ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

ミュージカル

「石丸幹二のシアターへようこそ」
っていうラジオがあるんですよ。


NHKFMなんですけど、私のところはFM入りづらくて、FMはあきらめてました。

でも、レ・ミゼラブル特集があるっていうんで、
FMでやった次の週に、50分の短縮バージョンが再放送、NHK第1であるというので、
聞きました。
レ・ミゼラブルの映画、見て来たんですよ。
良かったし、音楽とってもよかったんで、これ、聞きたかった。

よかったですよ~。

映画から、また舞台から、記念コンサートみたいなのから、音源聞かせてくれて。
また、1985年?に舞台になる前に、フランスで舞台になってて、
そのコンセプトアルバムからも1曲、聞かせてくれました。

石丸さんのトークもきけて、よかったですよ。

そしてそして、
また「児童文学が原作のミュージカル特集」というのも。
これはまた、児童文学、そしてミュージカルでしょー。聞きたくって。
ポケットラジオを持って、なんとかアンテナを伸ばして、聞きました。

だって、FMラジオのブログに、第1の再放送はない、ってかいてあるんだもの。
なんとか聴かなくちゃって。
でも、あとでみたら、ちゃんと来週あるみたい?ですよ。
短縮版だけど、再放送、興味あるひとは聞いて下さいね!!

ピーターパンに、秘密の花園でしょ。見てみたいわ。
マチルダ。こんなミュージカルあるの知らないわ。
劇団四季の「夢から醒めた夢」。オリバー。
いろんなのがきけました。

また、映画コーナーでは、ハリーポッターの、リリーのテーマ、っていうの、
これ、麻衣さんといって、久石譲さんの娘さんが歌っているんですってね!

「ハリーの不思議な世界」、この音楽聞きながら、あ、なんかこれ、ETのテーマに似ている。とかおもった。
えと、どちらもジョン・ウイリアムズでしたっけ? だから共通しているんだ~とか。

聴けてよかったです。

あー、ラジオを録音する機械がほしいなあ。



劇団四季のこどもミュージカル「嵐の中の子どもたち」

去年の暮れにTVで放送していました。



このミュージカルは、サウスオールの「ヒルズ・エンド」

ヘンリー・フィンターフェルトの「子どもだけの町」を原案にしていると知って、観たかったんです。




まず、「ヒルズ・エンド」を読んでからと思いました。



前半は「ヒルズ・エンド」、後半は「子どもだけの町」をメインにしたような感じかな。



ハミング・バード村は200年前に祖先の人が開拓してつくった村。

開拓記念の日、式典のために、村中がヒンメルの町へ出かけるのだけど、

子どもたちは二手に分かれてしまっている。

<山賊団>はちょっとはずれもの。ボブがひきいている。

ボブは、以前から噂されていた遺跡を発見したと言い、

それにケンがうそを言うなと文句をつける。



大人は、開拓記念の日の意味を良く考えるようにと言い渡し、

歴史の本を置いて、ヒンメルへ行ってしまいます。

残された子どもたちは遺跡をめざしますが…。



リーダー格のケンと、<山賊団>のボブは、

「ヒルズ・エンド」では、ポールとアドリアン、

「子どもだけの町」では、トーマスと血まみれオスカルにあたるのだろう。



女の子のフローラは、「ヒルズ・エンド」でのフランセス、

「子どもだけの町」でのマリアンネにあたるだろうけど、

きれいで優しいお嬢さんふうで、物分りがよく公正で、まるで歌のおねえさんのような爽やかさ。

どちらかというとマリアンネの方の印象かな。「子どもだけの町」はあまり覚えていないのだけど…。



足を痛くして、小屋に残る小さなビッキーは、「ヒルズ・エンド」での太った男の子ブッチ。



二つの原作を混ぜて、うまく作っていますね。


遺跡が、壁画ではなくて、遺跡になっていて、しかもエル・ドラドになっていたのでびっくりしました。




嵐の凄まじさ、混乱の心理は舞台では表しきれませんが、
そのあたりは、「子どもだけの町」の、助け合わねばという色を出してまとめていたように感じました。



ミュージカルは、映画はよく見るけれど、舞台のものはそんなに見ていない。

こどもミュージカルということもあるのか、台詞がとても大きな声ではっきりとゆっくりしているので、最初はびっくりしました。

(直接鑑賞ではなくてTVでということもあるかも。)



ボブが良かったです。歌がうまいし、ダンスも。

ジェロニモの役をしている人も、背が高くてかっこいいなと思いました。

<教授>のキャラクターも好きでした。


「オズの魔法使い」のお話を元にしたミュージカルの、映画化です。
(1978年アメリカ)

ミュージカルの「ウィズ」というのがあったのは知っていたけど、映画があるなんて、知らなかった。
しかも、マイケル・ジャクソンが出ているんですよ! 主役のドロシーは、ダイアナ・ロス

原作ではたしか、舞台は、カンザスでしたっけ?(竜巻がある)
こちらは、現代のニューヨークが舞台です。

ハーレムから出たこともなく過ごす、引っ込み思案で不安げなドロシー。

エムおばさんは、愛をもってドロシーを見守っているのですが、新しい世界へ出るように諭します。

犬のトトを追って、吹雪に吹かれたドロシーは、吹き飛ばされてオズの国へ。
知らずに悪い魔女の上に落下したために、マンチキンたちは大喜び。
マンチキンは落書きの中に封じ込められていました。
いかにも、現代風ですね。

知らない国、オズの国とはいっても、こちらもある意味ニューヨークでは?
落書きに閉じ込められたマンチキン、舞台となる地下鉄など。
エメラルドシティは、緑色のイルミネーションに彩られたビル群。

自分の土地から出たこともないドロシーの立場を表すとともに、
ドロシーの心の旅を表しているのかもしれないですね。

マイケル・ジャクソンは、かかし男の役です。
昔の「オズの魔法使」の映画では、かかしには藁がつまっていましたが、
こちらでは紙くずでした。紙くず(新聞)を引っ張り出しては、そこに書かれた名句を読みます。

気弱なライオンは、私は「オズの魔法使」のほうのが、めそめそしていてかわいくて好き。
あんな昔の映画なのに、着ぐるみもそんなにおかしくない。けっこうライオンに見える。

こちらは、キャストは黒人のひとたちばかりで、歌声がパワフル。
悪い魔女イーブリンの歌、「悪いニュースを持ってくるな」(?) とか、すごいですね。
あんまり「魔女」って感じはしませんでしたけど。

70年代の映画かあ。ダイアナ・ロスが服装がちょっと古っぽい感じ。
(あとの人は役柄の扮装なので、違和感ないけど)
見れてよかったです。



(追記)
本の『オズの魔法使い』読みました。

↑このページのトップヘ