NHKのニュースを見ていたら、鳥取で「世界砂像フェスティバル」というのがあるそうで。

砂で、精巧な像が作られていました。

紹介されていた像は、カナダの伝説かなにかだそうで、
海の波がさかまく中にドラゴンのような姿があって、
カヌーというのか、舟に乗っている人のオールをかみちぎっていました。

ドラゴンのうろこが表現されていますね、みたいなことを記者の人が言っていました。

聞いていると、テーマは、「世界の童話」なんだそうです。
わ、いいな。

サイトを見てみました。


PR砂像(鳥取駅前)にも、ドラゴンの姿がちらりと見えます。

シンボル像や、小さな砂像にある、
イソップアンデルセングリムがテーマのお話、
白雪姫うさぎと亀ガリバーくらいなら知ってるけど、
選手権作品の中のは、知らないお話もたくさん。

「アボリジニの伝承」や、
ドイツの「ゴミ集め男」なんて、知らなかった。

作品の詳しいタイトルや説明は
「砂像展示ゾーン」のページに詳しく載っていますよ。
(会期が終わったら、サイトも閉じられちゃうのかな。)


そして、もう選手権の結果発表がされていました!
最初にニュースでみた、カナダの、「湖の怪物・オゴポゴの伝説」が2位に入っていました!