「ノーナさまのクリスマス」


トミー・デ・パオラ 作/ゆあさふみえ 訳

偕成社





2010年に読んだクリスマス絵本、3冊です。



この絵本は、「まほうつかいのノーナさま」シリーズの3番目、かな? 



「まほうつかいのノーナさま」シリーズは読んでみたいと思っていたけれど、『まほうつかいのノナばあさん』(ほるぷ出版)と関係あるのかな?



クリスマスをひかえ、大忙しのノーナさま。イブの夜、パーティをひらくのです。

のっぽのアンソニーは次から次に仕事を言いつけられ…。



でも、ノーナさまは、アンソニーが頼んでも、クリスマスの頃に魔法をつかおうとしません。




「クリスマスのころには、しぜんと まほうが はたらくものだからね。」(p.9)




トミー・デ・パオラの絵の、明るい色合い、赤の色がとても効いていて、きれいで楽しいです。

クリスマスの、すてきな魔法のおはなしです{/ピカピカ/}



余談ですが、干したタラは、外国でもたべるのですね。ここでは水を毎日変えてやわらかくし、シチューにするようでした。