「絵本 マボロシの鳥」

藤城清治 影絵/太田光 原作・文
講談社





太田さんの、本、「マボロシの鳥」が、藤城さんの影絵の絵本になりました。

というか原作は読んでいない。

これは、絵本用に文章は短くなっているそうです。

でも、読み始めて、もともとの原作は知らなかったけれど、
文章がとても多いので、驚き、読みにくかったので、少しいやになっていました。
(この絵本は、絵本向けに少しは文章が削られたり、変えたりはされているらしいのですが)

結局最後まで読んだら、話はとてもよく、感動しましたが、
最初は、太田さんのことは「爆問学問」の番組くらいしか知らないけど、
太田さん独特の語り口というのか、
間に説明や突っ込み、茶々を入れながら語る文章がなじめなかった。
絵本というのは、文章が簡潔でないと。。と。

 

うーむ、でも最後はよかった。
最後の絵、だいすき!
最後の絵のチカブーの左肩から腕の辺りとか、すっごくすき{/ピカピカ/}

藤城さんの絵は、絵、じゃなくて影絵なんだ、と改めて知らされる。

あとがき、というか、太田さんのさいごのしめくくりのことば、良かったですー。
闇と影は違うんですって。なるほど。

影は光のあるところにしか出来ない、と。
手で作った鳥の影のことが書いてありました。

藤城さんの最後の絵が、まさにそうだと思いました。
舞台に立っている三人、それを迎える、無数の手。拍手や喝采でしょうか。
その手が、いつのまにか、鳥の形になっていると思いました。
マボロシの鳥のように。

藤城さんのこの本のことの番組を録画してあるので、見てみたいと思います。


雑誌MOEの9月号(コクリコ坂特集)の号で、
絵本 マボロシの鳥のことのコーナーありました。

藤城さんは、なるべく原文のままがいい、とおっしゃったように、書かれていたと記憶しています。