんですね。だから、「妖精の妻」の絵も手がけたのかな。

はじめは、アメリカから出版されたけど、ドイツ版が出たとき、編集したのは、
ベッティーナ・ヒューリマン
その名に、アッと、思いました。
この人の本読んだ。
(参考:HPのヒューリマン著『ヨーロッパの子どもの本』の感想
有名な編集者なんですね。

「彼女自身、ハーフェル川の近くで育ち、ホグロギアンが版画でこの作品を制作していることを知ると、すぐにドイツ語版を出すことを決めたそうです。」

とありました。

「妖精の妻」
バージニア=ハビランド/ノニー=ホグロジアン 画/八木田宜子 訳
学校図書



「世界のむかし話7 ギリシア」とあります。

ホグロジアン、って、ナニー・ホグロギアンという人と同じでしょうか?
たしか、ホグロギアンは、ジョージ・マクドナルドの『フォトジェン』の絵を描いているひとでしたか?

『フォトジェン』の本は読んでいないけれど、別訳(岩波少年文庫の『かるいお姫さま』のなかの、「昼の少年と夜の少女」)は読みました。
(参考:HPの『かるいお姫さま』の感想

この本は、落合恵子さんの、『絵本だいすき!』を見ていて、
気になった本や、作者を、チェックしていたとき、ホグロギアンの本をチェックしていて、その関係で知りました。
『絵本だいすき!』に載っていた、ホグロギアンの本が何だったのか…、そっちをもう忘れている…。

ギリシャの昔話、いままでギリシャの昔話というものがどんなのか、あまり意識したことはなかった。
読んでみたら、ギリシャにも、妖精のお話ってあるんですね。
美しい妖精、こういうの、アイルランドとか…イギリスのものみたいに思っていたふしがありました。
でも、ギリシャにもあるんですね。

美しい妖精に恋をした男の話(「妖精の妻」)、
あざらしの伝説の『海と島のマイリ』という絵本を思い出しました。
彼女は、自分の世界に帰っていってしまう。
(参考:HPの『海と島のマイリ』の感想

「父親を塩のように愛した王女」という話も入っていますが、このような話は、きいたことありますね。

↑このページのトップヘ