ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

寺島龍一

「じどうしゃ」
寺島龍一 画
福音館書店





ちらと見たとき、渡辺茂男さんの「しょうぼうじどうしゃじぶた」かな、と思ったけど、違った。

そうしたら、寺島龍一さんの絵本だった!
(寺島さんは、「ホビットの冒険」の挿絵の人です!!)

寺島さんの本の挿絵は見たりしているけど、
へー、寺島さんのでこういう絵本もあるんだ。

 
自動車の並び方が面白い。

表紙の絵の青い、これなんていうの、土を運ぶトラックみたいなの。
絵本をひらくと、前に小さな乗用車が現れ。
またその前に…と、時々並びは変わるけど、いろんな自動車が前に現れる。

自動車に優劣はないけれど、
どっちかというと、タンカーとか、パトカー、消防車と、重要な車が前に現れるのかな…と思っていると、
さいごに現れるのが、バスで、小さな子がパトカーを見ている。

パトのおまわりさんも、幼児には負けるのかなー
とかいろいろ思える。

そんなしゃれがあるのかないのか、わからないけど。

 
裏表紙、みたら、ショベルカーだった。

このあいだね、「らいじんぐ産」という番組でショベルカーの歴史を見たです。
ショベルカーといえば、バージニア・リー・バートンの「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」でしょう。
だから、この番組でスチーム・ショベルについてあるかなと思って。
スチーム・ショベルについては、残念ながらなかったです。
どうやら、日本での産業史の番組で、日本でのことだけみたいでした。

日本で、ショベルカーは最初、綱で操る?タイプのもので、次にフランス製?の油圧式のショベルカーが入ってきたけど、
動きがなめらかでない。
それで、日本の人がいろいろショベルカーを便利に、また小さくと、発展させてきた歴史があるということでした。
今では、日本のショベルカーは、世界中で評価されています。

スチーム式のショベルカーは、古いタイプなんでしょうねー。
けど、ショベルカーについて、少し知れてよかったです。

「熱中スタジアム」の番組で、「はたらくクルマ」熱中、というのがあるようだから、見てみようかな。

「雑誌「月刊MOE」2010年5月号」
白泉社



特集は、「GO!GO!ミッフィー」ということで、
ミッフィー誕生55周年記念です。

そういえば50周年の時、読んだな。
(参考:HPの『月刊MOE 2005年6月号』の感想
あれから5年もたったのか…。

ミッフィーは、他でも目にすることが多いし(フジパンの景品などでも…)
(関連記事:「迷宮美術館 絵本の中の人気者」
まあいいのですが、
「アリス・イン・ワンダーランド」のミニ特集があることに気づいて、
読みたくなりました。
そういえば、アリスのこと巻頭特集でもいいのにね? 何で大特集じゃないのだろう。
ディズニーで、あんまり出せないとかあるのかな?
そんなことないか。ナルニア国物語の時は大特集あったもの。

ともかく、小さくても読めて満足です。
映画のことももちろんですが、
アリスの本のことも出ていました。
いろんな訳の本の紹介。
生野幸吉さん訳のものもあるんだ{/!!/} 福音館書店のもの。
しかも絵はテニエル{/!!/}

私は、絵はテニエルだけど、岩波書店のを読みました
脇明子さんの訳のものだけど、これは、記事中に紹介なかったなあ…。

翻訳だけでなくて、アリスの関連本の紹介もあって、興味がわきました。


 
また、酒井駒子さんの『クロニクル 千古の闇』シリーズの表紙の絵が載っていたのですが、
そこに書いてあった情報を見て、あっ!と思いました。

「長編ファンタジーの表紙絵展」と題し、
『クロニクル 千古の闇』と、『指輪物語』寺島龍一さんの表紙絵の展示が、
「絵本美術館 森のおうち」というところであるそうです{/!!/}



「アフリカの鼓動 絵本原画展」(5月21日から7月13日まで)の同時展示ということなので、
メインではないようですけれど、寺島さんの原画が見れるなんて、行ける人はなんていいのでしょう{/ピカピカ/}


 
「美味なる物語をめしあがれ」のコーナーの感想は、ひとつ下の記事内に記述しました。

↑このページのトップヘ