ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

松岡享子

「ビーザスといたずらラモーナ」
ベバリイ・クリアリー 作/松岡享子 訳/
ルイス・ダーリング 絵/
学習研究社



なつかしい。
『ラモーナとお父さん』『ラモーナとお母さん』など、あたらしいものは
読んだけど、
この作品の改訂版が新しくでてたので、読んでみました。

ビーザスの妹、ラモーナのいたずらや、きかんぼのところは
並大抵じゃありません。

きょうだいの中の複雑な気持ちや、小さいきょうだいとの確執。
おもしろおかしく読みながら、わかる、わかるとうなずける、
現実の世界に沿ったお話は、人間の素直な心の気持ちを表しています。

絵画教室の、青い空に緑の馬の絵
おもいだしました。
色合いがあまり良くないとビーザス自身が思ったことや、
先生にあまり認められなかったことだけ覚えていたけれど、
ビーザス、さいごは、やったね♪

ラモーナが読んでとせがむ、スチームシャベルの絵本、「ちっちゃなスチームシャベル」
スチームシャベルというと思い出すのは、
バージニア・リー・バートンの『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』
「スチームシャベルに目なんかついているはずがないじゃない」(p.13)

と思うビーザス。
関係ないかもしれないけれど、ダーリングの挿絵の、涙をこぼしているスチームシャベルを見ながら、
なんか、あのバートンの絵本と関係あるのかしら…?
と、思っていました。
クリアリーは、バートンの絵本になにか言いたいことでもあるのだろうか?

というのは、ただの想像ですけれどね。

面白さに、読みすすめていました。
面白いだけじゃなく、こころに響く、作品です。


「子どもの生活・こどもの本 1979年国際児童年シンポジウム」
羽仁説子・田沼武能・松岡享子・竹内悊
日本図書館協会



国際児童年を記念して行われたシンポジウムの記録みたいです。

お話の言葉をそのままではないかもしれないけど、収録した形になっているので、
話しことばで、読みやすい部分もありました。

この中で名前存じ上げてるのは、松岡享子さんくらい…。
松岡さんの講演、読んでいると、
この時代でももうだいぶ前ですが、この時点でも、
子どもが文庫に来て本を読んで聞かせるときの、話への入り込む力が昔より弱くなっている、と。

そして、そのことに関して、「くりかえし」のお話として、
「三匹の子ブタ」などの本が挙がっていました。
松岡さんが挙げていらっしゃったものとは訳が違うと思いますが、
このあいだ、『三びきのこぶた』は読んだばかりだったので、そのあたりが興味ぶかかった。


うしろに、資料があって、中に子どもの本専門店のリストなどあって、
見ていたら楽しいです。わー、今でもこの書店あるのかな。

↑このページのトップヘ