ゆきて帰りし道で

映画と、児童文学と、絵本 etc.

他ブログから引っ越してきました。 まだ体裁やリンクが不完全です。内部リンク切れしています。

航海

9月9日の「地球ドラマチック」
「よみがえれ!カティーサーク ~引退、炎上、そして再生~」
というのでした。

「カティーサーク」っていう名前の紅茶飴が、昔あったんですよね。

話がそれましたが、カティーサークは帆船の名ということを知るようになり、
ティークリッパーという、紅茶を運ぶ快速船ということも知るようになりました。

こんな番組があったので、見てみました。

カティーサークの現物って、未だにあったんだ{/!!/}

そうか、140年前のものなのですね。

カティーサークは確かに速かったけれど、
他の船に負けたこともあったし、いつも一番っていうこともなかったみたい。。
でも、他の帆船と速さを争っているときに、波で舵かなにかがもぎとられたりして、負けてしまったけど、
それがかえってカティーサークの名声を高めた、とか言っていた。
蒸気船を追い抜かしたりもした。

カティーサークとは、ロバート・バーンズの詩に出てくる、魔女の衣服のことだそうで、
馬のしっぽをつかんでいる魔女の姿が、船首像になっているそうだ。

スエズ運河ができたところだったので、帆船のティークリッパーの時代は終わるところだった。
蒸気船の時代。
カティーサークもティークリッパーとしての使命を終え、
羊毛を運ぶクリッパーとして活躍したりもしたが、
ポルトガルに売られて一時名前を変えられたりした。

いつも名声ではなかったんですね。

やがて引退してグリニッジのドッグで保管されて観光客が見られるようになっていたらしいけど、
また老朽化が問題になり、修復されることになったのでした。

なのに、火事が起こるというトラブルが{/衝撃/}
運よく、多くの部分は剥がされて別のところで保管されていたから、また補修作業にかかれました。

できあがると、船が持ち上げられて展示され、下の部分から見られるみたいになる(?)ということでした。
あんな重いものを持ち上げるなんて…すごいですね~。



「ウズ・ルジアダス(ルシタニアの人びと)」
ルイス・デ・カモンイス/
小林英夫/池上岺夫/岡村多希子 訳
岩波書店




 「アンデルセン童話全集」のどの巻かを読んでいるとき、「ウズ・ルジアダス」のことをはじめて知りました。
(参考:HPの「アンデルセン童話全集」のデータ

ヴァスコ・ダ・ガマのことを書いた、叙事詩らしいということだった。
アンデルセンがとても褒めていたか、感銘を受けたか、何かそういう事が書いてあったように思う。
いつか読みたいと心にとめていました。

 瀬田貞二さんの『航路をひらいた人びと』や、
山室静さんの『バイキング王物語』(参考:HPの『バイキング王物語』の感想
などで、航海の本を読んだり、
テレビでクック船長のエンデバー号を再現した航海の番組を見たりして、航海のことを読んだり見たりしてきた。

(他にも、「ピーター・パンとウェンディ」とか映画「ヴァイキング」とか、船に関係あるといえばそうですね。)

 そしてこのところ、帆船の映画
「戦艦バウンティ号の叛乱」「マスター・アンド・コマンダー」
を見たりしていたし、そろそろ読みたいなと。

「世界ふしぎ発見」マカオが特集されたとき、
「カモンエス広場」と言っていた。
今だな、と思い切って読みました。


「ここに地終わり(地果て)、海始まる」

という言葉をごぞんじですか?
わたしは知りませんでした。
ポルトガルのロカ岬という、ユーラシア大陸最西端の岬にその石碑があり、有名なんですって。
「ウズ・ルジアダス」の中の一節です。

ウズ・ルジアダスのことを調べているうちに、
「山梨県立図書館」のレファレンスのページ
http://www.lib.pref.yamanashi.jp/cgi-bin/refjirei/refs.cgi?c=common&n=8
をみつけたりして、ロカ岬や石碑のことをしりました。
ロカ岬と、この言葉は、けっこう有名みたいですね。

また、他に、高倉健さんが、著作でロカ岬のことを書いているとか…?
今回、「ウズ・ルジアダス」をやっと読み、感想を書くにあたって、「ウズ・ルジアダス」について調べていたら、
朝日新聞の「天声人語」欄にそのことが書いてあるらしいことがわかった。
そういえば、この天声人語、切り取っていたはず…。{/ひらめき/}
探してみたら、ありました! 日付をメモってないけれど、2006年末あたりだろうか。
ロカ岬で書いて出さなかった手紙のことを、『あなたに褒められたくて』という著作で書いていらっしゃるそうだ。
高倉さんが文化功労者に選ばれたときの、天声人語のようですね。


 本を読んだ後で、えっと、…この有名な言葉、でてきたっけ?と調べてみたら、
第3歌20章にあるそうで、見てみた。
あった、あった。


「見よ,ここにヨーロッパぜんたいのいわば
 いただきにルシタニア王国がある.
 ここで大地はおわり,海がはじまる.
 そしてポイボスが大洋にいこうのだ.」(p.93)


んー、文語調の「ここに地果て~」とは雰囲気が違いますが、
確かにありました。
ポイボスというのは、注(第1歌4章7)によると、
アポロのことだそうで、つまり太陽のことだそうです。

 こんなふうに、ギリシャ・ローマ神話のことがたくさんでてきます。

ギリシャの神々の、バッカスが、ガマたちの航海をじゃましようとして、ヴェヌスがガマたちの航海を助ける。
(しかし、ガマはそれを知らない。)
それが表面上の筋としては大筋になっている。

 そう、最初、ウズ・ルジアダスが叙事詩ときいたとき、ガマが主役と知ったときは、
ガマがとても英雄視されているのだろうと思っていました。
でも読んでみると、全然ちがった。

例えば、もうだいぶ忘れたけれど
「エル・シードの歌」や(参考:HPの『エル・シードの歌』の感想)
「ローランの歌」(参考:HPの『ローランの歌』の感想)
なんかだと、主人公は、もうとても英雄の誉れで輝いていたと思うのですが、
こちらのガマは、印象が薄い感じ。
ガマの物語というよりも、ポルトガル(ルシタニア)の偉大さを歌っているみたいに感じた。

解説のページを、興味深く読みました。

 ポルトガルの歴史や英雄は知らないので、人の名前はむずかしく、注を読むのは大変だった。
自国の歴史や英雄、また他の国の歴史や英雄も出てきて、歴史の知識の下地がいるなと思った。
エル・シードのロドリゴ・ルイ・ディアス・デ・ビバール(第4歌8章3)や、
テルモピュレの英雄「スパルタ王レオニダス」(第10歌21章4)について記述が出てきた時は、嬉しかった。
(参考:テルモピュレ:参考記事


 
 あと、関係ないですけど、
朝日新聞のマンガの「ののちゃん」
キクチ食堂に、吉川ロカという人がアルバイトに入りました。
定休日にライブをしたいということだったと思います。
この間、6月29日(月)の朝刊の「ののちゃん 4341回」
ロカさんは定休日ライブをしており、ポルトガル語?で歌っています。
お客は、
「ポルトガル語とかわからんが 雰囲気あったねぇ」
「キクチ食堂がリスボンの酒場にみえてきたよ。」

と言っていますが、作者のいしいひさいちさんは、
ポルトガルやロカ岬に興味があるのでしょうか?


(追記)
ちょうど今、朝日新聞にマカオ観光局提供の、連載「マカオ 南蛮渡来の世界遺産」が載っています。
つい先日、8月4日の第9回分に、「ウズ・ルジアダス」「カモンエス(カモンイス)」のことが載っていました!
タイミングがぴったりで嬉しかったです。


(追記)
(参考記事:「宝塚「コインブラ物語」と「ウズ・ルジアダス」

↑このページのトップヘ