ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

吉田新一

「絵本/物語るイラストレーション」
吉田新一 著
日本エディタースクール出版部



吉田新一さんが、いままで絵本・イラストレーションのことを書いたものを集めた本です。

クラシック絵本の項では、ビリービンのことは出てなかったように思ったけど、(参照:ビリービンの「うるわしのワシリーサ」感想
後の方の項目では、名前、出ていました!
ル・カインの項目で、彼が親近感をもっていた画家たちの中にも名前が見えました。

物語るイラストレーション、というタイトルは?

コールデコットが取り入れたという、
「絵で物語を巧みに説明する方法」(p.16)

の解説が面白かった。
ビアトリクス・ポターも、その系譜を受け継いでいる。

マザー・グースの絵本では、
『バイ・ベイビー・バンティング』コールデコットが元の唄にない絵を付け加えている場面で、
「センダックは、子どもが自分の着ているオーバーが元は生きていたことを知ってショックを受けている場面と解していますが、ショックを受けているのはむしろウサギのほうかもしれません、」(p.136-137)

と書いておられて、また他の解釈もあると書いておられる。

コールデコットのこの絵本は読んでいないんですけど、
この場面は確か、瀬田貞二さんの『幼い子の文学』だったかで見ていて、
私は、センダックのようには感じなかった。
瀬田さんの文章を読みながらだったからかもしれないけど、もっと微笑ましいような、おかしいような。
ウサギがこんにちは、と言っている様子には、
残酷やショックというより、ギャップ。オチのような面白さと思っていた。

でも、センダックはすごいんだなあと、吉田さんの解説から思いました。
『わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス』の絵本は、
二つの童謡を融合させているんですって。
それを絵で表現している。
 
 
ポップアップや、フリップを開く、しかけ絵本についての項もあります。
今はやりのサブダとかは出てなかったけど、
いろんな仕掛け絵本がある。

 
アリスの挿絵についての項も、面白かった。
1999年発行なので、今出ていたら、アリスブームでもっとこの項目、興味ひいたかもしれないですね。

「物語や絵本のお菓子 ティータイムレシピ」
北野佐久子
集英社



プーさん、ハリー・ポッター、ナルニア国、ムーミン、…。
物語にでてくるお菓子の本。

この本を見つけたときは嬉しかった。
だって、『ホビットの冒険』が取り上げられているんです{/!!/}
表紙が、お菓子と、何冊もの本が置かれある写真なんですけど、
そこに『ホビットの冒険』が{/!!/}

あっ{/!?/}と思って開きました。
レシピは、「チーズマフィン」「アップルクランブル・タルト」

各物語のレシピページには、それぞれの物語から引用されている文が載っているので
そこを読んでみると、『ホビットの冒険』の場合は、
「イチゴジャムとリンゴのパイを。」とビフール。
「ほしブドウいりのパイとチーズを。」とボフール。(p.55)

とあるので、そこからとったレシピでしょうか?

(『ホビットの冒険』の本は、J.R.R.トールキン作 瀬田貞二訳 岩波書店)


また、児童文学ではないけれど、
アガサ・クリスティー「バートラム・ホテルにて」
本は読んだことないけれど、ドラマでミス・マープルシリーズ見たので、嬉しかった。

著者の北野佐久子さんは物語に詳しいのです。
ハーブの勉強で留学したイギリスで、ナルニア国物語にでてくる
「ターキッシュ・ディライト」を、ハロッズで見つけたときの感動が、
前書きの「はじめに」のところに書かれていますよ{/ピカピカ/}

そして、「おわりに」で言葉を寄せているのは、吉田新一さん{/!/}
(『イギリス児童文学論』がとても興味深い本です。(参考:HPの『イギリス児童文学論』記述))

北野さんの卒論が、「児童文学と食べ物」というテーマで、
吉田新一さんの指導だったそうです。
うらやましい{/ピカピカ/}

吉田さんは、北野さんがお菓子づくりの今田美奈子さんの教室で学んでおられたと書いています。
(それもすごい…。)
お菓子作りの才も、児童文学への興味もあった北野さん。
卒業後、イギリスへ行かれて、さらに食やハーブを研究されたわけですね。

そして、この本では、卒論のテーマが、ここに引き継がれて素敵な本になったのですね。

お菓子づくりのレシピの部分は、あまり目を通してないのですけれど{/大汗/}
この物語にはこんなお菓子が、と楽しく読み、写真もきれいで、
まだ読んでいない本は、読んでみたくなりました。





「おもいでのクリスマスツリー」
グロリア・ヒューストン 文/バーバラ・クーニー 絵/
よしだしんいち 訳/
ほるぷ出版



バーバラ・クーニーの、クリスマスの絵本。
もうひとつみつけたのですが、まずはこれを。

吉田新一さんが訳で、後ろの解説をしているのも嬉しかった。

クーニーの絵は素晴らしいです。
自然、木のはえた岩、そしてドレス。

しかし、あとで吉田新一さんがこの絵本の背景や、精神を解説しているのを読んで、
感動もし、この絵本の精神をあらためて知ったのですけれど、
読んでいて、無粋な読み方かもしれませんが、ハラがたってしまうところがありました。

それは、なんで、先生は、大きなそでのドレスが必要だということを、もっとはやく伝えないんだ、と。
お母さんも、ツリーのこと、もうちょっとはやく用意できるのに…?
お父さんが帰ってくると、信じているとしても…。

夜遅くから出発して、あれだけのことができるわけない…。
「だいたんな男しかのぼっていかない」
ところなのに、お母さんとルーシーだけで。
帰ってきてからも、まだ、あれだけのことをしている。
心配してくれた牧師さんをからかうなんて…。

 
と、いうのは、現実的すぎるでしょうね…。

というのは、きっと、読む側の自分に、
いろいろな雑事をこなすことができてないから、そう思ってしまうんでしょうね。
 

それはともかく、
アパラチアの伝統的クリスマスを描いたこの絵本、一見です。

吉田さんのあとがきから、この言葉を引用して、贈りたいと思います。
「この物語は公共のツリーとそれを立てる名誉に対する誇りと責任を描いたもの」

ちょっと背筋がのびる気がします。

↑このページのトップヘ