ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

ロアルド・ダール

「一年中ワクワクしてた」
ロアルド・ダール/クェンティン・ブレイク 絵/久山太市 訳
評論社



『チョコレート工場の秘密』の、ロアルド・ダールです。

こちらの本は、本のお知り合いが読まれていた本で、
図書館でタイトルをみて、「あった!」と思ったら、訳が柳瀬尚紀さんじゃない。
旧版だろうか? 書庫に直されてしまわないうちに、読みたくなりました。

1月から12月までが、各章になっていて、
鳥の渡りや動植物の観察、子どもの頃のエピソードなどが
自然や季節の風景と共に描かれたエッセイ。

ひとつひとつ読んでいくと、
最初の章にある、ダールの机の上にあるというめずらしい品々を思い出した。

それにしても、外国の人は休暇には遠くへ行ったり、
いろんな体験を子どもの頃からしているな、と思わせられる。
自然のこともよく知っている。

ダールは、自然は好きだが、鳥でも、きらいな鳥は、そのずるがしこさを詳しく書いている。
(というより、ずるがしこいからきらいなのだが)

トチの実のゲーム、というのが、おもしろそうだ。
トチの実を乾燥させて、硬くするようだが、それを、ぶつけるのだろうか。


ウェールズにいくと、僧院があって、そこの修道士たちが沈黙を守っているのを見て、
「世の荒波に立ちむかうことを」(p.42)
しないように思い、人のためになるようなことをすればいいのに、と書いている。
そこを読んで、ひとつ感じたことは、
ダールが書いているところの僧院では、畑仕事をしているから外部の人と接触はできるようなので、どんな修道会かはわからないけれど、
祈りに専念する修道会もあるのではないかということ。

前面にでて活動する修道会もあるし、それを支える祈りの修道会もある。


クリスマスカードについて書いてあること中の、あることは、賛成…。
日本でいうと年賀状にもあてはまるかな。
(私は手作りはしないけど…(汗))

「チョコレート工場の秘密」
ロアルド・ダール 作/田村隆一 訳
評論社(てのり文庫)



旧版のほうで読みました。

ジョニー・デップの映画は見ました。
(参考:HPの、映画の感想

映画の、独特の雰囲気、奇抜な感じは、監督の独特なセンスなのかな、と思っていました。
でも、本を読んだら、(それは違うところもありましたが)ほとんど、ストーリーはそのままと思えました。
ワンカさんの年齢とか(キャラクターも)、ラストシーンや、砂糖の船の大きさなんか違うかな?とかそういうのはありましたが、
寝台が一つしかなくて、そこでお年寄りたちが寝ているとかは、本当に本でもそうだった。
だけど、それでも、なにか他のものを見たような感じ。そんなに独特に感じなかったんですよ。

それでもウンパ・ルンパ族が歌うところは、映画を思い出しました。

ワンカさんが皆の目の前に現れたときの絵が好き!

シルクハット干ブドウ色の燕尾服
山羊ひげをはやし、顔は明るく輝き、利口そうで、リスみたいにすばやいワンカさん!

ジョセフ・シンデルマンという人の挿絵みたいですね。(表紙の絵(てのり文庫)は、中の挿絵と絵がらが違うけれど…、誰でしょう?)

燕尾服のすそをひらめかせながら廊下を走って突進していくワンカさん、好き。
とても小さい人なんですね。

子どもたちの名前、
「バイオレット・ボールガード」の「ボールガード」って、バイオレットがボールみたいになることと関係あるのだろうか。
「マイク・テービー」の「テービー」って、テレビみたい。

「わたしには、子どももなければ、家族もない。となると、わたしが老いぼれて、足腰が立たなくなったとき、わたしにかわって、いったい、だれが、チョコレート工場を、経営するのです? 」(p.268)

このセリフにはじんときました。

↑このページのトップヘ