7月24日、今日はテレビのデジタル化の日でしたね。
なんとか、地デジ環境、間に合っててよかったです。

「さよならアナログTV」という特番も、録ってしまった。。
(そして見るのは伸ばしてしまうのだろうか)
11時59分になったら、アナウンサーの人がでてきて、デジタル化移行の挨拶をしていました。
記念に、これも録っておきました^^;

番組表は、録画に便利。
そんなこんなで、HDの空きが気になる、みては消すのにあせるというジレンマ。
見るのがめんどくさいなら、録らなきゃいいのに、つい欲張る。

そして、録りたい北欧スペシャルが近づいてきて、
ブルーレイディスクにおとすことに挑戦することにした。
DVDにしようかと思ったけど、ダビングにそのまんまの時間かかったりするらしいし…。
BD-RとBD-RE、どちらにしよう。
繰り返し使えるというBD-REにしてみた。

やってみたら、できた☆彡

「10」という数字が「9」に減っている。
「ダビング10」とはこれのことだな。あと9回はダビングできるのだろうけど、
ダビングしたものは、HDから消して、空き容量をつくりました。
ディスクだって壊れる可能性はあるけど、そのときは仕方ないか。あんまりHDにためておけない。

チャプターの編集で、CMの部分を消すこともできた(ダビングするまえにやっておく)
こういうこともできるんだ。
(だけどこのチャプターはCMだからと推測して、いちいち全部その中身を見てないから、ほしい部分がないとはいえないけど。
そこまで見てられない)

北欧スペシャルまでに、なんとか空きをつくれてよかったです。
そして、録りためて、また見なかったりするんだろうなあ……(^_^;)

NHKで紹介されている、番組のほかにも、間にちょこちょこ北欧関係あるみたいです。
世界遺産のミニ番組とか、空中散歩とか。

またHDがたいへんなことになってしまいそう…?



 
それと、地デジ化で、ラジオでテレビが聞けた、っていうのはなくなってしまうんですよね?
めったに聞くことはなかったけど、意外と便利な機能のようでしたのに…。