ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

佐竹美保

「クリスマス物語」


マルコ・レイノ 著/末延弘子 訳/佐竹美保 絵

講談社





図書館、北欧の本が何冊かあるのに気づいて。



新しいこの本を選んでみた。絵が佐竹さんだ。



クリスマス、サンタクロースがプレゼントを配る。

その伝説にひかれた作者が、地方によって異なる伝説にぶつかるうち、内なる自分のこころに聞くことを知った。

創作であるが、サンタクロースがうまれたわけを、彼なりにこの物語のうちに語る。



作者は、フィンランドの脚本家・参加の人だそうで、この作品はフィンランドで映画にもなったそうだ。



離島に住む一家は、満ち足りた幸せに包まれていた。

小さなニコラスは、幼い妹アーダの世話をよく見てくれる。

ニコラスは、まだおぼつかない手つきで、妹にクリスマスの贈り物を彫っている。

けれど、今、ニコラスの上に運命がつきつけられようとしていた…。



展開は、さいごまでどうなるのかわかりませんでした。

アイデアはいいと思う。

最初は、緊迫した事柄に、ひかれたけど、あとのほうはやや冗長かなあ…?

節目になる事柄が起きた後、時がとぶようにすぎていく流れの中、ニコラスの<老い>や孤独をもう少し、深く感じたかった。



親友エーメリとの確執の元になった、「秘密」にこだわっている気持ち、クリスマスに全力を注ぐ思いは、
エーメリには、異常なほどに思え、過去から目をそらしている、と映った。

ニコラスの心の奥には、あの運命の、クリスマスの日しかないんだという思いは、
ニコラスの言葉に、はっと思わされた。

でも、だからこそ、そのあたりが、もうちょっとわかりやすかったらよかったんだけど…。



佐竹さんの絵、凍りかけた海をゆく船上の幼いニコラスの絵と、

年老いたニコラスが雪をかきわけてのぼっていく絵が印象に残りました。この絵、表紙と対になっていますね。


「ドーム郡ものがたり」(ドーム郡シリーズ1)
芝田勝茂 作/佐竹美保 絵/
小峰書店



この本は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」に凝ってた時、知りました。

その時か、その後だったか、復刊されたことを知り、
そのうちに図書館にもあるなあと思ってて、やっと読んでみました。
まだ1巻目ですけれど…。

ドーム郡
不思議な名前の土地だなと、思います。

読みはじめて思ったのは、自分の勝手な想像ですが、
この作者のかた、「指輪物語」が好きなのじゃないか、
影響を受けているのではないか、ということです。

それは、この本が、ある本を訳した、という体裁になっていることで、
注も、「訳注」という体裁で書かれていたりすること。
また、内容も一人の少女がある試練のために旅をする内容であること。

その世界観は、読んでてまだちょっと準世界の創造としては、深さが足りないかな…という気がしました。
(まだ1巻ですけれどね。)

光るところがあると思う。
山賊に自分がうそつきではないかと、思わされるくだり。
うそをついた少女に、「先生」として守るためにしたこと。

でも、この本の流れの中、いろんなことが
少女クミルの台詞や、心の思いでどんどん説明されてしまっているところが惜しい気がする。

最大の試練も、気づいたらもう、その夜のうちに果たさねばなりませんでした。
でも、「かかし」とはいったい誰…? その秘密が気になります。
そこが、おっ…?と思わされ、次の巻も読みたいと思います。

余談ですが、オッテさんはクミルのこと、好きなんじゃないんでしょうか?

佐竹さんの絵で、クミルが踊っているところが好きです。

↑このページのトップヘ